久能山東照宮・三保の松原(静岡)
日本平〜久能山東照宮〜三保の松原〜清水港
2017年10月31日〜11月1日晴れ

 長兄夫婦と末の弟夫婦で初めて旅行することになりました。
 紅葉見物にしようかと思ったのですが、山は嫌だと言う事で久能山東照宮に決まりました。
 宿の手配と新幹線の切符の手配は私がやることになりました。
 最初の日だけは日本平から久能山東照宮に行くことは決めたのですが、後は皆で決めれば良い
 と思い翌日の予定は決めませんでした。
 当日予定時間より1本早いバスに乗り市川まで行きましたが、ここでハプニングが起きました。
 弟夫婦の電車の切符と資料をクリアーファイルに入れて駅に着いたらすぐ渡せるようにと思って
 パソコンのそばに置いてバッグに入れるのを忘れてきてしまったのでした。
 市川駅で思い出しバッグを見ると入っていないのでどうしようと悩みました。
 まだ間に合うからと言われてタクシーで取に行く事にしましたがはたして間に合うかが心配です。
 タクシーに乗り家まで行きタクシーには待ってもらって急いで引き返しました。
 市川駅まで往復しましたが意外と早く着いたので東京駅には発車まで十分間に合ったのでほっとしました。
 駅弁を買って新幹線こだまに乗ります。
 最初からこんな有様ではうまくいくかどうかが心配です。
 最近はドジばかりやっています。



   「交  通」   自宅6:07→バス(6:27)→市川駅6:47発→東京駅8:26発(新幹線こだま639号)→静岡9:50着・10:23発(バス)
                日本平ロープウェイ11:14着11:20発久能山東照宮


   「コース」 1日目(10/31) 静岡駅→日本平ロープウェイ→久能山東照宮→日本平ロープウェイ→駿府城→せせらぎの宿紅竹(宿泊)
              2日目(11/1) 宿→(バス)→清水みなと(水上バス)→三保の松原→清水港(おがわ)→静岡駅

   「Menber」
 長兄夫婦・末の弟夫婦の4名

              一日目(10/31)土 晴れ 久能山東照宮〜駿府城

8:09 新幹線こだま639号車中にて
8:08 新幹線こだま639号車中にて 義妹撮影 iPhone
9:31 新幹線こだま639号車中より 富士山ですが冠雪はなくて残念
9:56 静岡駅に到着しました
東京駅で駅弁を買ってこだま車中で頂きました。
旅の楽しみは車中で駅弁を頂けると言う事がとても良いですね。
初めての兄弟旅行なので4人でボックス席を取りお弁当を食べたりおしゃべりしたり楽しい時間を
共有します。間もなく静岡駅に到着しました。
11:14 静岡駅からバスで日本平ロープウェイ乗り場に着きました
11:19 日本平ロープウェイに乗り込みます
11:26 久能山東照宮の案内図
11:29 楼門(ろうもん)この門をくぐり東照宮詣での始まりです
11:29 楼門の二階部分に後水尾天皇の宸筆【東照大権現】の
扁額が掲げられて勅額御門とも言われております
11:36 唐門
11:36 家康公からの伝言 命を大切にせよ
11:38 家紋
11:38 家紋 四代将軍から変化が見られます
11:40 社殿(本田・石ノ間・拝殿)1年7か月の短期間で建てられたそうです
色が鮮やかでとても美しいです
11:42 11月は七五三の時期です ちょうどお参りの家族がいました
11:43 拝殿「蟇股」部に彫刻された「司馬温公の甕割り」の図には
生命の尊さが込められているそうです
11:43 素晴らしい装飾です
11:44 鳥居をくぐります
11:53 廟所の添石垣についての説枚
11:55 廟門から御神廟までの間をつなぐ参道をすすみます
11:58 神廟(しんびょう)家康公の遺命に従い、西向きに建てられています
11:58 神廟 工事中でした
12:01 左右には家康公に仕えた武将たちが奉納した
石灯籠が据えられています
12:14 徳川家康公の御手形 あまり大きくはありません
12:14 家康公38歳の時のようです 
12:15 後水尾天皇の宸筆(天皇陛下御自ら書かれた書)
「東照大権現」の扁額(へんがく)
12:15 楼門 勅額御門とも言われています
12:18 駿河湾を一望 ハウスはイチゴですが時季外れでした
12:28 ロープウェイから 屏風山
かつて日本平と久能山はつながった山だったそうだが、長い年月を経て両山の間には大きな谷ができ
間の岸壁は、風雨でジグザグに削られ、その見た目から「屏風山」と呼ばれているそうです
ロープウェイを降りてお昼ご飯を頂いてからどこか観光することにしました
ここからバスで下ってもタクシーで下っても値段はさほど変わらないので
バスで行くと50分位乗ることになります。
タクシーの運転手さんに交渉してタクシーで行くことにしました。
タクシーの運転手さんに観光する場所や美味しい食べる所をいろいろ教えて
頂きました。マグロを食べるには清水港・焼津はカツオが有名と言う事で明日は
清水港へ行くことにしました。
マグロは一切れが厚くておいしいと言う事でした。
静岡駅まで送ってもらって宿には4時までに入ればいいので駿府城を見ることにしました
途中大道芸の人達が全国から集まってあちこちの会場でやっていると言う事で人出が
多かったですが私たちは大道芸も見ないで駿府城へ行きます。
14:47 駿府城 巽櫓 2重3階の隅櫓
14:48 東御門 二の丸堀(中堀)に架かる東御門橋と高麗門、櫓門、南
西の多聞櫓で構成される、いわゆる「桝形門」となっています
14:48 入り口に説明の立て看板が設置されています
14:51 高麗門をくぐります
東御門櫓門
東御門 案内板
14:55 大道芸が行われているのでここでも、じっとして動きません
宿に電話したらタクシーで30分位だからタクシーで来るようにと言う事でしたので
タクシーで行くことにしました。
駅からどんどん静かな田舎の方へ進みます。
1か月くらい前にネットで調べたのですがベットは4人分ある所がなく和室なら
あったのでここに決めました。ほかの所は部屋が空いてなかったのです。
4人で泊まるなら10畳くらいは必要です。
15:40 本日の宿せせらぎの宿紅竹に着きました
15:47 フロント
部屋
17:00 露天風呂
11/1 7:11 露天風呂 男女入れ替えでした 
朝の露天風呂も内風呂も小さかったです
18:13 お疲れ様でした そして初めての兄弟旅行に乾杯!!
弟夫婦は新しく携帯をiPhoneにしたので私の子供に写真を撮ってラインでせっせと送っています。
iPhoneは写真も綺麗でラインで送れるのでとても便利ですね。
写真も大きくなったりするのでとても見やすいです。
因みに私は今でもガラ系です。
夕食はお部屋食でした。身内で来た時はお部屋食が落ち着いて良いものです。
18:08 前菜
18:25 豚の角煮
18:34 茶碗蒸し 少し味付けが変わっていました
18:45 アユの塩焼き
18:48 天ぷら
21:04 iPhoneで私の子供に顔が紅葉しているよと送っています
              二日目(11/1)日 晴れ 三保の松原〜清水港

朝食は8時からなのでお風呂に入ります。
男女入れ替えになっているので昨日男性風呂が女性に変更です。
入ったとたん私と義妹の口から思わず「わっ、小さい」と言う言葉でした。
露天風呂も小さかったです。
今日は雑誌などから義弟が行く所をチェックしてくれました。
宿をバスで駅に出て駅から電車に乗り換えて清水港に出ます。
水上バスで美穂へ向かいます。三保の松原などを散策して清水港へ出て
昨日タクシーの運転手さんから聞いた【おがわ】へ行き【マグロ】を
戴きます。でもおがわはテレビにも出たので行列を作っていて大変だと言うので
時間をずらして行くことにしました。
8:01 朝食は8時から食堂で頂きます
8:03 朝食
8:42 コーヒーの無料サービスがあるので頂きます
9:04 宿の前を流れる藁科川
さて、ここで第2のハプニングがありました。
義弟のスイカがないと言う事です。
バスが来たので乗りましたがザックの中を探してもありません。
部屋にもなかったようなのでずいぶん探して出てこないので諦めました。
ここでもスイカ、パスモが使えたので私はパスモを使ってバスや電車に乗りました。
9:05 宿の近くの静岡リハビリテーション病院バス停 ここから乗車
9:53 新静岡〜新清水の電車に乗車 新清水まで乗車します
10:47 清水みなとにて 沢山のヨットが停泊しています
10:48 船着き場へ急ぎます
10:49 三保羽衣ラインの水上バスで行くようです
10:51 茶色の建物はは歩けるようになっているようです
10:49 水上バスの航路
10:52 遊覧船乗り場へ
10:52 案内板
10:55 この船で行くようです 15分位です
10:55 乗船します
10:56 乗船したら富士山を望むことが出来ます
10:59 日本丸
11:00 手を伸ばすだけではカモメは寄って来ません
2〜3羽だけ船の後をついてきてます
11:07 カモメが沢山寄ってきました隣にいた子供が餌を投げたのです
11:08 沢山のカモメが餌の取り合いで大変です
11:09 今度はトンビがやってきました 海の魚を取っています
11:11 下船します カモメがたくさん集まって来て楽しかったです
              三保の松原へ向かいます

11:13 下船して桟橋を進みます
11:14 桟橋 義弟撮影 iPhone
11:16 船をありて三保の松原に歩いて向かいます
11:35 富士山がここでも見られます
11:26 海に出ました
11:29 海の近くまで行ってみます
11:27 パノラマで撮ってみました 富士山が正面の右に見えています
11:33 海岸沿いを歩きます
11:33 富士山 うっすらと見えています
11:34 海のそばを離れて道路を歩きます
11:37 ここでも富士山が見られます
11:42 道路
11:46 車道を歩きます
11:47 アメリカデイゴ(亜米利加梯梧)マメ科の落葉低木
和名はカイコウズ(海紅豆)
11:48 カンナ 暖かいのでしょうか まだ綺麗に咲いていました
11:47 黄色いカンナ
11:48 コスモス
11:48 散策路
11:56 朝顔
11:56 散策路 民家があります
12:28 何の花なのかわかりません
12:29 御穂神社(三保大明神)
12:30 御穂神社 お参りしていくことにします
12:33 社殿
12:34 舞殿
12:35 神馬舎
12:35 何と言う「が」だかわかりません
12:37 お祭りがあるので魚を飾ってあるのだそうです
12:39 神の道 右側通行です 真ん中は神様が通ります
12:40 神の道を進みます
12:46 倒れそうな松の木 伐採するそうです
12:47 三保の松原に着きました
12:48 三保の松原 奥へ進みます
12:49 ここで記念撮影
12:49 三保松原 万葉の頃から歌を詠まれている
12:50 羽衣伝説
12:50 エレーヌの碑
12:50 羽衣の松の掲示板
12:50 総合案内板 英語と日本語で書かれています
12:48 義弟撮影 iPhone
12:52 順路
12:54 羽衣の松かと思って記念撮影したのですが違ってました
12:56 羽衣の松 観光客の方が撮ってくれました
12:57 羽衣の松の二世の松
平成9年2月に羽衣の松から穂木を採取し接ぎ木により
二世作りに成功し遺伝子を含め未来に残す二世の松
富士山の絶景ポイントを探して海の近くまで行ってみました。
結構遠くまで行かないとポスターのような場所を見つけることが出来ません。
13:13 セルフタイマーで撮ってみました
13:17 富士山
13:15 パノラマで撮ってみました 富士山が左の方に小さく写っています
               富士山を見たので次の清水港へマグロを食べに行きます

13:15 砂浜を引き上げますが歩きにくいです
13:27 大型バイクが6〜7台駆け抜けていきました
13:33 御穂神社へ戻ってきました
13:33 お祭りがあるそうで屋台が沢山出てました 素通りします
14:18 三保でガードマンのおじさんにバス停を聞きました
14:20 スミレ
バス停を見つけてバスに乗り運転手さんに清水港へは何処で降りてどう行くのかを聞きました。
言われたバス停で降りたのですが行けども行けども見当たりません。
途中でどっちへ行くのか通行人に聞きます。
ゾロゾロ歩いている人がいるのでついて歩くのですがどうも違うようです。
何しろ行き当たりばったりで行くのですから歩くこと歩く事
それでもみんな文句を言いつつ歩きます。やっとそれらしい建物が見えてきました。
14:20 これで大丈夫かと不安な気持ちを抱えながら歩きます
14:25 やっと目的の建物が見えてきました (´▽`) ホッ
14:29 一番奥の建物と聞いていますので奥へ進みます
14:32 途中魚を売っている店が並んでいます
14:33 おがわ 一番おいしいと聞いていたお店ですが
お客さんは一人も入っていません
14:52 お刺身の盛り合わせ
タクシーの運転手さんに聞いて教えてもらったお店が【おがわ】さんでした。
テレビに出たのでいつも行列が出来ていると言う事でした。
時間をずらしたのが良かったのでしょう。お客さんは誰もいません。
私たちが入った後に5〜6人のお客さんが入りました。
聞いていた通り一切れが大きくて一口では食べられない大きさで美味しかったです。
14:54 マグロ三種盛
15:26 マグロを頂いて店を出ました
15:38 駅まで歩き電車に乗ります 始発から終点まで
15:39 この電車に乗ります 始発から終点まで乗車
15:40 電車内
16:10 静岡の町に着きました 静岡にも109がありました
静岡駅でお土産を買って新幹線で帰ります。
色々ありましたけど初めての兄弟夫婦の旅で楽しかったです。
行きたいところは沢山あるけど今度行くのはいつのことになるでしょうか?
今日は良く歩きました【26945歩 646Kcal】


ホームへ  トラベルのページへ   ハイキングのページへ