ウォーキング
郭沫若〜真間山弘法寺〜里見公園〜江戸川沿い

2014年9月21日(日)


 今日は晴天だったけれど山には行けなかったので里見公園まで散歩することにしました。
 いつもは市川まで歩くことが多いのですが、少し足を延ばすことにてカメラを持って歩くことにしました。
 先日散歩の途中でお彼岸になると必ず咲く【ヒガンバナ】を見たので写真を撮っておこうと思ってのことです。
 花が咲いていると立ち止まって写真を撮るのでいつもより少々時間がかかります。
 でも暑さも和らいできたので涼しい風が吹き汗もあまりかきません。



道端にヒガンバナが咲いています
ニラの花でしょうか? あちこちに咲いています
家を出て少し行くと農園を作っている所があるのですがそのわきにヒガンバナが咲いています。
ブログを見ているとヒガンバナのページを目にします。
珍しい花ではないのですがこの時期に咲く花なのでやはり見てみようと思います。
里に咲く花は詳しくないのですが、花を見るとやはり嬉しい気持ちになります。
梨畑 千葉は梨の名産地です
タマスダレ あちらこちらに咲いています
分岐 右へ行けばバス停(最寄りのバス停より二つ先)・直進します
クズの花 クズの好きな虫【カンタン】が鳴いてないかと
気にしているのですが今年は聞いてないので残念です
散歩道 我が家を出て方まっすぐ進みます
散歩道 右の黄色い建物は幼稚園・左には高校があります
幼稚園の前には区画を借りて色々のものを作っています。
今日も農作業をしている方がいらっしゃいました。
花を植えていたり食べるものを植えていたりして楽しんでいるようです。
ヒガンバナ
左は区画ごとに農地・右は高校のグランド
川沿いに歩きます
豆の花が咲いていました
コスモス 秋の空によく映えます
朝顔の形をした小さな小さな花ですが花の名前はわかりません
民家に咲く可愛いバラです
バス通りから1本中に入った散歩道です
郭沫若 春には芝桜で美しい庭が見られます
今は芝桜もなく周りにコスモスなどが植えられています
コスモス
マリーゴールド
郭沫若を出て坂を登ります この坂があるので訓練の為歩きます
坂を登りきると左側に須和田公園があります
須和田公園の案内です 左に入ると公園です
須和田公園の所を右に折れて坂を下ります
白い百日紅の木があります 春にはニセアカシアの花が咲くところです
いつもは市川方面へ直進するのですが今日は右折して
真間山弘法寺へ向かいます
白い百日紅 美しいです
手児奈霊堂 文亀元年(1502年)に改修され文化文政期に再び
修築され安産子育ての神として手児奈信仰が広がったそうです
奈良時代初期、真間の地には多くの男たちに求愛され真間の入り江に身を
投げたと言う伝説が語り継がれていたそうです【万葉集】に詠われています
その昔沢山の歌人が真間の地を訪れたようです。
歌人の高橋虫磨呂、宮廷歌人の山部赤人などにより手児奈姫の歌を詠まれているようです。
市川駅から万葉の歌を記したものが家の塀などに句碑として記されています。
真間山弘法寺への入り口 きつい石段を登ります
石段を登り振り返って見ます この石段な中ほどに【涙石】または
【泣石】があり一つだけ濡れた石があります
仁王門 
真間山客殿
白い萩とヒガンバナ 
真間山弘法寺を抜けて裏通りに出ます
千葉商科大学とテニスコートの間の桜並木 春には桜のトンネルが
出来てとても綺麗で見に来る人が沢山います
千葉商科大学
千葉商科大学の横を通り車の多い通りに出ますこの辺りは国府台病院
大学、高校、中学校など多い所です
通りを左折して進むと里見公園の入り口です
桜の頃になると屋台がずらっと並びます
里見公園の入り口です カメラを持った男性が入っていきます
公園の一角にヒガンバナの群生している所があります
ヒガンバナ
白いヒガンバナも少ないですがあります
紅白のヒガンバナ
真っ赤なヒガンバナ
公園内 椅子に座って読書をしている人や子供連れの人など数少ないです
周りにはバラがグルッと植えられていますがほとんど終わりです
バラ 咲き残っているバラを撮ってみることにします
キャンドルライト
スペクタル
公園の中央部 今日は噴水は出ていません
バラ
ピンクメイディランド
イングリット メイブル
フリージア
ツル・プリンセスミチコ
アンジェラ
マダムバタフライ
ピース
ヘレン トローペル
マイナーフェアー
公園の奥にも少し広場があるのですが今日はこれで里見公園は終わりにして、江戸川沿いに歩きます。
バラはもうすっかり終わったと思っていたのですが残り花があってよかったです。
女性の方も男性の方もカメラを持った人がバラの花を撮ってました。
外人さんのグループも来てました。
公園を出るとき振り返ってみました
歩道に出ると坂を下ります
スカイツリーも目の前に見えています
釣りを楽しむ人もいれば
水上スキーを楽しむ人もいます
この道路はジョギングをする人も多くいます
川沿いに道路が都築土手にはヒガンバナが咲いています
ヒガンバナ 白のヒガンバナが群生してました
ムクゲ 種類が沢山あるようです
ムクゲ
ムクゲ
酔芙蓉
酔芙蓉
手児奈さんの通りを歩いて来て左折し、角を曲がろうかと思って先を見ると【酔芙蓉】が咲いて
いるのに気が付きました。【酔芙蓉】は私の好きな花の一つです。
以前にも書きましたが【おわら風の盆恋歌】と言う【高橋治】さんの書かれた本に出てくる花で
【酔芙蓉】の花をはじめて知り苗を購入し、【おわら】を見に行ったのでした。それも遠い昔のことになりました。
改めて本も読みました。 いつもは行き45分、帰り45分位なのですが今日は2時間半くらい歩きました。

ホームへ  ウォーキングのページへ