丸川峠から鶏冠山へ 雨/雪/次の日晴れ 2001・11・10.11

丸川荘の正面に見える富士山

  朝から雨模様である。天気予報では、午後は晴れてくる予定。
柳沢峠についても雨。福ちゃん壮のあたりはみぞれが降って
いるとタクシーの運転手の人の情報である。
柳沢峠にくる途中塩山の山は唐松が大変綺麗に紅葉していた。


        コース   塩山駅〜柳沢峠〜ブナ坂〜六本木峠〜丸川峠〜丸川荘泊まり
              丸川荘〜六本木峠横手峠〜鶏冠山〜見晴台〜六本木〜柳沢峠〜塩山

柳沢峠から雨の身支度をしてブナ坂を行くこととする。
雑木林で、歩くのにも大変気持ちの良い道である。
暫く行くと見晴台に出る。生憎の雨で残念ながら
何処も見えない状態である。
このあたりから霙になってきた。
丸川峠につく頃には雪になっていた。
丸川峠はこの日が初雪との事である。 丸川荘に到着して早速食事に取り掛かる。 この日の丸川荘は私達の他に18人のお客様である。 雪の中、外で食事かなと思っていたが、小屋の中で食事となりホッとする。 寒いだろうと予想はしていたが、雪になるとは思ってもいなかったので、 嬉しいやら寒いやら。

          夜は18人のお客様とのライブ(?)で大変な賑わいである。
          初雪もまもなくやんで夜は満天の星となった。
          都会ではなかなか見ることが出来ない星
          流れ星も時々姿を見ることが出来た。
          明日はきっと良い天気でしょう。
          翌朝は晴天で丸川荘の正面には雪を頂いた
          富士山が素晴らしい姿を見せている。
          そして当たり一面に霜柱がたっている。
 

今日は黒川鶏冠山に行くこととする。

丸川荘出発 9:50発→六本木峠(11:00)→鶏冠山(12:00)→
見晴台(12:20着 12:30発)→六本木峠(1:30)→
柳沢峠→塩山駅

六本木峠から下って来て車道を横切り林道を暫く行くと
横手峠の指導標がある。

   
横手峠の先、紅葉の間から
大菩薩領が昨日の雪で薄っすらと白く見える
これから登る鶏冠山
針葉樹林あり、苔むした石畳あり、
また険しいスリル満点の岩場あり。
写真では険しさが出ないので残念
岩場を乗り越えて進むと木作りの小さな
鶏冠神社が鎮座する鶏冠山頂に到着。
頂上は岩場で狭く足元は
断崖絶壁なので注意を要する
鶏冠山1710mにて記念撮影
鶏冠山に10分余りいて見晴台へと向かう。
見晴台は360度見渡せて素晴らしい景観である。
裾野は唐松の紅葉、大菩薩連領、奥秩父主脈東部の眺めが良い
この景色を見ながら一杯やりたいと言った御仁がいた

再び横手峠へ出て六本木峠に向かい柳沢峠へ下山