1374m
笹子駅〜鶴ヶ鳥屋山〜初狩駅

2013年6月5日(水)曇り・一時雨
 

 今日は【鶴ヶ鳥屋山】に行ってみようという事になりました。
 水曜日のメンバーはいつも3人なのですが、今日は「かどや山行会」のリーダーのUtuさんも
 一緒に行く事になりました。この処「かどや山行会」はお休み状態なのです。
 【鶴ヶ鳥屋山】は初めての山ですので楽しみです。秋の紅葉が素晴らしいとネットにありましたので
 出来れば秋に行ってみたいです。
 今日の天気は曇り空で富士山は見えませんでした。



   「交  通」  JR市川駅7:02発→お茶の水(乗換)7:27着 7:30発(中央快速)→高尾駅8:34着 8:46発→笹子9:39
   「コース」  笹子駅9:59発→林道終点10:27→鉄塔11:41→林道11:55 12:01発→本社ヶ丸分岐12:41→清八峠分岐13:36
                     鶴ヶ鳥屋山14:00(昼食)14:32発→林道15:22→恩六二九の石標15:37→治山堰堤16:24→近ヶ坂橋→登山口16:45→初狩駅17:26

   「Menber」 Aidaさん・Koikeさん・Utuさんと私の4人

     笹子駅〜鶴ヶ鳥屋山まで 約4時間でした
9:57 笹子駅 無人駅 トイレを済ませます
笹子で下車したのは私達4人だけでした
9:57 案内板 駅の前にあります
9:58 案内図
9:59 笹子駅を右に突き当りまで進みます
10:01 わずかな距離ですが突き当りまで
10:02 突き当たると道標があるので左に進みます
熊出没の看板があるので鈴をつけます
10:02 笹一酒造を左下に見て進むと建設会社の車両が止まっています
10:09 登山道 船橋沢に沿う林道です
10:15 フタリシズカ
10:16 登山道
10:27 登山道
10:29 林道が終わり沢を渡ります
10:30 沢を渡り登山道へ入ります
10:31 鶴ヶ鳥屋山の道標です
10:32 登山道
10:32 登山道
10:34 沢へと下ります
10:35 沢を渡ります
10:35 登山道 沢を渡ると登山道へ入ります
10:38 登山道 沢を右に見て進みます
10:39 沢を渡ります 何度も渡渉するようです
10:41 登山道
10:44 エンレイソウ 花は終わって実がついているようです
10:44 またまた沢を渡ります
ガクウツギが咲いていて強い香りがしています
10:46 ガクウツギ もう終わりなので香りはしていません
10:47 沢を渡ります
10:49 道標
10:50 登山道 ここから本格的な登山道で急登です
10:52 登山道
10:58 登山道
11:01 登山道 急登が続いていますが木々が美しい色です
11:09 急登が続きます
11:14 登山道 どこまでこの急登は続くのだと上を見上げます
11:15 登山道
11:21 登山道
11:29 登山道 途中で私が先に行く事にしました
11:38 登山道
11:40 ヤマツツジが咲いています 緑の中に赤いつつじが綺麗です
急登が続き喘ぎ喘ぎ登ってきました。途中で何度も休みました。
でも私はこの急登で体力が少しは戻ってきたことを感じていました。
体力減退を感じ何とかしなければと思っていたのでマッサージをしたりしていました。
足がカチンカチンだったので足が重くてどうしようもありませんでした。
毎週2回歩いているので何とか歩けるのでしょう。
11:41 鉄塔
11:43 鉄塔を過ぎると階段が続きます
11:46 コアジサイ(小紫陽花)まだ固い蕾ばかりです
11:51 登山道
高尾山は綺麗に咲いてとても良い香りがしていたのですが、ここは標高も高いので
まだ咲いていないのでしょう。咲くのはまだ先のようです。
11:54 階段がづっと続いています 前歩で林道だよの声です
11:55 林道にある道標 ここは本社ヶ丸へ行った時の林道です
12:01 林道を横切り梯子を登ります 登った先はコンクリでした
このあたりは1130mです
12:04 登山道
ここから本社ヶ丸が見えているのですが木の間からなのでもっと先に行けばよく見えるだろうと
思いこのまま進みます。
12:05 ヤマツツジ 木々の間に控えめに咲いているのがいですね
12:06 ナルコユリ 葉が丸いのでワニグチソウかと思ったのですが
違っていたようです
12:09 登山道
12:11 ギンラン(銀蘭)ラン科キンラン属の多年草 高さは30-50cm
ギンランは葉より花序が高くなるが、ササバギンランは花序より葉が
高い位置にくるか同じ高さとなる
12:13 登山道
12:14 イチヤクソウ(一薬草)イチヤクソウ科の多年草
12:18 登山道
12:18 クルマバツクバネソウ(車葉衝羽根草)ユリ科ツクバネソウ属
クルマバツクバネソウの花は終わってしまったようです
上に緑の4枚の葉があるように見えますが、これは外花被片(がいかひへん)という花びら状になった咢です
花びらは外花被片の間から垂れ下がる緑のドジョウ髭です。つんと突き出した黄色い髭はオシベです
12:22 登山道
12:27 登山道 小刻みにジグザグの登山道です
12:28 登山道
12:29 ヤグルマソウ(矢車草)ユキノシタ科の多年草 葉柄は50cm
Rodgersia(ロジャージア)はアメリカの海軍士官「Rodgers さん」が
函館で当属植物を採集したのを記念して命名しました。
ヤグルマソウを見ると深山に来たように思うのは私だけでしょうか。
12:31 ヤグルマソウの花
12:31 ヤグルマソウ 全体像
12:33 登山道
12:40 登山道
12:41 本社ヶ丸との分岐
12:42 ここで休憩です
12:53 10分ほど休憩して出発します
12:55 登山道
12:59 ツクバネウツギ(衝羽根空木)スイカズラ科の落葉低木
果実の先端に5枚の萼片が残り羽根突きの羽根に見えるのでついた名
13:00 登山道
13:02 登山道 アップダウンを繰り返します
13:04 ツツジ とても鮮やかな色のツツジです
13:04 登山道
13:10 登山道
13:11 登山道 滑りやすいので注意して下ります
13:13 トリカブト 群生しています
13:15 登山道
13:20 登山道
13:20 登山道 見晴らしの良い所へ出たようです
13:22 三ッ峠
13:22 本社ヶ丸
13:27 登山道
13:28 登山道
13:33 ツクバネウツギ 白い沢山の花をつけて素晴らしいです
13:38 道標 清八峠との分岐です
13:37 左に三ッ峠 右に本社ヶ丸を望みます
13:38 木の間からこれから登る鶴ヶ鳥屋山が見えます
13:40 登山道 雨がポツリポツリと落ちてきました
13:41 登山道
13:44 登山道 ヤブレガサが群生しています
13:45 倒木ですが上の方の半分は生きているようです
13:47 登山道 ブナの木が沢山あります
13:51 上り坂が待っているようです
13:53 登山道
雨の音が激しくなってきましたが。樹林帯の中なので傘をさす必要もありません。
14:00 鶴ヶ鳥屋山に到着しました
14:00 鶴ヶ鳥屋山山頂 1374m
鶴ヶ鳥屋山について昼食にします。今日は珍しくAidaさんは缶ビールを持ってきていませんでした。
Utuさんはワンカップを持ってきてました。Koikeさんは昼食を持て来てなかったのでおにぎりを皆で
分配です。生憎富士山は全然見る事はできませんでした。
山頂は誰もいません。途中でも誰にも会いませんでした。
林道に出るまでが急登が続きました。喘ぎ喘ぎ登ることになりました。
林道からの登山道はアップダウンを繰り返しながら登りましたが、ブナの木やミツバツツジの木が登山道の
両側には沢山あり花の頃はさぞ綺麗だったろうと思います。リョウブの木も沢山見られました。
山頂はお弁当を食べた足元に一輪チゴユリが咲いていました。トリカブトも群生しているので花の頃は綺麗だろうと
思います。
14:20 チゴユリが一輪
14:21 ツクバネウツギが咲いていました 綺麗ですね
14:21 トリカブトの群生
14:28 鶴ヶ鳥屋山山頂にて セルフで撮りました 1374m
昼食の後皆で記念撮影です。
私達の他には誰もいないので三脚を立ててセルフタイマーで撮ることにしましたが
セルフはあまり使わないのでシャッターを押したつもりが電源を押していたりして
何度もやり直ししながら撮りました。
     鶴ヶ鳥屋山から初狩駅へ下山 約2時間54分でした
14:32 鶴ヶ鳥屋山山頂を出発します
14:35 登山道
14:44 登山道
14:47 登山道
14:49 登山道
14:51 登山道 滑りやすい登山道です
14:59 登山道 この辺りはとても気持ちの良い登山道です
15:07 登山道 滑りやすい登山道です
15:12 登山道 ロープが張ってあり立ち入り禁止です
15:15 登山道
15:18 登山道 ロープが張ってあります
15:20 登山道 林道が下の方に見えてきました
15:20 ギンラン
15:21 林道への出口です
15:22 この階段を下ってきました
15:27 林道へ出て左へ進みます
15:28 初狩駅への登山道です
15:28 登山道
15:30 一際鮮やかな色のツツジです
15:34 登山道
15:37 道標 近ヶ坂橋は右方向です 唐沢橋は難路とあります
15:38 石標 恩六二九と刻まれているらしいが読めません 
15:41 近ヶ坂橋方向に進みます
15:46 登山道 赤松が右手に見えてきました
15:46 マルバウツギ まっ白でとても綺麗です
15:47 マルバウツギ 今が旬という感じで本当に綺麗です
15:51 登山道
15:56 マルバウツギの間を進みます
16:01 登山道
16:18 登山道
16:23 登山道 右下に沢が見えてきました
16:18 治山堰堤
16:24 登山道
16:26 沢を渡ります
16:26 登山道
16:27 林道
16:30 林道
16:32 桑の実がなっていますが食べるにはまだ少し早そうです
16:34 ミミズが出て来たのかと思ったのですが幼い蛇でした
16:38 オオバアサガラ(大葉麻殻)エゴノキ科の落葉高木
遠くの方に白い藤の花のように垂れ下がっている木がありました。望遠で撮ってみました。
植物図鑑で見た事のある花で、以前から見たいと思っていました。
初夏の沢沿いの林に房状の白い花序 をぶらさげる落葉小高木で樹高7〜10mになります。
16:38 オオバアサガラ 望遠で撮りました
16:45 登山口
16:46 車道を歩きます
16:47 岩殿山が見えています
16:50 オオバアサガラ 車道脇で間近で見る事が出来ました
17:03 車道歩きが続きます
17:12 リニアモーターカーの線路の下をくぐります
17:23 踏切を渡ります
17:13 ビロードモウズイカ(ビロード毛蕋花)
ヨーロッパ及び北アフリカとアジア に
原産するゴマノハグサ科モウズイカ属の植物
17:23 ビロードモウズイカ 全体像 草丈1〜2m
つい先日滝子山に行った時Kanさんから教えて頂いた花ですが、その時は花が咲いていませんでした。
黄色い花が咲くと言われていたのですが、実際見られたことは嬉しいです。
やや乾燥気味の石灰質土壌に適しているそうでコンクリートの所に咲いていました。
17:26 初狩駅に到着しました
18:44 相模湖駅に到着しました
初狩駅に到着して10分ほどで電車がきます。
電車に乗車して途中の駅で待ち合わせを
するので何回か停車して動きません。
おまけに社内でトラブルが起きたという事で
ごたごたやっています。
初狩駅から相模湖駅まで1時間もかかりました。
相模湖駅で下車して「かどや食堂」で打ち上げです。
Soさんご夫婦が待っていてくれました。

鶴ヶ鳥屋山は林道までは急登が続き疲労困憊でしたが
その後はアップダウンがあったけれど良い山行き
でした。秋の紅葉にもう一度行けたらいいなと
思います。
毎週歩く事が必要と感じた山行でした。

ホームへ   ハイキングのページへ