2003年2月9日(日)の景信山(727m) 晴

  前日までの天気予報では雨のち晴れでした。
  梅の花を見に行こうか?景信山にしようかということで
  やっぱり山にすることにしました。
  高尾駅北口からバスで小仏まで行きます。
  バスの発着場所は雪は大分解けていました。
  春のように暖かく上着は必要ありません。
  何時も同じコースばかりなので今日は変化をつけてみようと
  柵の所から行く事にしました。
  以前はここから登っていたということですので
  道は残っているだろうと入ることにしました。
  
直登コースの手前にある柵 9:59
  
   「コース」

     高尾駅北口(10:29発)→小仏→柵の所を入山→景信山→明王峠→大平小屋→貝沢コース下山→相模湖→かどや
入山してすぐ倒木あり 10:08
橋は腐って壊れている 10:11

               入山して少しすると道はなくなり木は倒れて足場は悪くなっています。
               この沢に沿って登って行けば小下沢の道に出ると予想をしている。
               足場が悪いので尾根に出ようと言うことになり道なき道を這い登り
               急登なので木につかまれば腐っていてポキっと折れ、フーフー言いながら
               やっと尾根に出てみれば何のことはない、いつもの直登コースに出ました。
               1時間ほどかけて出た所は、ちょうど登り始めて30分くらいの所でしょうか。
               ちょっとした冒険というところでしょうか?
                            
10:53

やっと尾根に出てみると
いつものコースでした。
ここから30分で景信山の頂上に着きます。
昨日の雨もあり雪は解けている所が多いですが、
凍っている所もありました。
頂上付近の階段の所は雪もあり凍っているので
滑らないよう注意が必要です。
ミツマタの花が蕾をつけました。
青木茶屋のすぐ側に咲いています
天気予報の為か登山客が少ない景信山でした。
新しく看板を作ったので青木さん家族と
記念写真におさまりました。
こんなことは忙しいので普段は出来ません
が今日は時間に余裕がありました。
        

富士山もうっすらと顔を出していました
いつものように巻き道巻き道と下山します。
今日は巻き道もグチャグチャです
13:26
左に入る巻き道は雪がありません
13:53
左の道は明王峠を巻く巻き道です
ちょっとわかりにくい道です
底沢の指導標があります


春を見つけました!!


スミレの花

もうすぐ春ですねえ
まだ青い葉がやっと出て蕾も持ってない
スミレが殆どなのに気の早いスミレですね
でもあなたに出会えて私はとても嬉しいですよ。

太平小屋から貝沢コースに下る道に
たったいちりん咲いていました。
15:34
明王峠で会った人たちと貝沢コースを下る
15:46
夏はここで一風呂浴びてさっぱりと


明王峠では暖かいので親子連れがのんびりと昼寝をしていました。
小屋の前の草原では顔見知りの人たちが一杯やっています。
そこで又合流しておつきあい。
フキノトウがそろそろ芽を出しているのではないかと
山菜取りの名人と一緒に探しながら下山、まだ少し早いのか
見つかりませんでした。
新しくなったストーブ
これがチップ


                      今日もかどやに足が向きます。今日のかどやはいつもと違うかどやでした。
                      今まであったストーブがなくなり新しいストーブが赤々と燃えています。
                      廃棄のことを考えて入れたとか。何を燃すかといえばチップだそうです
                      よく見ていると炎の上のほうからチップが落ちでいるのがわかります。
                      自然環境に適しているのだそうです。


 

ホームへ   ハイキングのページへ   黒岳のページへ