奥多摩・むかしみちを歩く
忘年ハイキング
2019年11月4日(月)晴
 今年の忘年ハイキングは奥多摩の【むかしみち】を歩くことになりました。
 2度ほどむかしみちは歩いた事がありました。
 台風19号で崩壊した場所があると言う事で予定していた道を変更することになりました。
 市川駅に着くと救急車と消防車が3〜4台止まっていました。
 いつもは救急車が止まっているのですが今朝は消防自動車が3〜4台も止まっているので
 事故があったのだろうと思い、改札を通り上に登っていくとロープが張ってあり電車から
 人が続々と降りて車内は誰もいなくなりました。
 人身事故があったと言う事で電車はいつ動くかわからないと言う事でした。
 新宿までどうやって行けばいいですか?と聞くと「東京まで行って東京から中央線で新宿まで」
 と教えてもらいました。急いで快速ホームへ行き止まっていた逗子行に飛び乗りました。
 時間までに着けば良いけど到着できなければ諦めて行けないと連絡しようと覚悟しました。
 ぎりぎりの時間でしたが新宿に着くと【ホリデー快速奥多摩行】が滑り込んできました。
 新宿からホリデー快速奥多摩3号に乗車して奥多摩で下車します。
 市川駅に乗車予定より30分程早めに着いていたので【ホリデー快速】に乗車することが出来ました。
 奥多摩から鴨沢西行バスで【水根】まで行く予定でしたが、台風19号の被害で【中山】に変更に
 なりました。奥多摩駅でメンバーがそろってバスに乗車しました。

   「交  通」  自宅6:00→バス6:25→市川駅6:53発→東京駅7:12着7:18発(快速高尾行)→新宿7:32着
              新宿7:44発(ホリデー快速おくたま3号)→奥多摩9:16着 9:25発バス→奥多摩湖下車
              奥多摩湖→中山10:37着

   「コース」  奥多摩駅(鴨沢西行バス)→奥多摩湖バス停→中山バス停→縁結びの地蔵尊→惣岳の不動尊→耳神様
              弁慶の腕抜き岩→羽黒坂→旅館 あらさわや

   「Menber」Mabeさん、Doiさん、Miwaさん、Nakanoさん、Aidaさん、Wadaさん、Kataさん、Hashiさんと私の9名

9:45 奥多摩湖バス停に到着
9:59 奥多摩湖 台風の影響で水は濁っています
次のバスが来るまで40分ほど時間があります
10:25 さくら
10:25 さくら
10:37 奥多摩湖からバスで3駅先の中山バス停で下車します
10:38 道標 バスを下車して反対側へ渡ると道標があります
10:39 奥多摩中山排水所の前を通ります
10:39 坂を下ります
10:40 坂を下って行きます
10:42 突き当りに道標があります →の方へ進みます
10:42 中山橋
10:42 中山橋を進みます
10:44 紅葉はまだ少し早いようです
10:45 トンネルが見えてきましたので入ります
10:47 トンネルの出口付近はステキです
10:47 ハイキングの道路です
10:49 紅葉
10:50 通行止めのお知らせ
10:51 一部通行止めのお知らせ
10:54 奥多摩むかしみち案内 突き当りの所にあります
10:57 アワコガネギク(泡黄金菊)別読み:キクタニギク(菊谷菊)
10:57 ハイキング道

10:58 観光用公衆トイレ
10:58 むかしみち植樹
11:00 紅葉
11:00 ハイキング道
11:01 アワコガネギク このむかしみちには沢山咲いています
11:03 ハイキング道
11:05 リュウノウギク(竜脳菊)キク科の多年草
11:05 ハイキング道
11:08 ハイキング道
11:13 橋 渡ってみようと言ってたのですが先客がいたので
又橋はあるからと諦めました
11:17 ハイキング道
11:19 こんな所にお店がありました 煙突から煙るが出てます
11:20 メニュー
アルコールはないようです
11:21 むし歯地蔵尊
11:21 むし歯地蔵尊
11:25 牛頭観音様
11:25 牛頭観音様
11:28 馬の水のみ場
11:28 馬の水のみ場
11:33 ハイキング道
11:33 ハイキング道
11:38 縁結びの地蔵尊
11:38 縁結びの地蔵尊
11:41 リュウノウギク(竜脳菊)キク科の多年草
11:41 ハイキング道
>
11:42 しだくら橋 
11:42 しだくら橋 橋を渡ってみましょう
11:43 橋の上から下を見ると水は濁って綺麗ではありません
11:43 2人以上は渡ってはいけないのです
11:46 2人づつ半分くらいまで渡ります
11:46 結構揺れます
11:45 皆渡り終えて橋の所で記念撮影
11:50 惣岳渓谷
11:50 下を見ると台風で汚れたのでしょう 水が濁っています
11:55 惣岳公衆トイレ
このむかし道はあちこちにトイレがあるので
登山客や観光客にとってはとてもありがたいです。
私は未だ利用したことがありません。
11:55 惣岳の不動尊
11:55 観音様 とても優しいお顔をしています
11:55 不動明王
11:58 参拝 皆が行くので参拝に行きます
12:02 紅葉
12:03 ハイキング道
12:11 民家にはキウイがたわわに実っています 
1袋100円とありましたが売り切れでした
12:26 3時から昼食の予約を入れてあるので軽く食べます
先ほどから場所を探していたのですがなかなか適当な場所がありません
12:27 下を見ると紅葉と警告ですが水が濁っているので残念です
12:30 軽く食べて出発します

12:31 いろは楓
12:32 大きな楓の木です
12:33 トンネルが見えてきました 以前もここを通りました
12:33 道標
12:33 白髭トンネルの下の道を通ります
12:35 ハイキング道
12:36 見神様 昔は信仰で病を治そうとしたのですね
12:36 耳神様
12:37 弁慶の腕ぬき岩
12:37 下の方に穴が開いてます
12:39 白髭神社と大岩
12:39 長い石段があります
12:41 ハイキング道 この頃になると人が多くなってきました
12:45 道標
12:45 ハイキング道
12:52 トイレ
12:52 ここは小中沢橋 川があり小さな滝が綺麗です
12:52 こんな道標がありました
12:53 ハイキング道
13:01 長い石段が待ってます
13:02 長い石段を登ります
13:03 長い石段を登りきるとまたまた石段が続きます
13:04 石段を登りきると下ります
13:05 ハイキング道
13:09 ハイキング道 ツアーの人達が大勢歩いてます
13:24 トイレ なかなかきれいなトイレです
13:25 奥多摩町天然記念物 樹木のサイカチ
13:25 サイカチ 大きな木です どんな花が咲くのでしょう
13:27 農作業などに使った運搬用のレールです
13:28 ハイキング道
13:28 道端にありました
13:29 またまた登山道に入っていきます
13:29 ハイキング道
13:32 ハイキング道
13:35 ハイキング道
13:36 昔の線路が残っています
13:36 線路の反対側を見るとトンネルがありました
13:38 ハイキング道
13:40 羽黒三田神社への長い石段 男性は登って行きました
13:40 下りてきた人に聞くとこの3倍は登らなくては
いけないとの事でした
 この石段がいくつも続くそうで山頂まで行けなかったようです。
 登った一人がなかなか戻って来ません。
 大分待ったところで下の道路を見ると戻ってこないと思っていた人がにこにこして
 上を見上げています。登った石段を下りるとばかり思っていたのですが、別のみちが
 あったようです。
13:53 羽黒坂 急な坂道です
13:53 愛宕山
13:55 むかしみち案内板
13:59 旅館あらさわやさんい到着です 
以前忘年山行に泊まった所です
14:03 お風呂 2時にお風呂の予約 3時に食事の予約を
入れてあったようです 2人用 食事の前に入浴 いいお湯でした
15:03 お料理
15:04 お料理
こんにゃく
イワナ 実がふっくらして美味しかったです
ある程度お料理を食べるとやはりお酒になります。
お酒の好きな人が多くて日本酒を飲み比べです。
随分あちこちの日本酒を飲むとどれがどれやらわからなくなります。
お酒は甘口より辛口が良いねと言う事になります。
わか女将さんのおすすめ上手もあって次から次へと飲んでみます。
わか女将さんは美人で気さくな方のようです。
篠峯 純米吟醸 奈良県
明鏡止水 鬼辛純米 長野県 ラベルが面白いです
鶴齢 新潟県
加茂金秀 広島県
大信州 長野県
盃 お酒が変わるたびに取り換えて下さいました
最後にお食事です
 最後に【くどき上手】をわか女将が全員にサービスして下さいました。
 きっと一人くらいはこの荒澤屋さんに通ってくる人がいるのではないかと思います。
くどき上手 山形県
お食事が終って全員で記念写真
わか女将にも入って頂き記念撮影 
ざっくばらんにお話もして下さって楽しい時間を過ごさせていただきました
奥多摩に来た時はまた寄らせていただきたいと思います
出発の前に全員で記念撮影
 昨年はこの【荒澤屋】さんに宿泊したのですが、皆さんも年を重ねるといろいろ事情が出てきて
 今年は日帰りになりました。来年は幹事さんが変わりますのでどんな忘年山行になりますことか

ホームへ   ハイキングのページへ