藪小路 梅久保山(花咲山)(761m) 2003年11月23日 晴れ

中央線 大月駅から歩ける山

                  3連休の一日Muさんメンバーが藪歩きをするというのでお願いして連れて
                  行って頂くことになった。そのメンバーは時々藪の中に入ったりしてあまり
                  知られていないルートを探して山に登ることがあるらしい。
                  Muさんとは立山で初めてご一緒して(貴女なら何処でも大丈夫よ)と言って
                  下さって声を掛けてくださるようになった仲である。
                  とてもありがたいことだと思っている。
                  藪をやるとだけ聞いていたのでどこに行くかもわからずついて歩くことになった。

「コース」   高尾駅大月行き(8:20発)→大月下車→サス平→梅久保山→幕岩→真木→大月駅
「Member」 リーダーのOさん Saさん Naさん Waさん Muさん 私(6名)


9:00 大月駅

市川6:33発→御茶ノ水6:58発→高尾駅8:20発→大月駅
電車の中で合流して初参加の私は自己紹介
紅葉が見頃を迎えており大月駅の後ろに控えている
岩殿山はとても綺麗だった。
大月駅に着くと花火が打ち上げられ「我々を歓迎して
くれているのかしら?」と冗談を言い合う。
三つ峠が少しだけ見えている。
大月駅を出て右に進路をとりさらに進むと
二股に分かれるので左に曲がり道なりに進む。
高速道路の下をくぐる。
9:16
この橋を渡り高速道路の下をくぐる。
9:23
細い登山道入口のような道があるので
そこを登っていくと林道にぶつかる。
少し進んだ所が登山道入口である。
9:29
 ここが登り口である。
 結構急勾配なので滑ら
 ないように注意する
 岩殿山やそのほかの
 山々が紅葉してとても綺麗だ。


白く雪を頂いた富士山が少しだけ見えている。
中央に見えるのだが富士山が小さくてこの写真では
よく見えないのが残念だ。
10:03

落ち葉の積もった細い
登山道を登っていくが
急勾配の道である。
アップダウンを繰り返す
← つつじの花が咲いている。
今時分狂い咲きなのだろうか? 

オケラ→ キク科オケラ属
秋に咲く花がもう終りを告げていて
茶色い色をしているが葉の出方が
素晴らしい。
古名をウケラといい、万葉集に
詠まれている。
花の色は白または淡紅色
根茎は漢方で胃腸薬
若葉は食用になる。
 
10:26

岩場も出てきた
ダンコウバイの葉が
黄色く紅葉している
  リョウビの木
  模様が美しい
  所々の木に花柄模様の
  切れ端が目印についている
    11:10 頂上761m

      急勾配のアップダウンを何度も繰り返しながら、
      梅久保山頂上(花咲山とも言う)に到着した。
      雑木林に囲まれて展望は良くないが、紅葉は
      今が盛りととても綺麗だ。
      ここで昼食とする。
      リーダー持参のワインで乾杯!皆が持ってきた
      食べ物を頂きながら楽しいひと時が過ぎていく。
      1時間ほど昼食時間をとり下山することにする。
      またまたアップダウンの繰り返しだ。
      見晴らしの良い所へ来た時リーダーが何か見つけたようだ
  
  ツメレンゲ
       岩の上に沢山群生している
       ほんの1cm位から2,3cm位まで
       初めて見る花で蕾は赤っぽい
       花が咲くと白っぽい色をしている
  ツメレンゲの群生
    岩に群生している
    山の花の本で調べたが、
    手持ちの本には出ていない。
    ご存知の方教えてください
                       今は花も咲き終わり枯れた花びらをつけている。
                       茶色に変色していたり、綿毛のようになっていたり
                       それぞれに風情がある。そして、このメンバーの方々は
                       枯れた花にも目を留め、花の名前を教えてくださる。
                       ツアーの山行きはこうしてジックリ花を眺めることは出来ないので
                       こんな山行きが好きだなあと思うのである。
アンテナ 12:40

枯葉の道をどんどん下ると
アンテナが見えてくる。
行止りになっているので
少し戻り細い登山道に戻る。
登山道入口 12:59

真木という所へ下山
舗装された林道になっている
ここから三つ峠が見えている
途中リンドウが見られなかったね
といいながら下山したが、石垣の
上に咲いていた。
色はあまり綺麗ではないが、最後の
リンドウかもしれない。
この林道を横切り細い道へと下る。
下には町が見えている。
バス停 13:15

歩くと結構時間が掛かるので
バスで大月駅まで行くことにする。
                        大月駅について駅前の喫茶店でお茶を飲んで帰る事になった。
                        山に行ってこんなに早く下山したのは初めてのことである。
                        紅葉の一番素晴らしい時期に素晴らしい人たちと一緒に来られた
                        事は私にとって本当に良かったと思っている。
                        又機会があったら是非ご一緒したいと思っている。

 

ホームへ   ハイキングのページへ