美ヶ原から茶臼山?
                      2004年8月7日(土)曇り後雨

                        バスツアーにて(近畿ツーリスト)


                    美ヶ原最南端の山で静かで北アルプスの展望が良いと言うことで
                    毎月1回のツアーに参加する事にしました。
                    予定通り新宿に7時に着き受付を済ませ、蒸し暑い駐車場でバスを
                    待つ事にしました。参加者は揃ったけれどバスが来ません。
                    渋滞に巻き込まれて30分ほど遅れるとの事です。
                    波乱含みの幕開けとなりました。
                    結局30分遅れで7:45分に出発となりましたが、朝の30分は大変重要です。
                    出発はしたものの、早速渋滞にはまりノロノロ走ります。
                    八王子9:40、相模湖10:05、談合坂10:15着10:40発、原パーキング11:50着
                    12:05発となりお昼のお弁当もバスの中で済ます事になりました。
                    諏訪インターをおりて諏訪大社を過ぎてしばらく行った所で異変が起きました。
                    


「コース予定」  新宿7:15発→中央道→美しの塔→塩クレ場→茶臼山(2007m)
            キャンプ場→三城いこいの広場→上諏訪温泉(入浴)→中央道→新宿

「Member」   43名 うち我が浅草会5名 講師2人(木下・井上先生)添乗員・市川由佳さん

12:45 バスのエンジン付近から煙が

我々グループはバスの最後尾になることが多く、
今回も5人なので最後尾でした。
12:40頃、横を見ると煙が出ています。
そのうちバスが変な音を立てストップ
しました。煙が収まらないので我がリーダー
「俺は逃げるよ」と一番先にバスを下りました。
もし火を噴き始めたら最後尾は一番危険です。
 一人降りると全部の人が降りました。
 このところ突然車から火が出たと言う
 話が新聞をにぎわしております。
 おそらくこのまま走っていたら火を
 吹いていたことでしょう。

 外でバスを待つ間講師の木下先生が
 靴の紐の結び方の講習をして下さい
 ました。
   

その間添乗員の由佳さんが
一生懸命電話をかけ会社との
対応にあたり連絡を蜜にして
不安を取除くようにしてくれています。
まだ半年と言うことですが、明るく
素直に対応しているのがとても
好感が持てました。
乗客の中には遠慮なく添乗員に文句を
言う方もいらっしゃいました。
大勢の中には色々な考えを持った方が
いらっしゃるので、文句を言う方
又それを「一生懸命やっているのだから
この子に言っても仕方がないだろう」と
なだめる方と色々です。
ゲンノショウコ
 フウロソウ科
 待っている間に可愛い花を
 見つけました。
 花期 7月〜10月
 薬草で薬効が現れるから
 「現の証拠」     

 14:05 代わりのバスが来ました
  美ヶ原までこのバスで行く予定です。
  2階建てバスで下はサロン風になって
  いるようです。我々グループは
  一番後ろなので一番先に乗ります。   
 
 14:48 和田峠
     この頃になると凄い雨が降って
     美ヶ原に行っても何も見えない
     状態です。時間も本来なら下山
     の時間です。皆は行かないで
     温泉に行ったほうが良いとの
     意見ですが、旅行会社は行く
     とのことです。再度「行きたい
     人」と言うと誰も手を上げる人は
     いません。またまた会社に電話を
     していかない事に決定しました。
     Uターンして上諏訪温泉へ直行です。
15:28
 ラドン温泉 片倉館
 中央自動車道の諏訪ICを降りて左折、
 諏訪湖に向かう。諏訪湖畔に出ると
 右折して湖岸通りを西へ向かう。
 遊覧船乗り場の少し手前に片倉館がある。
 片倉館は、諏訪に製糸業を起こした
 片倉財閥の2代目、片倉兼太郎氏が
 1928年に造った温泉リゾートである。
 諏訪湖の湖畔の広い敷地に煉瓦造りの
 お城のような洋館が建っている。
 湯船は大きな長方形で深さは腰まである。
 湯温はちょっとぬるめなので長湯ができる。
 湯船の底に黒石が敷き詰められている。
 歩くと足の裏に刺激があって気持ちがよい。
 上諏訪温泉片倉館★★★より

16:12
 2階には200円で休憩所があり
 お風呂上りに早速ビールで乾杯!
 たまたま一人で申し込んでいた
 Niさんも一緒に湯上りビールを
 楽しむ事になりました。
16:57
温泉で一日バスに座っていた
疲れを取り、又最初のバスでは
ない同型のバスに乗ります。
最初のバスは同じ場所に
駐車してその後ろにはクレーン車が
待機していました。

                           毎月1回ツアーを利用して色々な山にハイキングに行って
                           楽しんで居りますが、この処ハプニング続きです。
                           この前は千畳敷カールで落雷騒ぎ、その前は鳥の胸山に
                           行く予定が、ルートが分からず途中下山、そして今回は
                           バスの故障で温泉に行っただけということでした。
                           そもそもバスが30分遅れて来た事からしておかしなことです。
                           渋滞がありそうならそれを予測して早めに出発すべきです。
                           我がグループのおじ様たちは自分の娘くらいの添乗員の由佳ちゃんが
                           とても良く対応していたのが気に入ってハプニングがあったけれど
                           満足した様子でありました。                                

 

ホームへ   ハイキングのページへ