手児奈霊堂から里見公園

手児奈霊堂〜真間山〜じゅん菜池〜里見公園
2021年4月18日(月)25日(月)晴
 手児奈霊堂に八重の藤が咲いているのですがまだ見られるかどうか行ってみることにしました。
 八重の藤はずいぶん散っていましたがまだ綺麗な姿を留めておりました。
 この処時間があるとじゅん菜池や里見公園などに行くことが多々あります。
 少し歩こうと思って花やカワセミを見たりしています。
 25日は子供と一緒に行ってみましたが公園のバラは咲き始めたばかりでこれからが楽しみです。
 今日(27日)は市川から家まで1時間くらい歩いて帰ってきましたが、途中色々な花が咲いているので
 あっちで撮影、こっちで撮影したりしてのんびり歩いて帰りました。
 この処よく行っているので写真がたまってしましました。
             ジュンサイ池緑地
カワセミ(雄)
カワセミ(雌)
カワセミ つがい 子供が撮影しました
ベニバナマンサク
             里見公園へ
ヒメオドリコソウ
             ジュンサイ池緑地
ホトケノザ
綺麗な色の梅
木から直接咲いているように見えます
シロバナヒメオドリコソウ 一株だけ白いのを見つけました
カワセミ
カワセミ
カワセミが見られる時間帯があってその時間になると大きなカメラを持った人たちが集まります。
雄が雌に餌をあげてることろが撮れたよと画像を見せてくれます。
でもここのカワセミの雌は自分で魚を捕るそうです。
あっちへ飛んだといえば大きなカメラを持って走ります。今度はこっちだといえば走ります。
珍しく若い女性がいました。最近はまちゃってとデジカメを持ってきてました。
デジカメはその女性と私くらいのものです。
年配の人が多いですが鳥を撮るカメラを持ってます。
カワセミ雌
カワセミ雌
ウラシマソウ(浦島草)サトイモ科の宿根性の多年草
リキュウバイ(利休梅)バラ科 清楚な雰囲気の花は茶花として使われる
ハナモモ
ジュンサイ池
ジュンサイ池
カワセミ雌
カワセミ雌
             市川真間周辺へ
カイドウ
ツリバナ(吊花)ニシキギ科の落葉低木
花は直径1センチにも満たず、目立たない
ベニバナトキワマンサク
ツリガネカズラ(釣鐘葛)ノウゼンカズラ科の蔓性低木
ツリガネスイセン(釣鐘水仙)ヒヤシンス科 球根草
手児奈堂にある八重黒龍 マメ科のつる性の落葉高木
手児奈堂にある八重の藤
ずいぶん沢山散っています
サボテン
カナメモチ バラ科の常緑小高木
和名の由来は、扇の要に使いモチノキ(黐)に似るためとされる
新緑が美しいです
ベニバナトキワマンサク
つつじ
菖蒲?
菖蒲?
ジュンサイ池の白と藤色の2種類の藤藤
タンポポ
新緑が美しいです
新緑と池
             里見公園へ
里見公園の入り口を入ると藤棚があります 普通の藤と違って花が少し小さいです
里見公園入り口付近
里見公園内 噴水の周りは色々なバラが植えられて見事です ベンチも置かれているのでゆっくり鑑賞できます
入り口付近にツツジが綺麗に咲いています
バラの花が咲き始めました
真っ白い花 アルバ メイディランド
噴水
花壇
里見公園内
             里見公園から自宅への道
レモンの華が咲いていました 蕾が沢山ついています
ヒメシャリンバイ
スズラン 可愛いですね
オダマキ 我が家に咲いています 今年初めて咲きました
オカタツナミ 紫の花は今年初めて咲きました
オカタツナミ ご近所さんにいただいて毎年増えています
真っ白いスミレ
バイカウツギ(梅花空木)
バイカウツギ(梅花空木)ユキノシタ科/バイカウツギ属
  和名の由来はウメに似た花を咲かせることから
  原産地は日本の南部で別名をサツマウツギ(薩摩空木)という
 ある日あるお宅の垣根のそばに白い花が咲いているので家人の方がおられたので
 「綺麗に咲いている白い花はなんですか?」と聞くとわからないみたいです
 10年くらいたって今年初めて咲きましたとのこと
 「声を掛けて頂いて嬉しいです」と言って下さいました。
 家へ帰って調べたら【バイカウツギ】でした
クゲヌマラン(鵠沼蘭)ギンランの変種で
鵠沼で発見されたそうです
今年は増えていて足の置き場に気を付けないといけません
黄色いのもあるのですが今年は見当たりません
ホウノキの花 カメラを持ってなかったので
携帯で撮りましたので小さい画像です
この木に咲くのは今年初めて咲いたのを見ました
 今日も色々な花に出会う事が出来ました。
 桜の花はもうすぐ終わりを迎えるでしょうけれどほかの花に出会う事が出来るでしょう。
 私も山に行ってみる花が楽しみです。
 


ホームへ   ハイキングのページへ  ウォーキングのページへ