剣 岳(2,999m)
馬場島〜松尾平〜早月小屋〜剣岳〜剣山荘〜室堂〜扇沢
2017年8月26日(土)〜30日(水)4泊5日
 今年の夏は剣岳に決まりましたが結果はとてもきつい剣岳登山で満身創痍で帰ってきました。
 剱岳は日本百名山、日本三大岩峰で、一般ルートで登れる山の中では最も危険と言われてます。
 山頂まで標高差2,200mの早月尾根は、いつも甲斐駒ヶ岳の黒戸尾根と並ぶ国内屈指の急登で
 北アルプス三大急登の一つに数えられてます。
 登りはじめるといきなり急登です。
 かなり一気に高度を上げたのち少し傾斜が緩やかになリ緩い登りの後に標高 1000mの標識があります。
 木のベンチがありそこは平尾平と思われます。少し平坦な登山道を行くとそこからは急登が続きます。
 1000mから上は,標高が200m 上がるごとに標識があるのですが山での200mは遠く感じられました。
 ネットで調べると水を6リットル持って行ったとかとても厳しかったと言う事がほとんどでした。
 そのような方は日帰りで往復と言う方達です。
 それをKataさんに言うとそのような人はトレランをやっている人達だと言う事です。
 時間をかけて登れば行けると言う事です。
 だから日にちはたっぷりとって予定を立ててくれました。
 ただ今回感じたことは殆ど下ってくる方が多かったのですが、登っている私達は無視して我先に
 下って来る人がほとんどでした。泥んこの所を私が登っているにも関わらず突っ込んでくる人がいて
 私は泥んこの中に足を突っ込むと言う事がありました。
 もう少しルールを守って楽しい山登りをしてほしいと痛感しました。

   「交  通」  自宅7:40→7:51(バス)→市川駅快速8:23発→東京8:41着9:20発(新幹線かがやき507号)→富山11:34着電鉄富山11:51発→上市12:16着

   「コース」  第1日目(8/26) 東京〜富山〜上市〜湯神子温泉(ゆのみこ)(泊)
              第2日目(8/27) 湯神子温泉〜馬場島〜松尾平〜早月小屋(泊)
              第3日目(8/28) 早月小屋〜剣岳〜カニの横ばい〜平蔵のコル〜平蔵の頭〜前剣の門〜前剣〜一服剣〜剣山荘(泊)
              第4日目・5日目(8/29・30) 剣山荘〜剣御前小屋〜雷鳥沢〜室堂〜扇沢〜大町山岳博物館〜松本〜新宿
   「Menber」 Kataさんと私の2名

          第一日目(8/26):東京9:20富山11:34〜上市12:16湯神子温泉13:52(泊)
9:06 東京駅 かがやきが入ってきました
社内 比較的すいていました
11:34 富山駅に到着しました
11:39 電鉄富山駅 ここから上市迄行きます
11:42 上市迄行く電車ですのでこの電車に乗車します
12:16 上市駅に到着しました 案内所で食事処を聞きました
2か所教えてくれました 徒歩で探しながら行きます
13:24 都と言う蕎麦屋さんへ入りました 昼時なので混んでました
13:52 タクシーで湯神子温泉へ行きました 
電話でほかの山小屋を頼んだら満杯で断られたようです
13:52 受付をします
14:15 フロア 館内には布製の顔のない人形などが飾られています
14:24 このような人形や花など館内に飾られていました
17:54 夕食 朝食は頼んでないのでコンビニでパンなど買いました
          第二日目(8/27):湯神子温泉(タクシー)〜馬場島7:07松尾平8:11〜早月小屋(泊)14:30
            早月小屋へ向かいます
6:48 タクシーで馬場島まで来ると沢山の自家用車が停車しています
6:49 馬場島荘に登山届を提出します
7:07 馬場島壮を出発します
7:11 仰剣岳 早月尾根の石碑が立っています
7:14 試練と憧れ ネットを見ると必ずこの写真があります
7:15 私達も写真を撮って試練を乗り越えて憧れの山に挑みます
7:16 剣岳に祈る
7:16 剣岳の諭/center>
7:17 登山口 早月小屋の宿泊は予約が必要とあります
7:25 登山道
7:25 登山道 段差の大きい登山道です
7:33 登山道
7:34 コイワカガミの葉が群生しています
7:38 ノリウツギ(糊空木)アジサイ科の落葉低木
7:41 登山道 ここは緩やかな上り坂です
7:43 大きな形の変わっている木
7:48 登山道
8:00 登山道
8:05 登山道 階段状の登山道が多いです
8:09 オクモミジハグマ(奥紅葉白熊)キク科の多年草
8:11 小窓尾根の方角 松尾平 1000mからの展望
8:12 標高1000m
松尾平で小休止します。
若い男女のパーテイーが登ってきました。
この早月尾根を登る人は少ないと言われておりますが決行登ってきます。
8:15 松尾平
8:18 松尾平を出発します
8:20 登山道 泥んこ道です 
上から下って来た人が突っ込んできて私はズボンが泥まみれです
8:22 ユキザサ(雪笹)ユリ科の多年草
8:29 登山道 追い越して行った人たちがいます
8:33 マイズルソウ 真っ赤になると宝石のルビーのようです
8:35 登山道 木の根が張り出しています
8:39 大きな古木です
8:43 登山道
8:49 コブシ(辛夷)モクレンの落葉広葉樹の高木
9:01 ツクバネソウ(衝羽根草)ユリ科の多年草
9:03 登山道 木の根が張り出し木の間を通ります
9:12 登山道
9:15 オオカメノキ(大亀の木)レンプクソウ科 
実の枝は赤くサンゴのような形をしている。
9:15 ガクナン オオミヤマウズラ(大深山鶉)
葉が良く分からないのでミヤマウズラ(葉に斑点が着く)かもしれない
9:20 標高1200m
9:24 登山道 かなり急登です
9:30 階段を登ります
9:31 ベニナギナタタケ 毒キノコです
9:33 ツルリンドウ(蔓竜胆)リンドウ科の多年草のつる植物
沢山あったのですが蕾ばかりでやっと花が開いてました
 
9:34 登山道 かなり急登です
9:39 調べたけれど何の実かわかりません アカモノの実?
9:41 登山道
9:46 登山道 木の根を利用した梯子
9:52 登山道
9:53 登山道 急な登りです
9:56 シロバナニガナ(白花苦菜)キク科 の多年草
9:58 登山道
10:13 登山道
10:15 標高1400m
10:27 ツクバネソウ(衝羽根草)ユリ科の多年草
10:27 登山道
10:32 ホツツジ(穂躑躅)ツツジ科の落葉低木
雌しべが長くほぼまっすぐに伸びるのが特徴
10:35 ツルリンドウ 綺麗なので撮ってあげました
10:36 登山道
10:41 オヤマリンドウ(御山竜胆)リンドウ科の多年草
10:43 登山道
10:44 ゴゼンタチバナ(御前橘)ミズキ科の多年草である
10:45 標高1600m
10:47 ゴゼンタチバナ 多くの実をつけています
10:50 展望
10:50 登山道
10:51 ハクサンオミナエシ(白山女郎花)別名 コキンレイカ
10:52 登山道
10:59 登山道
11:15 登山道
11:30 登山道
11:37 登山道 岩の登山道です
11:46 標高1800m まで登ってきました
11:47 タケシマランの実?
11:47 登山道
12:00 登山道
12:06 登山道
下山してきた方がいらっしゃって「撤退します 早月小屋で断られたので残念だけど撤退します」と
下って行かれました。
登山口に【予約必要】予約がなければ断る場合もあると書かれていました。
剣岳は絶対予約が必要だそうです。
12:10 ヤマハハコ(山母子)キク科の多年草
12:07 登山道
展望
12:30 イワイチョウ(岩銀杏)の蕾 ミツガシワ科
12:33 オトギリソウ(弟切草)オトギリソウ科の多年生
12:36 クガイソウ(九蓋草)オオバコ科の多年草
12:40 ハナチダケサシ(花乳茸刺)ユキノシタ科の多年草
12:41 登山道
12:43 エンレイソウ(延齢草)ユリ科の多年草
12:44 シモツケソウ(下野草)バラ 科
12:45 登山道
12:51 登山道
12:59 イワナシ(岩梨)ツツジ科の常緑小低木
13:01 ミヤマカラマツ(深山落葉松)キンポウゲ科の多年草
13:01 登山道
13:02 ゴゼンタチバナ 高度が上がってきたので花が咲いてました
13:06 イワイチョウ
13:10 ベニバナイチゴ(紅花苺)食べてみましたが苦かったです
13:11 標高2000mまで登ってきました
13:19 登山道 下って来た方が池がありますよと教えてくれました
13:27 展望 ガスがわいてきました
13:29 登山道
13:30 池塘 サンショウウオと卵が沢山ありますよとの事です
13:31 サンショウウオ 沢山いましたがピンボケです
13:30 池塘 卵を探したのですがわかりませんでした
13:33 登山道 何故だかここだけ登山道は砂です
13:33 登山道
13:35 スミレが咲いていました
13:38 登山道
13:45 登山道
13:51 登山道
13:55 登山道 木を利用した梯子
14:07 登山道
14:14 シラタマノキ(白玉の木)ツツジ科の常緑小低木
14:18 登山道
14:21 名前がわかりません
14:22 登山道
14:25 登山道 広い所に出ました
14:27 登山道
14:28 ツマトリソウ(褄取草)サクラソウ科の多年草
14:28 マイズルソウ(舞鶴草)スズラン亜科の多年草
14:29 アカモノ(赤物)ツツジ科の常緑小低木
14:29 ミヤマダイモンジソウ(深山大文字草)ユキノシタ科
14:29 ゴゼンタチバナ(御前橘)ミズキ科の多年草
14:29 エゾシオガマ(蝦夷塩釜)ハマウツボ科の多年草
14:30 早月小屋の到着です 馬場島を出発して7時間23分でした
14:31 昔は伝蔵小屋と言ってたそうです 現在は早月小屋
予定では6時間でしたが急登あり段差の大きい所有りで約1時間半の遅れでした。
明るいうちに着けたので良かったと思います。
電話で2600m付近で滑落した人がいると小屋の人が電話をしていました。
しばらくしたらヘリが飛んできてしばらく旋回していましたが収容できたのかどうか?
ここは水がないので現金で購入します。
水不足の経験があるので不足しないように購入していきます。
14:40 早月小屋に着いて夕食までに時間があるので
ベンチで缶ビールでお疲れ様でした
14:53 富山のヘリが飛んできて探しています

第二日目の剣岳登頂のページへ


ホームへ   ハイキングのページへ