真間山弘法寺〜じゅんさい(蓴菜)池緑地〜里見公園
                2006年4月1日 (土) 晴れ

             私が住んでいる近くに真間山弘法寺というお寺があり樹齢400年の《伏姫桜》
             ちょうど見頃を迎えていると言うことで散歩に行く事にしました。
             昨年見に行ったときは咲き終わりの頃で残念に思っていたので今年は
             ちょうど良い頃かと思い子供と二人で行ってみました。
             明日は雨が降ると言う予報なので沢山の人出でハイキングをしている
             中高年の方々が大勢いました。
             《伏姫桜》「里見八犬伝」の「伏姫」からきていると言う説もあるが
             確かなことは分からないということです。「伏姫桜」と呼ばれるように
             なったのは江戸時代からだと思われますと言うお返事でしたと2005年の時
             にかきました。ソメイヨシノより先に咲く桜ですが、今年は同時に見る事が
             出来ました。
             
  【 交 通 】 真間山弘法寺(ぐほうじ)の伏姫桜
            千葉県市川市真間4−9−1
            電話 047(371)2242
            FAX  047(375)3630
            交通:JR市川駅徒歩16分
                京成市川真間駅徒歩11分
 
2006.3.18の《舞女衣姫》

  一本の木に紅梅が咲きます。
  真間山弘法寺の庭に咲いて
  います。桜には少し早いので
  すが梅を見に行きました。
  一本だけ早咲きの桜が見頃
  でした。
《舞女衣姫》
  これは一輪が紅白に分れて
  咲いている花びらです。
  市川のじゅんさい池にも
  何本もの紅白の梅ノ木が
  あります。
3月18日のじゅんさい(蓴菜)池緑地
 散歩コースにはとてもいいです。
 水鳥が沢山いて子供たちが餌を
 与えて親子連れが目立ちます。
じゅんさい(蓴菜)池緑地
じゅんさい(蓴菜)池緑地の梅

 池の周りには梅ノ木や桜の木が
 沢山植えられています。       
   
《真間の涙石》

 判りにくい写真ですが中央の
 石はいつも濡れています。
 言われは《真間の涙石》
 見てくださいね。
真間の継橋

 その昔、真間川の河口付近から
 奥深い入江が出来ていた。
 この入江を『真間の入江』と
 呼び手児奈の伝説と結びつけ
 られた。国府台に下総国府が
 置かれた頃上総の国府とを
 つなぐのに市川砂洲上を通っ
 ていた。入江があり幾つかの
 洲が出来ていてその洲から
 洲に掛けられた橋が万葉集に
 詠われた『真間の継橋』である。
 「足の音せず行かむ駒もが葛飾の
    真間の継橋やまず通わむ」
  
樹齢400年の伏姫桜
里見公園

 室町時代に里見氏が北条氏と戦った
 古戦場跡。江戸川に面した海抜20m余の
 台地上にあり、噴水や花壇があり、
 桜の名所としても市民に親しまれている。
 園内西側の丘陵上からは江戸川を見て
 天気に良ければ遠く富士山も眺望
 できます。公園の一角には明戸古墳や
 昭和44年東京・小岩から移設された
 北原白秋の旧宅「紫烟草舎(しえん
 そうしゃ)」
があります。
     
「紫烟草舎(しえんそうしゃ)」
 「からたちの花」「砂山」などの作詞で
 親しまれている詩人「北原白秋」
 (明治18年〜昭和17年)は大正5年の
 夏から約1年間、当時小岩にあった
 この離れにおいて優れた作品の創作
 を続けた。白秋自身「紫烟草舎」と
 名付けたこの建物はその後江戸川の
 改修工事で取り壊され解体された
 ままになっていたのを本建物の所
 有者の厚意で市川市が白秋を偲ぶ
 ようすとして間取り、木材など全
 て当時のままに里見の地に復元した。
 小岩に住む前に白秋が真間の亀井院
 に住んでいたことや江戸川堤から
 眺める里見の風景、万葉の昔より
 ゆかりの深い葛飾の野をこよなく
 愛したのでこの地に復元したとある。
部屋

 花の季節は中に入ることを
 許されているので早速中に
 入ってみました。入口を入
 ったすぐの部屋です。
次の部屋
 
部屋から見える風景
真間川の桜

                じゅんさい(蓴菜)池緑地は3月18日に行ってきたものです。
                梅の花、桜の花を3週続けて見に行きました。
                桜の花は人を陽気にさせます。お弁当を持って小さい頃
                家族といったことを思い出します。今日も家族連れで桜の
                下で飲んだり食べたりしていました。我々親子も童心にかえり
                屋台で焼き鳥を買って歩きながら食べたり、お好み焼きを
                買って江戸川堤で食べたり楽しく半日を過ごしました。
                明日は雨との予報なので桜もこれで見納めなのかも知れません。
                でも又山へ行けばヤマザクラを楽しむことが出来るかと期待
                しているのです。

ホームへ  ハイキングのページへ