里見公園

真間山弘法寺〜里見公園
2018年3月25日(日)晴・3月31日(土)晴
 先週は子供と里見公園に行ったのですが、桜はまだ5分咲き位だったので
 今日一人でブラブラといつもの散歩コースを真間山から里見公園へ行ってきました。
 桜は満開で沢山の人で園内はいっぱいで、舞台が出来ていて踊ったりしていました。
 先週は真間山の【ウコンの桜】はまだ蕾だったので今日は開いているか楽しみにして行きました。
 郭沫若の芝桜も大分咲きそろってきました。
3月31日の満開の桜の里見公園
先週も天気は良かったのですが花がまだ咲き揃ってなくて少々がっかりしました。
今日は満開で桜吹雪の中を歩いてきました。
屋台も先週と同じくらいに出ていましたがさすがに一人ではビールを飲むのも気が引けて
お腹が空いたのも我慢して歩いていました。
             3月25日(日)
真間川の桜 川の片側しか桜がないので少し寂しいですね
須和田公園 3月24日に仕事場の飲み会があり酔い覚ましに
市川から歩きました
シャガの花が咲いていました
水仙が仲良く並んで咲いています
須和田公園
郭沫若の芝桜
郭沫若に寄ってみたのですが芝桜はまだ少ししか
咲いていませんでした
子供からメールがあり里見公園に行こうと言う事だったので景信山に行く予定だったのですが
キャンセルして12時頃に市川真間で待ち合わせてのんびりと歩きます。
白い沈丁花
赤の沈丁花
ボケ ぼかし模様が綺麗です
ハクモクレン
ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)ヨーロッパ原産の越年草
ホトケノザ(仏の座)シソ科の一年草 春の七草
名前がわかりません 綺麗な花です
全体的にはこんな感じです
オオキバナカタバミ(大黄花片喰)?
これだけ群生すると綺麗です
             里見公園へ
桜並木 屋台が並んでいます
里見公園の入り口
アカバナマンサク(赤花満作)マンサク科の落葉小高木
ボケ(木瓜)バラ科の落葉低木
3月25日の里見公園 桜の花がまだ満開ではなく少し寂しいです
園内は大勢の家族ずれが多かったです
アンズ
展望 スカイツリーも見えています
             真間山へ
ミツマタ(三椏)ジンチョウゲ科 皮は和紙の原料
千葉商科大学の横を通ります ここの桜並木も綺麗です
月と桜
アーモンド バラ科の落葉高木
真間山 伏姫桜 お寺さんにいわれを聞いてみたけれどわかりませんでした
伏姫桜 花は白いです
枝垂桜
伏姫桜
宇賀桜 大黒様の脇侍に由来するそうです
陽光 日本原産の交雑種のサクラ
愛媛県に在住していた高岡正明がアマギヨシノと(天城吉野)
カンヒザクラ(寒緋桜)を交雑させて作出した園芸品種である
階段の途中から市川市内を見る
A街区・地上45階地下2階 B街区・地上37階地下2階
真間山弘法寺の入り口
金のなる木ベンケイソウ科の多肉植物 園芸名では、カゲツ(花月)
             3月31日(土)再び里見公園・真間山弘法寺・郭沫若の芝桜へ
郭沫若の芝桜 先週より大分開いてきました
芝桜
手児奈霊神堂 伝説上の女性手児奈を祀る霊堂
真間山弘法寺
真間山弘法寺の境内にシャクナゲが咲いていました
伏姫桜はもう散りかけていて無残な姿だったので撮りませんでした
枝垂桜が満開でした
 今日の目的は【ウコンの桜】です。
 先週はまだ蕾だったので天気の良い日が続いているので今日は咲いているかと思って
 やってきました。
 ウコン(鬱金)は、サクラの栽培品種である。開花時期はソメイヨシノより遅めの4月中旬頃(東京)
 花弁に葉緑体をもつなど性質はギョイコウ(御衣黄)に似ているが、色は緑色が弱く淡黄色である
 数百品種あるサクラのうちで唯一、黄色の花を咲かせるサクラである。花弁数が15〜20枚程度の大輪の
 八重咲きである。また、ギョイコウのように花弁は厚くなく、気孔もない。
 名前は、ショウガ科のウコンの根を染料に用いた鬱金色に由来し、それらと混同されないよう
 「鬱金桜」あるいは「鬱金の桜」と呼ばれることもある。Wikipediaより
大きな木が数本あり蕾の木もありますのでこれからまだ楽しめます
ウコンの桜
ウコンの桜
ウコンの桜
御衣黄 まだ固い蕾でした 千葉商科大学の境内にありました
桜の時期は大学の中に入れます
里見公園への桜並木
里見公園への入り口です
綺麗な真っ白い椿が咲いていました
里見公園内
里見公園内
オオシマザクラ(大島桜)バラ 日本の固有種
ドウダンツツジ(灯台躑躅)の花が咲いていました
ムラサキケマン(紫華鬘)
真っ白い花桃
なしの花が蕾を持っていました
 今日も色々な花に出会う事が出来ました。
 桜の花はもうすぐ終わりを迎えるでしょうけれどほかの花に出会う事が出来るでしょう。
 私も山に行ってみる花が楽しみです。
 明日は2週間行かれなかった景信山に行ってどんな花に出会えるのか楽しみに出かけましょう。


ホームへ   ハイキングのページへ  ウォーキングのページへ