高麗峠〜多峯主山(271m)〜吾妻峡
飯能駅〜高麗峠〜高麗川(ドレミファ橋)〜巾着田〜多峯主山(とうのすやま)〜吾妻峡
2016年3月20日(日)晴れ

 今年も飯能を歩こうと計画されたようで連絡を頂きました。
 飯能駅10時集合なのでゆっくり家を出ることが出来ます。
 幹事はTakeさんで子供さんがまだ小さかった頃はよくいらっしゃったそうです。
 狭い道を通りますが時々広い道に出会うので車に気を付けてと言う注意がありました。
 先ず飯能駅から高麗峠を目指します。
 Doiさん、Utaさん、Miwさん、Uさんは青梅マラソンを走った方々なので健脚だし
 百名山を目指していてもう少しで達成するそうです。


   「交  通」  自宅7:00→バス(7:14)→市川駅7:33発→秋葉原7:59発→池袋(西武池袋線急行飯能行)8:35発→飯能9:25着


   「コース」  飯能駅〜高麗峠〜高麗川(ドレミファ橋)→巾着田→飯能河原(昼食)→
               多峯主山→吾妻峡→飯能駅

   「Menber」 Takeさん・Miwさん・Utaさん・Doiさん・Marさん・Uさん・Mabさん・Motさん・Kosさんと私の10名

9:25 飯能駅に到着しました
10:11 八幡神社を右手に見て歩きます
10:13 お寺さんの前で立ち止まり
10:19 線路脇に出ました
10:19 踏切を渡ります
10:24 弁財天
10:27 お寺さんへ
10:28 参拝
10:29 真っ赤なボケが綺麗でした 登山道
10:30 サンシュユが満開でした 登山道
10:31 登山道 黄色いのはサンシュユです
10:33 登山道
10:41 奥武蔵自然歩道入口
10:44 いよいよ自然歩道へ入って行きます
10:45 道標
10:45 登山道
10:49 登山道
10:49 登山道
10:53 道標 高麗峠・巾着田・宮沢湖方面に進みます
10:53 登山道 こんな物がありました
10:53 登山道
10:55 道標
10:56 登山道 広い所に出ました
11:02 登山道 左に進みます
11:02 大岳山がうっすらと見えています
11:05 富士山がここから見えるようです
ここでUさんがスマホを取り出して大岳山にカメラを向けました。
すると大岳山の近くの山の名前が出てきました。
私はガラ携なので知らなかったのですが便利だなぁとみんなで感心しました。
来年はスマホだと言ってます。ダウンロードすれば見られるようです。
山から戻ってあれは何の山だったかしらと思ってもわからない時がありますので
これがあればとても便利です。
花もあるようです。
11:06 富士見ポイント
11:07 出発します
11:08 ウグイスカグラ(鶯神楽)スイカズラ科
11:09 登山道
11:13 道標 高麗峠177m
11:14 ここが高麗峠 峠と言うより登山道の一部のようです
11:14 高麗峠を出発します
11:14 道標 巾着田まで1kmです
11:15 登山道
11:20 登山道
11:21 登山道
11:28 登山道
11:31 登山道
11:35 登山道
11:36 道標 これからドレミファ橋へ向かいます
11:36 ドレミファ橋です ここは木の橋です
11:37 ドレミファ橋を渡ります
11:38 道標
11:40 巾着田曼珠沙華公園にあるトイレです
11:41 巾着田曼珠沙華公園 彼岸の頃には大勢の人が
曼珠沙華の写真を撮りに来ます
11:41 公園の中にはヒメオドリコソウが群生しています
11:41 菜の花 写真を撮ろうとカメラを構えている女性がいます
11:47 沢に沿って歩きます Takeさんが昔子供さんを連れて良く遊びに
来た頃は自然の川で魚が沢山泳いでいたそうです
11:51 水車
11:55 あぜ道 子供の頃は農業を手伝っていたので良く歩きました
11:57 河原に出ました
11:58 キジムシロ
12:24 昼食 皆さんいろいろ作って来て下さいます
12:41 昼食を終えて出発します
12:42 ジョウビタキの雄です
12:46 さくら
12:46 さくら
12:48 鹿台橋を渡ります
12:50 登山道
12:50 オオイヌノフグリ(星の瞳)とヒメオドリコソウ
12:58 この先は高麗駅です 通過します
オオイヌノフグリと言う花は可愛い花なのになぜこんな名前がついたのか可哀想に思います。
漢字で書くと「犬の陰嚢(ふぐり)」で種子の形が似ていることから付いた名前のようです。
葉の下に隠れ、葉をかき分けてみないと、このような種子がぶら下がっているのは解らない。
今度このような種子がぶら下がっているか見てみようと思います。
「瑠璃唐草」(るりからぐさ)「天人唐草」(てんにんからくさ)「星の瞳」(ほしのひとみ)などと
いう呼び名もあるようです。
13:14 登山道 民家の間を通ります
13:22 登山口 昨年はここに下って来たけど今日は逆にここから登ります
13:23 登山道
13:25 登山道
13:30 登山道
13:34 登山道
13:36 登山道 上り坂です
13:39 登山道
13:40 登山道
13:42 多峯主山山頂に着きました
13:43 多峯主山(とうのすやま)山頂 271m
13:45 展望はガスっていて良くありません
13:51 記念写真 登ってきた若い女性の方に撮って頂きました
13:53 多峯主山を下山します
13:56 登山道
13:57 トイレがありました
13:59 道標
13:59 雨乞池
14:00 150m行くと御岳八幡神社へ行くようです
14:01 道標 御岳八幡神社へ進みます
14:01 登山道
14:05 登山道 屋根が見えてきました
14:06 御岳八幡神社 合掌
14:06 御岳八幡神社のいわれ
14:06 道標 これから吾妻峡へと下山します
14:06 登山道
14:08 登山道
14:09 牛頭天王の前を通過します


14:09 大きな岩があります

与平と言う人が山仕事をしていてある日前岩付近で昼寝をしていたら
いつの間にか山麓に転げ落ちてしまったそうです。
不思議に思った与平はこの山に琴平宮を祀り百余段の階段を築き
一族とともに参拝したのだそうです。
14:11 これは何でしょう?皆さん右のおっぱいだけ多く
撫でるのでしょうか?右側が白くなっています
14:12 登山道
14:12 登山道
14:15 登山道
14:18 登山道
14:20 登山道
14:23 鳥居が見えてきました
14:24 登山道
14:24 登山口
14:25 のどかな登山道を進みます
14:29 登山道
14:31 タチツボスミレ
14:31 カキドオシ(垣通し)シソ科 高さ5〜25cm
14:32 道標
14:32 鳥居 御岳八幡神社
14:34 登山道
14:35 ハクモクレン 今が盛りです
14:35 沈丁花 真っ白で綺麗です
14:38 ツクシ
14:42 道標
14:43 ネコノメソウ(猫の目草)ユキノシタ科
14:44 ドレミファ橋 ここは石が規則正しく並んでいますイ
14:47 吾妻峡の散策路
14:45 吾妻峡
14:47 ユリワサビ(百合山葵)アブラナ科
14:49 ヤマエンゴサク(山延胡索)ケシ科の多年草
14:50 ここから歩き組
14:59 永田大杉バス停
ここ吾妻峡で二手に分かれることになりました。
写真の男性がここから飯能駅まで歩きます。私も歩こうかと思ったのですがこの三人は
マラソンをやってる方たちなので歩く速度は速いだろうと思ってやめました。
そしてこの近くのバス停「永田大杉」でバスに乗り飯能迄行くことにしました。
バスを一台やり過ごし次に来たバスに乗車して飯能駅で下車しましたら、歩き組も
ほぼ同時に到着しました。
16:32 お店のお姉さんに撮って頂きました
ハマグリを焼くことにしました いい具合に焼けました
みんなで乾杯
さし盛
高齢になっている今年の抱負を一人ひとり語ります。
百名山を目指しているご夫婦が二組居りますが今年九州を残しているのでやれるかどうかと言う事です。
私は剣岳の予定でしたがここにきて危うくなってきました。
2月に天狗岳に行き3月は赤岳に行く事が出来ました。
ここでもういいかと諦めたら終わりなので少しでも高みを目指して体の続く限り挑戦していきたいと思っています。
飯能で別れてそれぞれ帰途に着きました。
18:03 磯丸水産と言うお店でした
18:04 お店の前でお別れです


ホームへ   ハイキングのページへ