カタクリの里を訪ねて

 2001/4/21 晴れ 


カタクリの群生している様子を以前から
見たいと思っていて、やっと友人と2人で出かけました。
今年は花の咲くのが早くて、どうしても時間の都合がこの日しか取れず
少々の期待と半分の諦めの気持ちを持って出かけました。
案の定、かたくりの花は咲き終わっていましたが
黄色カタクリや白色カタクリなど沢山の花が私達を
楽しませてくれました。

  


かたくり

新宿駅→京王相模原線→橋本駅→神奈川中央交通バス10分
→城山役場入口→徒歩→城山カタクリの里→津久井湖

 カタクリの里でさまざまな花に出会えました。
時間に関係なくのんびりと花を見て歩き
お弁当を頂いてゆったりしたひと時でした。
城山カタクリの里は歌人、小野の小町が東北より持ってきて植えたので
城山町川尻字小野という地名になったと伝えられているそうです。


かたくりの一つの花の花盛り
    山すそにつみてかなしもひと茎に
          ひとつ花咲くかたくりの花

雑木林の北斜面にうつむいて咲くむらさきの花
花が咲くまで7〜8年かかります

白花カタクリ 
黄色カタクリ 

かたくりの他にもいろいろな花がありました


三つ葉つつじ 
黒丹つつじ 
孔雀つばき 
黒つばき 
金魚つばき
葉が金魚のようになっている 
ぼくはんつばき