夜 叉 人 峠
                   2004年7月10日(土)曇り後雨


                    まだ梅雨も明けないある日の土曜日に「夜叉人峠へ行こう」と
                    誘って頂いた。名前は聞いたことがあるが、まだ行ったことがないので
                    喜んで連れて行って頂く事にした。
                    平山城址公園で待ち合わせ、そして北野駅でYaさんと合流する。
                    Yaさん、スカートをはいている。「えぇー、山へ行くのに何で?」と
                    私は目を白黒。車だからとの事。中央高速を白根ICまで走る。
                    白根町はさくらんぼの産地との事だが、もうその季節は終わって木には
                    一粒も残ってはいない。
                    車は多いが、まあまあ予定通り登山口の駐車場に到着することが出来た。
                    予定は杖立峠から苺平へ行く予定である。


「コース」

          登山口→夜叉人峠→登山口

「Member」
          Aさん Ya あざみ (3名)

夜叉人峠登山口(9:20着)

5〜6名くらいの人が
準備運動をしている。
入口には皇太子殿下が
登られたときの記念碑が
たっている。
雨がポツリときたようだ。
車も結構停まっている。
 10:09 祠  20分余り登ると小さな
 祠がポツンとある。

    炭焼き跡 10:05
    一日ならなどの原木を
    百キログラムほど生産
    していたようである。  

10:05 五本松
一つの木が5つに分かれている。
この辺りからポツリポツリと雨の
音がするようになった。
ザックカバーをつける事にする。
   センジュガンピ
    真っ白でナデシコの花に似ている。
    

 サルオガセ
  櫛形山に沢山見られるそうだが
  私はまだ櫛形山には行ったことがない。
  短い物は見たことがあるが、ここも
  比較的に長いサルオガセが見られた。
  10:27
   夜叉人峠にある道標
   苺平までと思っていたが
   少し様子を見る事にして
   小屋でひと休み。
 夜叉人小屋
  まだ昼にするには早すぎるが
  雨宿りする為にはビールを注文。
  この宿もランプの宿である。
  
夜叉人峠で記念撮影 1770m

11:02
 雨も上がったので杖立峠を
 目指す事にする。
 花が綺麗なので写真を撮り
 ながら進む。
    
 ヤナギラン 
 クガイソウ
11:33
 雨も本降りになってきたので
 傘をさして引き返す事にする。
 登山道では雨で嬉しくなったのか
 あちこちにカエルが出てきて
 我々を驚かす。
12:12
 久しぶりの雨で森の緑も生き生きと
 してとても綺麗だ。
 下山して登山口の小屋で雨宿りを
 しながら昼食にする。
 数人の人が雨の為下りてくる。
 雨のため登山道はものすごい
 勢いで雨水が流れ落ちてくる。
 しばらくすると雨も上がってきたので
 出発して温泉へ。
 
温泉天笑閣
 温泉に入り時間も早いので昼寝を
 する事に。こんなことは珍しい。
 残念だが今回は途中で断念したので
 バスが開通したらもう一度挑戦
 したいと言うことで話がまとまった。

 

ホームへ   ハイキングのページへ