参道歩き〜ロックガーデン
新緑を求めて!!
2022年5月15日(日)曇り
 この処山歩きはしてなくて近くの公園を散策することが多かったです。
 それでも三つ程公園を歩くと22,200歩ほど歩くことになります。
 今日は予定では三つ峠へ行く予定でしたが天気の都合で延期となりました。
 そこで御岳山へ行こうということになりました。
 御嶽駅9時頃集合と言うことでホリデー快速に乗車して9時4分着に到着の
 電車に乗車しました。

   「交  通」  自宅6:00→バス6:25→市川駅7:02発→新宿(乗換)7:40着7:44発(ホリデー快速おくたま3号)→
              御嶽駅9:04着御嶽駅バス
   「コース」  御嶽山駅〜千本屋さん〜長尾平〜天狗岩〜ロックガーデン〜千本屋さん
   「Menber」Kataさんと私の2名
 ケーブルカーは相変わらず混んでいました。
 下から歩くことにして神社の鳥居をくぐり歩きます。
 子供さん連れの家族やグループだったりカップルだったりと結構 下から登る人が多いです。
 花は咲いてないかと探しながら歩きます。でも登山道はあまり咲いていません。
 
9:34 登山道入り口にある道標
9:35 鳥居をくぐります
バスを降りてケーブルカー乗り場まで急坂を上ります。
結構この坂は急な上り坂でフーフー言います。
ケーブルカーには乗らないで左側にある鳥居のある登山道入り口に向かいます。


9:37 登山道
前には大勢の人が歩いています
9:36 大杉 杉並木が続く第1号
9:37 ホウチャクソウ(宝鐸草)チゴユリ属
寺院建築物の軒先の四隅に吊り下げられた飾り(風鐸と呼称するのが
一般的だが宝鐸とも言う)に、花が垂れ下がって咲く形状が
似ていることから名づけられた
9:43 ろくろっ首
9:55 うまたてば
9:59 ホソバテンナンショウ(細葉天南星)サトイモ科の多年草
この登山道には沢山至る所に大小見られます
9:59 フタリシズカ(二人静)センリョウ科の多年草
開花するのはもう少し先のようです
10:01 登山道 先ほどこの親子さん達が杉の根っこの穴に入り
写真を撮って遊んでいました 子供さんは好きですよね
10:04 コアジサイが小さな蕾を持っていました
10:08 つつじ この辺りは麓より温度が低いのでまだ咲き残っています
10:12 おおまがり という所までやって来ました
詳細は毎回同じですので省いております
10:14 コガクウツギ(小額空木)アジサイ科の落葉低木
この登山道には沢山あります
10:19 この登山道にはこのように木の根元がタコ足のように
なっている木が多いです 子供達はこの中に入るのが好きですね
10:19 天南星が途中でなくなっていて実が表れています
この実がのちに真っ赤になります
10:24 なかみせ
10:28 だんごどう
10:28 団子道の隣にはお堂が立っています
10:36 ホウチャクソウ 先ほどは花が一つでしたが二つ付いています
10:38 じゅうやっくぼ
10:40 だいこくのお
時折ひんやりとした心地よい風が吹いてきます。
温度が麓より低いと言うことを感じます。
10:42 登山道 この様な登山道がずっと続いております
10:44 クサイチゴ(草苺)バラ科の落葉小低木
10:47 あんまがえし
10:48 マルバウツギ(丸葉空木)アジサイ科の落葉低木
   
10:49 マルバウツギ 少し大きくしてみましょう
10:50 やまのかみ
10:53 ニリンソウ ここは温度が麓より低いので咲き残っていました
10:54 くろもん 木が折れていました
10:56 ミヤマキケマン
10:59 分岐 登山口から分岐までゆっくり歩いて1時間24分でした
            ロックガーデンへ
10:59 分岐に立つ道標
10:59 分岐に立つ道標
ビジターセンターへ寄ってみます。
そこで今咲いている花について教えていただきます。
今は【ヒメレンゲ】や【ルイヨウボタン】が咲いていると教えていただき「案内しますよ」と
言って下さったので「お願いします」と案内していただくことにしました。
今迄行ったことのない場所でした。残念ですがルイヨウボタンの花は終わってました。
場所は教えて頂いたので来年もう少し早い時期に来てみたいと思います
11:12 ズミ(酸実)バラ科の落葉樹 大きな木に白い花がびっしりと
咲いているので何の花か聞きました 綺麗ですよね
11:13 エンレイソウ(延齢草)シュロソウ科の多年草
花は終わり種が出来ておりました 白いのはズミの花びらです
11:16 ルイヨウボタン(類葉牡丹)メギ科の多年草
葉の形がボタンの葉に似ているのでこの名がつく
花は終わってました 残念です
11:18 ヒメレンゲ(姫蓮華)ベンケイソウ科 
沢沿いの湿った岩場にはえる多年草 沢山ありました
11:18 ユキノシタ(雪の下)ユキノシタ科の多年草 花芽があります
11:18 ユキノシタ 葉がとても綺麗です 花が咲くととても可愛い
11:20 石楠花 ツツジ科
11:22 クワガタソウ(鍬形草)オオバコ科の多年草 
ここでクワガタソウに会えると思ってなかったのでとても
嬉しいです 花も大きて 美しいです 沢山ありました
扁平な三角状扇形の果実と2個の萼片が、兜とその前にある角状の飾りである鍬形に似るので付いた名
私たちは種を見ることが少ないので花を見てどこがクワガタなのかと疑問を持ちます。
花期は5-6月
ここでこんなに沢山の美しいクワガタソウに出会えてうれしいです。
11:23 クワガタソウ
11:30 セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)キンポウゲ科の一年草
ツバメが飛んでるような形の花からついた名
11:31 神代欅 樹齢推定1千年(平安時代)
11:32 白いオダマキ(苧環)キンポウゲ科 とっても美しいです
この坂が一番急登できつい所ですが今日はクワガタソウなどの花を撮りながら
登ったので楽でした。
11:46 長尾平 通過します
11:50 長尾平に立つ道標 ロックガーデンに進みます
11:56 登山道 分岐 下へ行くとロックガーデンで
ぐるっと一周して上の道に戻ってきます
12:06 道標
12:06 天狗岩
12:08 トチノキ 花は終わっていました
来るときに千本屋さんによって来たのですがその時トチノキの花が咲いているよと
教えていただきました。でも花は終わってしまったのか見られませんでした。
花の真ん中にあるモノだけが残っていました。
12:09 道標
12:13 天狗の鼻
12:15 ツボスミレ(坪菫)ニョイスミレとも言う スミレ科の多年草
12:17 ロックガーデン入り口に到着です
12:20 コガクウツギ
12:21 緑の美しい登山道です
12:23 ハシリドコロ(走野老)ナス科の多年草 全草に毒
12:24 登山道
トンボ 日向ぼっこしているのかな?動かないです 何トンボ?
12:54 沢
12:27 道標
12:30 ヒメレンゲ 沢山咲いています
12:30 登山道
12:31 ラショウモンカズラ シソ科の多年草
名前は能の「羅生門」に由来しており、花の形を京の羅生門で
渡辺綱という武将が切り落とした、鬼女の腕に見立てて付けられた
12:34 登山道
12:35 登山道
12:36 コガクウツギ
12:37 クワガタソウ
12:39 クワガタソウ
12:54 マルバウツギ
トイレのある休憩場所に到着して昼食にすることにしました。
中年の女性が3人ほど座っていましたが相席させていただきました。
女性たちはお話が絶えません。
簡単に食事を終えて歩き始めます。
ロックガーデン入り口12:17でしたので歩いて食事を終えたのが12:55頃です。
37分位でゆっくり時間をかけて登ってきました。
クワガタソウやマルバウツギ・ラショウモンカズラ・ヒメレンゲなど
沢山の写真を撮りながら歩いてきました。
12:55 新緑が美しい
12:55 食事を終えて出発します
12:57 登山道
13:06 新緑
途中【ヤマメ】が入りよと教えてくれてカメラを向けるのですが
なかなかとらえられなくて断念しました。
13:07 新緑

13:13 ラショウモンカズラ
13:14 綾広の滝
13:14 祓戸大神(はらえどのおおかみ)が祭られています
13:15 登山道 綾広の滝を出発します
13:22 小屋 綾広の滝から7分位で小屋が見えます
13:30 ギンリョウソウ この前来た時にギンリョウソウが
あったとおもぃながら歩いていましたらありました
13:33 奥の院便所 小屋から11分程の所にあります
13:46 天狗の腰掛 小屋から24分程です
13:48 道標
13:52 長尾平に到着しました 綾広の滝を出発して37分でした
登山道をゆっくり歩いて千本屋さんに寄ります。
ラーメンを食べようと思っていたのですがビールを1杯飲むと食べられなくなりました。
ここに来るとどの辺にどんな花が咲いていたということを教えてくれます。
5月8日は最大のお祭りがあるようですのでその時は来てみたいと思います。
今日もお祭りがあったようです。
15:09 シロヤマブキ(白山吹)バラ科の落葉低木 花弁が4枚
15:17 サラサドウダン(更紗灯台)ツツジ科の落葉低木
15:19 オダマキ
15:19 オダマキ
15:19 オダマキ
15:19 オダマキ
15:21 ヤマブドウ?
15:27 分岐 朝は右下から登ってきました 帰りは左です
15:32 山つつじが綺麗でした
15:36 登山口に到着です ケーブル乗り場は行列です
15:39 ピンクの藤
15:39 紫の藤
麓の藤はとっくに終わっているのにここの藤は綺麗です。
それだけ温度が低いのでしょう。
ケーブルカーで下ります。
15:44 ケーブルカー 臨時号が出ました
16:28 お座敷列車 ホリデー快速を待っている間に停車してました
16:28 この窓はこんな部屋でした こんな列車に乗って旅したいです
登山道や昔あったものは以前にも記録しましたので今回は割愛しました。
でもクワガタソウやヒメレンゲ・沢山のオダマキなど見ることが出来ました。
御岳山は標高が高い分涼しい温度で気持ちがよく新緑も綺麗でした。

ホームへ   ハイキングのページへ