八ヶ岳 硫黄岳(2760m)から天狗岳(2646m) 
                      2005年5月2・3・4日 (晴れ)

第3日目 5月4日
6:07 朝の食事風景
  昨夜も同じですが5時の
  グループと6時のグループに
  分れて食事です。
  連休とあって家族連れが多く
  見受けられました。今日は
  下山なのでゆっくり支度をして
  出発です。黒百合ヒュッテの
  正面はまだ雪が多く残り
  昨日は若者が走って登って
  楽しんでいました。
         
7:04 クサリ場
 6:55に黒百合ヒュッテを出発し
 中山峠に7:03到着です。
 ここからみどり池・稲子方面へ
 降りる事になります。
 さっそく短いですが、クサリ場です。
 クサリを終わると段差のある雪の
 登山道です。アイゼンをつけなく
 ても良さそうなのでそのまま
 いくが、大変歩きにくい道です。
 滑って転んだり、ズボットはまったり
 なかなか大変でした。    
8:32 みどり池到着
   日当たりの良い所は雪が
   消え樹林帯に入ると又雪の
   繰り返しである。ダケカンバ
   の林や唐松の林を抜けると
   みどり池が見えてきた。
   静かな湖面に天狗の姿がうつり
   美しい風景である。
しらびそ小屋 2097m
  「おもてなしのできることは
  ほんのすこし でも・・・
  リスたちとお待ちしてます」
  というキャッチフレーズの
  とおりリスが遊びに来ています。
  しぐさがとっても可愛い。
  満足すると去って又戻って
  ポリポリと食べている。
うそ
  うそと言う鳥も遊びにくる。
  首の所が赤くなっているのが
  雄で下の方にいる地味な鳥が
  雌だそうだ。
  部屋の中に入って写真を
  見せて頂いた。
      スタッフの為のお風呂
  これから入るのだろう
  薪を燃している。
  五右衛門風呂だ。私が子供の
  頃は五右衛門風呂だった。
  釜が鉄で出来ているので
  真中に座らないとくっつくと
  アッチチという事になる
  
9:57 昔の線路
  約1時間遊んで9:35に
  しらびそ小屋を出発する。
  稲子湯に向けて進む。
  樹林帯はまだ雪が残っている。
  昔木を切り出していた線路が
  残っている。
  この辺りは日当たりが良いので
  雪は残っていない。
10:22 緑池・稲子湯・本沢温泉の道標
  稲子湯方面へ進む。
  まだ所々雪が残っているが
  歩きやすい山道である。
      10:36 唐松林
  まだこの辺りは寒いのだろう
  芽吹き始めたばかりだ
  秋になると唐松の黄色が
  美しいだろう。   
10:41 登山口
 緑池・中山峠・本沢温泉
 への登山口
10:54 稲子湯に到着
 時間も早いのでトイレを
 借りてお湯には入らないで
 先へ進む事にする。
 バスの時間もまだまだ先だ。
 11:05稲子湯を出発
 車道を渡り登山道へ入る。
 もう一度車道を渡り登山道へ
 入る。やはり唐松の新緑が
 美しい。桜の花も沢山咲いている。
     
                      登山道を出て車道歩きが続いている。登山靴で車道を歩くのはとても疲れる。
                      だけどのどかな風景が心にしみる。道の両側にはタンポポが群生しているし
                      桜の花やハナモモ、つくしなど春の花が一斉に咲いている。道の脇にはフキノトウが
                      あるので摘むのを楽しみながら歩く。
                      畑では家族の人たちがキャベツを植える為にビニールを張っている。農家の人と話を
                      聞いたりして車道歩きの疲れを何とかごまかして歩く。
11:49 風景
  道の脇にはタンポポの黄色
  後ろを振り返れば白い雪化粧の
  天狗岳.美しい風景だ。
  
 

                      車が後から来て「乗っていくかね」と声を掛けてくださった。
                      東京の方で稲子湯に時々来ると言うことで喜んで乗せていただく事にする。
                      清里まで乗せてくださるということで大いに助かった。
                      清里の観光案内で聞き「吐竜の滝」へ行ってみる事にする。
  
14:09 吐流の滝
  緑の苔に覆われた岩肌から
  いく筋も流れ落ちている姿が
  美しい。滝は人の心を和ませる
 

                       思いがけず八ヶ岳に行く機会に恵まれたことは大変嬉しいことである。
                       桜の花に再びであったことや唐松の美しい姿、ダケカンバ、そして
                       しらびそ小屋での楽しいひと時などなど。
                       好天に恵まれ素晴らしい山を堪能することが出来ました。

八ヶ岳の第一日目のページへ

ホームへ  ハイキングのページへ