東慶寺・浄智寺・円覚寺・建長寺・江の島
2017年6月14(日)曇り

 アジサイの季節になりました。
 お休みが取れたのでアジサイでも見に行きましょうとKataさんからメールを頂きました。
 では、しばらく行ってない鎌倉へ行きましょうと言う事になり【北鎌倉】で待ち合わせることにしました。
 【北鎌倉】を11時待ち合わせになりましたが、着いてみると長蛇の列で改札を出るまでにずいぶん
 時間がかかりました。
 テレビでも鎌倉を放映したのでこんなに人が多いのかもしれません。
 自分もその中の一人ではありますが長蛇の列には少々うんざりです。
 山に行っても人の少ない方を選んで歩くのですからこんな大勢の人にはちょっとついて
 いけません。
 そこで西口に回りいつものように【東慶寺】から歩くことにしました。
 今日は観光バスも来ていました。
 【東慶寺】は私の好きな寺の一つですが北条時宗の夫人覚山尼が建立し【駆け込み寺】【縁切り寺】
 などと言われ明治まで尼寺であったことでも有名な寺です。
 【イワガラミ】が見られるかと期待したのですが残念ながら見られませんでした。


   「交  通」  自宅8:30→バス(8:53)→市川駅9:19発(JR横須賀・総武快速・逗子行)→北鎌倉10:29着
   「コース」  東慶寺→浄智寺→アジサイの小路→円覚寺→花の寺→建長寺→江の島
   「Menber」 Kataさんと私の2名

          松岡山東慶寺へ
11:27 東慶寺を見て帰りの物です 今日は行の写真は無しです
11:03 イワタバコ(岩煙草)イワタバコ科の多年草
湿った岩壁 に着生し葉がタバコに似るのでこの名がある
この東慶寺のイワタバコは岩壁一面にイワタバコが咲くので見事です。
今日は少し遅かったようで花は少なかったです。
でも見ることが出来て良かったです。
八重のドクダミ
八重のドクダミ
鎌倉には珍しい花が咲くので良く見に来ます。
この八重のドクダミも東慶寺で見たのが最初です。十字のドクダミはどこにでもあるのですが
八重を見て欲しいと思ってあるお店で買い物をして根の付いたドクダミを頂いてきました。
お陰で毎年、綺麗な八重のドクダミの花を咲かせてくれています。
今年も咲きましたが写真に撮ってあげませんでしたので東慶寺で写真を撮りました。
高尾駅のそばにも咲いていますが皆さん雑草だと思っているのでしょうか?
あまり関心がないようです。
カワラナデシコ(河原撫子)?ナデシコ科の多年草
ピンクと白が咲いていました とても可愛いです
花菖蒲が見ごろを迎えていました
花菖蒲 ズーミングしてみました
境内奥にある墓苑
アジサイ(紫陽花)アジサイ科アジサイ属の落葉低木
アジサイには沢山の種類の花があります
装飾花の分布から、ガクアジサイとホンアジサイやヤマアジサイなどがあり品種改良されて
いますので色々の花が見られます。
アジサイ
バラ?葉はバラの葉に似ています
ホタルブクロ(蛍袋) 東慶寺には沢山のホタルブクロが咲いています
クレマチス ジョセフィーヌと言うらしいです
東慶寺を出てコーヒーを飲むことにしましたが、お店の入り口の所にクレマチスが
大きな瓶に咲いていました。
どこかで見たような気がしますが名前までは知りませんでした。
          臨済宗円覚寺派 浄智寺へ 鎌倉五山 第四位 金宝山
12:03 浄智寺
ネムノキ(合歓木)マメ科ネムノキ亜科の落葉高木
淡紅色のおしべが長く美しく香りは桃のように甘いそうです
真っ白いホタルブクロ(蛍袋)キョウ科の多年草
布袋様 お腹を撫でて下さい お腹は皆の手の跡で黒くなっています
観音様 洞窟の奥にひっそりといらっしゃいます
狸も出ますよ
ナツツバキ(夏椿・沙羅)ツバキ科ナツツバキ属 の落葉高木
別名はシャラノキ(娑羅樹)仏教の聖樹
12:25 浄智寺を後にします
                  山あじさいの小路 北鎌倉古民家ミュージアムへ
アジサイ
アジサイ
鎌倉に来ると必ず立ち寄る【山あじさいの小路】です。
色々なアジサイが植えられて楽しませてくれます。
今年は全部ではありませんがアジサイの名前を書いた名札が張られていてよかったです。
ここへ来るたび名前がわかればと思っていたのです。
12:56 透明なブルー ハイジ×森の泉の交配種 まだ若いです
透明なブルー
ダンスパーテイー 伊豆の華×ミヤケトキワ
ダンスパーテイー とても可愛い花ですね
宵の星 交配親不明だそうです
宵の星 まだまだ若いです
千代女 モダンタイムス×?
ダンシングスノー モダンタイムス×(H3-3×朝日)輪になって踊ってるよう
ロザリオ 紫式部×エーゲ海
水天一色 星花火×メロデイー
ありがとう モダンタイムス×天を仰いで
夕景色 交配親不明
ティンカーベル 交配親不明
セレナーデ メリーゴーランド×ウズアジサイ
ごきげんよう (ハイジOP)×(ハイジ×森の泉)
おはよう [紫式部×(伊豆の華×F.キヌエ)OP]×メランコリー
夢心地 Wmg八重×不明:濃青テマリ
ピーターパン 紫式部×エーゲ海
佳澄 星花火×森の泉
歌合せ ダンスパーテイー×マジカルプリンセス
玉の輪
蒼のひとみ まだ若くてこれから咲きます
トキワツユクサ(常磐露草)ツユクサ科ムラサキツユクサ属の多年草
南アメリカ原産で日本には昭和初期に観賞用として持ち込まれ帰化植物
として野生化し外来生物法により要注意外来生物に指定されている
ムラサキツユクサ(紫露草)ツユクサ科 別名:蛍草(ホタルグサ)
ビヨウヤナギ(未央柳)オトギリソウ科 半落葉広葉低木
カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)アジサイ科(ユキノシタ科)
アジサイ属の落葉低木
和名の由来:葉の形がカシワに似ていることから
         円覚寺 臨済宗・円覚寺派本山へ
【山あじさいの小路】北鎌倉古民家ミュージアムでアジサイや美術品を堪能して【明月院】と
反対方向(北鎌倉駅)の方角へ少し歩きます。
そこには落ち着いた雰囲気の円覚寺がありもみじの綺麗な石段を登ると境内へ入ります。
もう1時半過ぎですがまだまだ大勢の人が【明月院】を目指して駅の方から歩いています。
13:37 円覚寺
13:38 山門
13:48 ナツツバキ
         花の寺へ
円覚寺はあまり見るところもないので早々に引き揚げて花の寺へ行きます。
ここでも珍しい花があるのですが今日は花には遅かったようであまりありませんでした。
ここには執念女性が二人くらいしか着ていませんでした。
皆【明月院】を目指して行ったのでしょう。
17:56 ヤマボウシ(山法師)ミズキ科の落葉高木
花は6〜7月に開き、淡黄色で小さく多数が球状に集合し
その外側に大形白色の総包片が4枚あり花弁のように見える
フウロウソウ(風露草)フウロソウ科
ヒメカンゾウ(姫萱草)ユリ科ワスレグサ属の多年草
ヤマユリ(山百合)ユリ科の球根植物
山ではまだ咲いてないのにもう咲いていてびっくり
キバナニオイロウバイ(匂い蝋梅)花はメロンやバナナに似た香りがする
キョウカノコ(京鹿子)和名:花姿が京都で染められた鹿の子絞り模様を
連想させることから 同じ木にピンクと白が同居していました
ヤマアジサイ
キキョウ(桔梗)キキョウ科の多年性草本植物
フイリクマヤナギ(斑入り熊柳)クロウメモドキ科クマヤナギ属の落葉つる性。
江戸絞り萩 マメ科ハギ属の落葉低木
半夏生 東慶寺にもちょっと遠い場所に沢山ありました
アジサイ
バイカアマチャ(梅花甘茶)アジサイ科の落葉低木 花はまだでした
アジサイ 線香花火のようで可愛かったです
何ラン?多分ランの一種だと思うのですが?
クガイソウ(九蓋草)オオバコ科の多年草 葉は通常4〜6枚が輪生し
九層ぐらいあるので、九階草と呼ばれる
ガクアジサイ
         臨済宗建長寺派 大本山 鎌倉五山第1位 巨福山 建長寺へ
花の寺ではやはり少し遅かったので例年のように花はあまりありませんでした。
このお寺は静かでゆっくり見られるのでいいですね。
鎌倉に来てもあまり建長寺には寄らないのですがせっかく来たのだから寄って行こうと
言う事で行くことにしました。
14:42 建長寺の三門
関東一の鋳物師の物部重光の作になる梵鐘があり撮影をしていました
建長寺の仏殿
建長寺の境内図 見る所が沢山ありますが後日にします
柏槇(びゃくしん)鎌倉のお寺にはこの木が多く見られます
柏槇の立札
唐門 ひときわ目をひく門です
唐門の立札
菖蒲
アジサイ
建長寺を出て鎌倉方面に歩きます。
もう午後3時ですのでお腹もすいてきました。
でもどこも行列を作っていて入れないので探しながら進みます。
【鉢の木】さんには行列がないので入れるか聞いてみましたら遅い時間でしたが大丈夫と言う事でした。
遅い時間だったのでお帰りになる方ばかりでした。
まずは鎌倉ビールでお疲れ様でした
昼食
お食事を終え再び鎌倉方面へと歩きます。
先ずは鶴岡八幡宮へ行くことにしました。
            鎌倉鶴岡八幡宮へ
鶴岡八幡宮舞殿(下拝殿)
石段を登ります 石段の横には新しいイチョウの木が植えられています
鶴岡八幡宮本宮(上宮)
向かって左に新しいイチョウ 右に大銀杏の株
大銀杏の立札 平成22年3月10日未明強風により根元から倒れた
鶴岡八幡宮から鎌倉に出てせっかく来たので江ノ電に乗り江の島まで行くことにしました。
            江の島へ
16:51 藤沢行の江ノ電へ乗車
17:48 江の島 弁財天仲見世通り
ご祭神は、天照大神あまてらすおおみかみが須佐之男命すさのおのみことと誓約された時に生まれた神で、三姉妹の女神様です。
・奥津宮の多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)
・中津宮の市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)
・辺津宮の田寸津比賣命(たぎつひめのみこと)
エスカーには乗らず歩いて登ります。
17:53 芸道上達の功徳を持つ神として、弁財天を祀る江島神社
このようなのが出来ていました
17:55 辺津宮 田寸津比賣命(たぎつひめのみこと)をお祀りしています
17:57 江島神社の絵図
17:59 が擦っていますが海を見下ろすことが出来ます
18:00 中津宮 市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)をお祀りしています
手形
ここに菊五郎の枝垂桜があるようです
18:02 アジサイ
アメリカデイゴ(亜米利加梯梧)マメ科の落葉低木
和名はカイコウズ(海紅豆)
18:13 クレマチス
18:17 児玉源太郎 この近くに児玉神社があるそうです
嘉永5年閏2月25日(1852年4月14日) - 明治39年(1906年)7月23日)
日露戦争において満州軍総参謀長を勤め、勝利に貢献した
今日はKataさんと一緒だったので江の島まで足を延ばすことが出来ました。
観光にはまだまだ時間が足りませんのでまたの機会に来たいと思います。
明月院は行きませんでしたが、アジサイは沢山見ることが出来ました。
鎌倉はお寺の多い所で花もそのお寺お寺で色々な花が咲くので季節ごとに
行ってみると良いのではないでしょうか。

ホームへ  ウォーキングのページへ   ハイキングのページへ