80歳を記念して秋の丸川荘 大菩薩
 晴れ 2001・10・13.14   その1

80歳になる記念に丸川荘に行きたいという橋本の
おじいちゃんの希望で私たちも御一緒させて頂く事になりました。
70歳、80歳、90歳で山に登っている方々を時々見かけますが、
元気で登ることが出来るという事はどんなに幸せなことでしょうか!
何時まで私もこうして山に登っていられることでしょう。

丸川荘の峠から眺めた朝の富士山 5時5分

  幻想的でとても素晴らしい景色でした


        コース   塩山駅〜六本木(橋本号)〜天庭峠〜寺尾峠〜丸川峠・丸川荘(泊まり)
              丸川荘〜大菩薩領〜雷岩〜賽の河原〜大菩薩峠〜富士見山荘〜
              大菩薩の湯〜東京

六本木登り始め午後1:00
今回は80歳のおじいちゃんが主役なので少し楽なコースを歩くことにしました。
いつものように塩山駅の所にあるスーパーで食料を購入して
橋本号で六本木の入口まで行き其処から登ることにしました。
紅葉の始まった道を落ち葉を踏みしめて登るのは足元が
ふわっとしてとても気持ちの良いものです。
おじいちゃんも80歳とはとても思えないような足取りで
登っていきます。

 
  途中、木の間から大菩薩が見えてきました。
  まだ遠くに見える山なのですが、登ってみると
  以外に早くつきます。
  後ろを振り返ってみるとあんなに長い道を
  歩いてきたのかとびっくりします。
  これが山の面白いところなのかもしれません。
  なだらかな道を行く途中、紅葉した木々や
  苔むしたとても雰囲気の良い道があり
  心が和みます。
 
天庭峠 1:16
おじいちゃんも一休み
綺麗な苔に種がついていました

 
寺尾峠に到着です 2:26
色付いた紅葉の間を行きます
丸川荘に到着です 2:50

<ホームヘ>   <秋の大菩薩 その2へ>