雨の荒船山 1422.5m  2002年9月7日(土)

バスツアーにて(初心者コース)




台風の影響で2日ほど降り続いた雨で心配しながらの登山となった。
昨夜まではものすごい雨の降りであったが、朝は雨も上がって
ほっとする。が、バスの中で又降り始めた。
雨のため船の形をしているという山は見えず、辺りはガスっていて
展望はききませんでした。いつの日か改めて登ることが出来ることを期待して・・・・

【コース】   新宿(バスにて出発)7:35→内山峠1080m→トモ岩1330m→
         荒船山1422m→星尾峠→荒船不動尊→草笛ドライブイン→荒船の湯→新宿

                【荒船山の名の由来】
    山の形が荒海を行く船に見えるところからついたそうです。

     ↑ 内山峠・・・駐車場になっていてここで下車。参加人数39名

                  講師の先生を先頭に6グループに分かれて登ることになった
                  雨が少し降っているので雨具を付けるかどうか微妙である。
                  雨具を付ける人、付けない人、傘で行く人 色々です。
                  先ず雑木林を下りその後アップダウンを繰り返し一杯水まで1時間20分位
                  20分位した所で体調が悪い人が出てしまい別行動を取ることになりました。
                  30分くらい登ったところで立って休憩です。
ホトトギス
フシグロセンノウ
ツリフネソウ
シロヨメナ
キツリフネ
メタカラコウ


                    途中緩やかに進み少ない花の時期にいくつかの花を見つけました。
                    あざみも咲いていました。ツリフネソウが最盛期と言う感じです。
                    トモ岩の少し手前から岩場・はしごを登ります。
                    10分位登るとトモ岩に到着です。
                    トモ岩に着くと又、雨が降り始めました。
                    ここで昼食ですが、傘をさしてのお弁当ということになりました。
                    ゆっくりする時間もなく荒船山に向けて出発です。
雨のため辺りは視界がきかない雑木林
はしごを登る
    トモ岩に到着です
トモ岩頂上
トモ岩頂上
トモ岩頂上で傘をさしての昼食風景


                   緩やかな溶岩台地 そして笹と雑木林をアップダウンを繰り返し
                   荒船山1422.5mに到着です。
                   ここは石祠があり、周りは雑木林で展望は悪い。
                   そして狭い場所である。
                   それぞれが記念写真を撮りすぐ下山です。
  

荒船山頂上にて 1422.5m
星尾峠を経て唐松の続く道を下山すると荒船不動尊に到着する。 秋になると唐松が黄色く紅葉して綺麗であろうと思われる。 私は大菩薩への唐松が黄色く紅葉していたのを思い出す。 この荒船不動尊の周りにはツリガネソウが群生してとても綺麗だった。 そしてキツリフネもその中に混じって鮮やかである。 そこから緩やかな車道を下ると民家が見えてくる。 最後は登りになるが草笛ドライブインに到着となる。 ここで又、少々アクシデントが発生した。 歩き始めて20分位で体調不良を起こした方が、まだ戻ってないのである。 講師の先生が色々連絡を取ってくださるが、トランシーバーが故障のため なかなか連絡が取れないのである。 その人を待つ間バスの中で宴会となってしまった。 どの位待ったのであろうか?無事に帰って出発となった。 荒船の湯につかり今日の疲れを取り(とても楽だったので疲れは無し) バスで帰路に着いた。 今回は花が少なかったけれど今まで見たいと思っていたツリガネニンジンに 出会えて幸せでした。
荒船不動尊
ツリガネニンジン

 

ホームへ   ハイキングのページへ