剣 岳(2,999m)
馬場島〜早月尾根〜松尾平〜早月小屋〜剣岳〜剣山荘〜室堂〜扇沢
2017年8月26日(土)〜30日(水)4泊5日
   「コース」  第1日目(8/26) 東京〜富山〜上市〜湯神子温泉(ゆのみこ)(泊)
              第2日目(8/27) 湯神子温泉〜馬場島〜松尾平〜早月小屋(泊)
              第3日目(8/28) 早月小屋〜剣岳〜カニの横ばい〜平蔵のコル〜平蔵の頭〜前剣の門〜前剣〜一服剣〜剣山荘(泊)
              第4日目・5日目(8/29・30) 剣山荘〜剣御前小屋〜雷鳥沢〜室堂〜扇沢〜大町山岳博物館〜松本〜新宿
      第三日目(8/28)今日はいよいよ劔岳に挑みます
               早月小屋6:15剣岳12:40〜カニの横ばい13:38平蔵のコル14:20平蔵の頭14:29
              前剣の門
15:28〜前剣16:01〜一服剣17:31〜剣山荘(泊)18:16
6:15 朝、小屋の前からの展望
5:22 早月小屋よりの展望
5:25 朝食 5時半からの朝食ですが起きたのが5時でした
部屋の人達は皆出かけてのんびりしていたのは私達だけでした
6:13 出発前に記念撮影
6:13 出発前に記念撮影
6:14 早月小屋 昔は伝蔵小屋と呼んでいたようです
昭和46年「伝蔵小屋」として、お父様(佐伯伝蔵)により開設されました。
お父様が亡くなられた後伝蔵長男の方が、三十余年に渡り勤めた富山県警山岳警備隊退官を機に
この小屋を受け継ぐこととなったようです。
6:14 今でも伝蔵小屋の看板は残しているようです
6:15 早月小屋を出発します 
テントの方もたくさんいらっしゃるようです
6:16 ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)キンポウゲ科の多年草
6:17 道標 剣岳へ2.9km
6:17 登山道
6:17 ここにもスミレが沢山咲いています
6:18 登山道
6:19 キヌガサソウ(衣笠草)ユリ科の多年草
6:19 キヌガサソウ まだ白い色をしています
6:24 登山道
6:27 登山道
6:31 登山道
6:37 登山道
6:43 エゾシオガマ(蝦夷塩釜)ゴマノハグサ科
6:44 登山道 ロープが出てきました
6:46 早月小屋が下の方に見えています
6:46 登山道 岩のゴロゴロした登山道を登ります
7:03 登山道
7:08 
7:09 登山道
7:11 ハクサンオミナエシ(白山女郎花)オミナエシ科の多年草
別名、コキンレイカ
7:13 登山道
7:20 道標 ここは2400mです
7:27 登山道
7:30 ミヤマアキノキリンソウ(深山秋の麒麟草)
キク科の多年草の高山植物
7:36 登山道
7:40 登山道 いよいよ岩が出てきました
7:41 登山道
7:44 登山道
岩を乗り越えて進みます
7:46 展望 パノラマで撮ってみました
7:47 登山道
7:48 ナナカマドの実が色づいていました
7:51 登山道
7:53 オオヒョウタンボク(大瓢箪木)スイカズラ科の落葉低木
8:00 登山道 岩を登ります
8:08 登山道
8:13 登山道
8:19 オオヒョウタンボク
8:24 登山道
8:29 タテヤマアザミ
8:36 展望
8:44 現在地は2600m 剣岳頂上へは1.6km
8:44 すぐそばの石に書かれた標高 2800に見えます
8:45 展望
8:45 展望
8:47 登山道
8:52 アオノツガザ小岩鏡)イワウメ科の多年草
8:53 イワカガミ(岩鏡)イワウメ科の多年草
コイワカガミは花の向きが横向きで葉にギザギザが無くイワカガミより小さい
イワカガミは花の向きが下向きです
8:53 チングルマ(珍車)バラ科の落葉小低木の高山植物
8:57 オヤマリンドウ(御山竜胆)リンドウ科の多年生
8:58 登山道
8:59 ヨツバシオガマ(四葉塩釜)ゴマノハグサ科の半寄生の多年草
9:03 クロトウヒレン(黒唐飛廉)キク科の多年草
9:04 ミヤマトリカブト(深山鳥兜)キンポウゲ科
9:04 ミソガワソウ(味噌川草)シソ科の多年草 花期は7−8月
9:05 ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)キンポウゲ科の多年草
9:08 ハクサンボウフウ
9:08 登山道 岩を登ります
9:10 何あざみ?
9:10 登山道
9:14 登山道
9:16 タカネマツムシソウ(高嶺松虫草)マツムシソウの越年草
途中であった男性がマツムシソウが綺麗でしたねと声をかけて下さった
9:19 登山道
9:21 トウヤクリンドウ(当薬竜胆)リンドウ科の多年草の高山植物
9:24 クルマユリ 上を向いたら咲いていました
9:27 登山道
9:38 登山道
9:41 登山道
9:46 イワベンケイ(岩弁慶)ベンケイソウ科の多年生草本
9:53 登山道 岩登りが続きます
9:57 登山道
9:58 イワツメグサ(岩爪草)ナデシコ科ハコベ属の多年草
10:07 タテヤマリンドウ(立山竜胆)リンドウ科の越年草
10:07 ウサギギク(兎菊)キク科の多年草の高山植物
10:11 お花畑 お花畑があると嬉しいですね
10:12 登山道
10:18 登山道 鎖が出てきました
10:22 展望 青空が美しいです 秋の雲ですね
10:25 登山道
10:35 登山道
10:44 2800mまで登ってきました 
私の写真がないのでここで記念撮影
10:46 登山道
10:50 登山道
11:05 チシマギキョウ(千島桔梗)キキョウ科の多年草
花は長さ4cmほどの釣り鐘形で横向きに咲き、毛が生えています
11:09 ライチョウ(雷鳥)子供は砂浴びをしているようです
11:10 ライチョウに出会うとやはり嬉しいです 今年も会えました
11:19 登山道
11:24 登山道
11:26 登山道 鎖場です
11:33 クモマグサ(雲間草)ユキノシタ科の耐寒性多年草
11:33 クモマグサの花をアップにするとこんな感じです
11:57 鎖場の登山道
12:14 鎖場を登ります
12:21 道標 剣岳山頂はもうすぐのようですがきついです
12:21 登山道
12:23 道標 この道標を見落とさないようにとネットに書いて
ありました
12:29 Kataさんはもう劔岳の頂上に立っています
13:40 劔岳山頂に到着です 2990m
12:45 劔岳山頂 4〜5人の人がいました
12:52 剱岳山頂はこんな岩ばかりです
早月小屋を出発して剱岳山頂まで5時間25分かかりました。
3時間の予定でしたが私が時間を取ってしまって大幅に遅れてしまいました。
剱岳山頂で簡単に昼食をとることにしました。
山頂には4〜5人ほどいました。
2人で記念撮影をお願いしたのですが写っていませんでしたので一人づつの
写真になりました。残念ですがガスがわいてきて展望はありませんでした。
13:02 展望はこんな感じです
13:06 山頂より少し下った所からです 下山開始です
13:06 岩の下山道ですので注意して下ります
13:21 登山道
13:28 登山道
13:29 登山道
13:31 登山道
13:37 登山道 鎖場を下ります
13:38 カニのよこばい いよいよ有名なカニのよこばいを下ります
カニのたてばいは登り専用でよこばいは下り専用です
13:40 初めてのセルフビレーをやります 
人がいなかったので気兼ねなく挑戦できましたが下手くそです
13:50 カニのよこばい
13:56 カニのよこばいが続いています
14:01 垂直に近い長〜い梯子を下ります
14:06 登山道 長〜い梯子の後は鎖場です
14:11 危険な鎖場を過ぎてちょっとホッとする登山道です
14:11 トイレがありましたが素通りしました
14:11 登山道 
14:13 山頂ではガスがわいて見えなかったのですが少し下った展望
14:17 登山道 岩場の登山道です
14:17 登山道
14:20 別山尾根ルート 平蔵のコル
14:24 登山道
14:26 下って来た登山道
14:29 登山道
14:29 別山尾根ルート 平蔵の頭
14:42 登山道 鎖の登山道
14:54 登山道
14:57 登山道 ケルンが見えてきました
15:28 別山尾根ルート 前劔の門
15:28 別山尾根ルート 前劔の門
15:36 登山道
15:37 登山道
15:38 このような注意書きがありました
15:46 登山道
15:46 登山道
16:01 別山尾根ルート 前劔
16:05 登山道
16:10 登山道
16:56 浮き石落石に注意
16:57 登山道 ザレ場なので滑らないように下ります
17:02 ハクサンフウロウ(白山風露)フウロウソウ科
17:18 チングルマ綿毛
17:18 登山道
17:22 登山道
17:24 道標
17:26 登山道
どの辺りだったでしょうか?
時間が大幅に遅れているのでKataさんが剣山荘に電話しようと思っていたのですが
後から追い越して行くパーテイーがいたので遅くなると言う事を伝えてほしいとお願いしました。
早月小屋から剣山荘迄7時間と予定していたのですが12時間もかかってしまいました。
17:31 登山道
17:37 下の方に小屋が見えています
17:38 振り返って 一服劔
17:50 道標
17:55 登山道 ザレ場なので滑らないように慎重に下ります
17:58 登山道 鎖場を下ります
18:03 お花畑
18:09 登山道 もうすぐ剣山荘です
滑らないように注意しながら下りますのでどうしても遅くなります
18:16 やっと剣山荘に到着しました。
食事は遅い時間なので特別に二人だけ作ってくれました。
もう私はくたくたで12時間も鎖場や岩場を歩いたので疲れました。
足それも岩場を歩いたのでふくらはぎではなくももが痛いです。
こんなに遅くなるとは自分自身も思ってもみませんでした。
やはり年なのでしょうか?
以前、大キレットや飛騨泣き、長谷川ピークなどありましたが
今回が一番疲れたように思います。
部屋は2段ベットですが満席ではありませんでした。
部屋に入るとすでに いびき が聞こえています。
また今晩も寝られそうにありません。

第1日・2日目の早月尾根から早月小屋のページへ  第4日・5日目の剱山荘から下山のページへ

ホームへ   ハイキングのページへ