景信山(727m)
ヤゴ沢〜景信山〜小仏峠〜一丁平〜高尾山
シモバシラの氷華とダイヤモンド富士
2021年12月19日(日)晴れ
 
 今日は今年最後の景信山へ行きましょうと言う事でご挨拶に行く事になりました。
 「高尾からどうですか?シモバシラの氷華が見られるかもしれないので」と言われたのですが
 私が仕事で疲れてるので朝もゆっくりしたいのでヤゴ沢にしてもらいました。
 ヤゴ沢もシモバシラの氷華は毎年見ることが出来ているのです。
 高尾駅北口10時待ち合わせ、10時12分の小仏行きのバスに乗車予定です。
 改札口に行くとKataさんとクラブツーリズムの添乗員さんが待っていました。
 今日は【ダイヤモンド富士】を見るツアーだそうです。
   「交  通」  自宅8:10→バス8:18発→市川駅8:43発→お茶の水(中央快速高尾行)乗換9:05着9:06発→高尾10:00着
              高尾駅10:12発→小仏バス停

   「コース」  ヤゴ沢〜景信山〜小仏峠〜一丁平〜高尾山〜ケーブルカーで清滝駅
   「Menber」 Kataさんと私の2人
10:37 小仏バス停を出発します
クラブツーリズムの人たちが準備体操をしています
10:54 南東尾根登山口
八峰マウンテントレイルの案内が出ています
10:59 ヤゴ沢登山口に着きました
11:00 登山口には進入禁止の柵があります
11:04 登山道
11:05 最初の丸木橋
11:06 すぐ2番目の丸木橋があり渡ります
11:07 台風19号の爪痕
11:09 3番目の丸木橋
11:12 登山道
11:12 3番目の丸木橋を渡ります
11:16 登山道 この丸木橋は台風19号の後にかけられた丸木橋です
11:16 登山道
11:18 登山道 石がゴロゴロ出てきました
11:19 登山道
11:20 登山道
11:22 水場に到着しました ここで小休憩
11:32 水場を出発します
11:37 登山道 ここを登ればジグザグに登ります
11:42 登山道
私はヤゴ沢にも【シモバシラの氷華】はあると言ったのですがそろそろあっても
良い頃なのにと思ってましたらありました。
11:48 シモバシラの氷華
11:48 シモバシラの氷華
11:51 シモバシラの氷華
11:57 シモバシラの氷華
11:59 シモバシラの氷華
12:00 登山道
12:02 シモバシラの氷華
12:07 登山道
12:08 稜線に出ました
12:08 景信山まで5分です
12:13 霜柱
12:14 景信山に到着です 富士山は雲に隠れています
電車の中から真っ白な富士山が見えたので景信山からもきれいな富士山が
見られると期待していたのに残念です。
12:15 展望
13:00 常連さん
13:00 常連さん
犬達も5匹いて「アッ、餌をくれる」とわんわん吠えます。
「ちょっと待ってね」とビールを一口飲んでおやつを配っていきます。
1袋しか持って行かなかったので私の足に「ねぇ、ねぇ、ちょうだいよ」と
手を出されるのですが少しづつ配るとなくなってしまいました。
「もうないよ、ごめんね」と謝るのですが「ねぇ、ねぇ、ちょうだいよ」と
私の体に手をかけます。その仕草がとても可愛いのです。
13:00 2年位会わなかったEnoさん もう上がってこないのかと
思ってたので会えて嬉しかったです
13:00 来年の干支 クルミで作っていました
毎年クルミで干支の動物を作っています
13:26 そろそろ下山します 常連さんは少し早く出発したようです
13:28 富士山 少し雲が少なくなり姿が見られるようになりました
どこへ降りようかという事になりKataさんが【ダイヤモンド富士】を見たことがない
という事で高尾山へ行くことにしました。
山頂付近の雲が取れてくれるといいのですがどうでしょうか?

【親子山】の人達ではないかと思い【親子山ですか】と声をかけてみました。
主催者の関さんがいらっしゃらないので「関さんに宜しく言ってください」と
言ったら「お名前は?」「あざみさんです」と答えておきました。
男性にも声を掛けたら「関さんは高尾山で合流することになってる」とのことです。
13:33 登山道 小仏峠へ下山します
13:35 登山道
13:41 シモバシラの氷華 小さいけどありました
14:46 登山道
13:57 小仏峠に到着しました 親子山の人達もいます
13:57 お地蔵様 合掌
親子山の人に【シモバシラの氷華】のことを伝えて12月から1月位の寒い日にしか
見られないので是非気を付けて見てくださいと伝えました。
ここまで来ないと見られないですので気を付けて歩いてほしいといつも思います。

峠には地図を販売している守屋さんが来ているかもしれないので寄ってみることにしました。
14:05 一緒に写真撮ることがないので撮ってもらうことにしました
14:11 霜柱が沢山の登山道を進みます
14:12 巻き道を進みますが珍しいです
14:15 登山道
14:23 城山との分岐 右上の階段は城山へ 左に進みます(通行止め)
14:23 登山道 見事な霜の上を歩きます
14:26 登山道
14:30 崩落場所
14:34 シモバシラの氷華 ここは群生して素晴らしいです
ここに来ていた男性は昨日もいらしたようで「昨日は雪でシモバシラの氷華はみられなかった」と
言ってました。広い範囲に群生していて素晴らしいです。
毎年ここは群生して良い所です。
ずっと見ていたいけどダイヤモンド富士の時間もあるので先へ進みます。
14:33 シモバシラの氷華
14:33 シモバシラの氷華
シモバシラの氷華
シモバシラの氷華の群生 上の方まで続いています
14:35 登山道
14:38 道標 城山との分岐
14:38 登山道
14:40 シモバシラの氷華
14:41 シモバシラの氷華
14:41 登山道
14:42 シモバシラの氷華 いつもの場所にありました
14:42 シモバシラの氷華 いつもの場所にありました
14:47 シモバシラの氷華 一番大きいもの
14:47 シモバシラの氷華
14:47 シモバシラの氷華
14:48 大きいシモバシラの氷華を見て戻ります 急登です
いつもの場所を探していたら上の方から男性が「少し行くと大きいのがあるよ」と
教えてくれます。道なりに下っていくとあるよとのこと。
急斜面を皿に下ると確かに大きいのがありました。
30cmくらいはあるでしょうか?今日の中では一番大きいものでした。
14:54 登山道 一丁平へと歩を進めます
14:55 登山道
15:01 登山道
15:02 登山道
15:03 シモバシラの氷華
15:04 登山道 笹が多くなって花は見られなくなりました
15:05 展望台から下りてくる人たち
15:06 一丁平に到着しました
15:14 一丁平を出発します
15:14 登山道
15:15 ここのモミジは黄色が多いようです
15:19 登山道
   
15:15 道標
15:19 登山道
15:27 登山道 上から下の下りることはあるが逆はあまりないです
15:36 登山道 長い階段が続きます
15:57 ダイヤモンド富士 富士山は雲が厚くて山頂から動きません
16:00 ダイヤモンド富士
16:08 ダイヤモンド富士
16:09 ダイヤモンド富士
16:08 ダイヤモンド富士
16:30 薬王院 合掌
富士山の山頂には厚い雲がかかり一向に動いてくれません。
三脚も持ってないのでうまく撮ることが出来ません。
最後まで粘ってみましたがダメでした。
諦めてケーブルで降りることにします。
ケーブルはいつもはもっと早く終了なのですが今日はダイヤモンド富士なので
遅くまで動いているようです。
薬王院に今年一年安全に歩けたことを感謝してお参りすることが出来ました。
16:32 薬王院から下ってくると紅葉が奇麗でした
16:37 どこかで今日は満月だと声がしています
お月様はどこだろうと探したら木の陰にいました
16:45 男坂を下ります 108段の石段です
16:52 夕景
17:15 ケーブルで降りてくると大分暗くなっています
今日は景信山だけに行く予定でしたがダイヤモンド富士が
見られるという事で予定変更して高尾山へ行きお礼参りも
することが出来ました。
今日は2〜3年ぶりにEnoさんにも会う事が出来再会を約束して
別れました。
また、沢山のシモバシラの氷華にも出会えました。
出かけて来て良かったと思う一日でした。

ホームへ   ハイキングのページへ