小さな春を探して!その2
高尾駅北口→小仏峠→景信山→小仏峠→一丁平→富士見台園地→
6号路→高尾山口→福生(木部一樹個展)→市川 

 2004・3・6 雨のち晴れ

             朝起きると雨が降っているので2時間ほど時間を遅らせて出発することにした。
             先週6号路を歩いてハナネコノメを捜しに行ったが、小さな花なので写真に
             撮るのが難しくもう一度撮りに出かけることにした。
             知人の木部一樹氏の個展が福生である為、今回はいつもと逆コースを取ることにする。
             バスで小仏峠まで行き、小さな花が咲いていないかと探しながら歩くことにする。
             バスを下りて車道を登る所で綺麗なスミレが一輪咲いていた。日当たりが良いので
             姿を見せたのだろう。
             バス停から小仏峠までの間で一番日当たりの良い所でもまだ少し季節が早いのだろう。
             小さなタチツボスミレが幾つか咲いていた。
             小仏峠から25分で景信山頂上に着いた。バスを下りて写真を撮りながら登ってきたが、
             小仏バス停から景信山まで1時間40分で到着した。
             朝雨が降っていたので人出はなく寂しい景信山であった。
                                         

なんと言うスミレだろう
アオイスミレなのかなあ?
ヤマネコノメソウ(ユキノシタ科)
刮ハが割れて種子が見える
                 
雪の大山
階段の下には雪が見える

                    小仏峠からから25分で景信山につくことが出来た。
                    青木茶屋につくと人出が少なくストーブの側には2人しかいない。
                    正面に見える大山は白く雪が積もっているのが見える。
                    町は雨だったが山は雪が降ったらしい。
                    景信山から直登コースの下のほうにはうっすらと雪が積もっている。
                    広場のダンコウバイもまだ先週と同じくらいの蕾だ。
                    天ぷらをご馳走になったが、フキノトウ、ナズナ、しいたけ、など。
                    2時頃小仏峠に下山開始、13分で小仏到着。
                    小仏峠か6号路に下山するが、初めていつもと逆コースをたどる。
                    スミレの花が咲いていないだろうかと探していたら綺麗なピンク色をした
                    スミレがあった。このスミレを見るのは初めてだな。


               
ヒナスミレだろうか?
ランヨウアオイ?(乱葉葵)
山地、丘陵の林に生える常緑多年草
質はやや薄く白雲紋が出やすい
カンアオイ

                     スミレ、カンアオイ類を見て稲荷山コースと6号路の分岐を
                     6号炉に向けて下山する。
                     ハナネコノメが待っている。先週はまだ早かったが、ずいぶん咲いて
                     いるだろうと思っていたが、寒かったせいかまだ蕾が多かった。


                             ハナネコノメ(ユキノシタ科)
                             花には花弁がなく白色の萼片が
                             花弁状で4個ある。赤い葯がとても可愛い。
                             ユリワサビは6号路の入口の当たりに咲いている。

                   高尾駅でAさんと別れて福生へと急ぐことにする。
                   木部一樹氏の個展会場へと急ぐ。ブナの木や鳥の絵を描く方である。
                   会場ではパーテイが開かれていたので早速仲間に入れていただいた。
                   今回は今までと違ってモノトーンの絵を展示されていた。

展示作品の中の一作
真中の白い物は電気の光が
どうしても入ってしまった。
木部一樹氏
青森県出身の画家
私のトップのメールの
鳥のアニメを下さった方

                          ハナネコノメ なんて可愛い花なんだろう!
                          あまり小さいので見過ごして通り過ぎてしまう人が沢山いることだろう。
                          これからは色々な花が咲き始めるので山を歩くのも楽しくなってくる。
                          山を歩けることは嬉しいことだが、少しどんな花が咲いているかなと
                          注意してみていると新しい発見があって楽しみが又一つ増えてくる。
                          花との出会い、人との出会い、又木や景色との出会いを楽しみに!!

   


ホームへ   ハイキングへ