2004年12月4日(土)うす曇り

                      バスツアーにて(近畿ツーリスト)


                  2003年12月7日にツアーで鳥ノ胸山に行ったけれどルートが分からず途中で
                  断念したことがありリベンジ鳥の胸山へと言うことで参加する事になった。
                  12月に台風の影響があると言うことで夕方近くになって雨という生憎の予報。
                  天気予報の影響もあってか参加人数はキャンセルが出て若干少なくなったようだ。
                  私達は多いより少ないほうが歩くにも楽なので大いに歓迎だ。
                  バスは渋滞もなくスイスイと目的地のバス駐車場に到着した。
                  曇り空ではあるが、時折薄日もさすお天気でバスの中からも富士山が美しく
                  姿をみせている。

「コース」
        新宿発7:30→中央道→道志ノ森キャンプ場(9:50着・10:04発)→雑木の頭(11:15着・11:25発)→鳥ノ胸山(12:00着)
        鳥ノ胸山(12:35発)→林道終点→グリーンロッジ(13:34着)→道の駅道志(13:50着)→道志温泉・道志の湯(入浴)→新宿
「地 図」 都留・大室山・御正体山
「Member」 ツアー24名(我がメンバーは4名)・講師の穂刈先生・添乗員は石崎さん
雑木の頭より双耳峰の
鳥の胸山を望む

左が北方 右が南方
9:55 バスで駐車場に到着

いつものように準備運動をして
3班に分かれて先ず1班を先頭に
出発する。80歳に近い方が参加
されているので先生のすぐ後ろに
つく。はたして私はこの方のような
年まで山に来られるだろうか?
まず無理なのではないだろうか?
10:07 三ケ瀬川
この橋を渡るとまもなく
キャンプ場が見えてくる。
10:11 登山口
左に余り目立たない登山口がある。
昨年の冬に来たときはこの登山口を
別のルートから行くからということで
素通りして行ったのでした。
それがそもそもの間違いだったのだ。
10:38 登山道
 赤松と杉林の中を登っていく。
 そのうちに田下方が雑木林に
 なって少し明るい登山道を進む。
 
                          
10:52 雑木の頭

木の間から雑木の頭が
見えてくる。
10:55 岩場

1ヶ所だけ岩場を下り
少し行けば雑木の頭に到着する


11:15 雑木の頭

頂上はそれほど広くはないが
木々の間から双耳峰の鳥ノ胸山が
見える。雑木の頭と言う道標はなし。
木々の間から大室山、檜洞丸が見える。
10分ほど休憩して出発する。
11:45 登山道

 檜林の急登を登り少しいくと
 頂上は近い。
 

12:04 頂上 1207m
 頂上は広くて富士山が正面に
 見える。曇り空ではあるが
 登ってくる間も後に富士山を
 見る状態で登ってくる。

12:00 鳥ノ胸山山頂より

 ここで昼食となるが、正面に富士山を
 見ながらの食事とは贅沢である。
 風もなく暖かい。出発する頃には
 雲が出てきて富士山は見えなくなった。
 今倉山、御正体山、三つ峠そして
 白く雪を頂いた南アルプスも見る
 ことが出来る。甲斐駒までも見えている。
 今日は望遠の気かないデジカメなので
 南アルプスを撮る事は出来ないのが
 残念です。   
12:20 頂上にて 

 富士山をバックに皆で記念撮影。
 穂刈先生と石崎添乗員と一緒に。
 穂刈先生はここから見える山の
 説明をして下さった。

 昨年の鳥ノ胸山の途中下山と
 なった翌日穂刈先生は我々の
 登った道を登ってみたそうです。
 足跡がちゃんと残っていたとのこと。
 今はその道は無いそうです。

 道志川が下のほうに長く延びているが
 この川を挟んで左を丹沢山塊右を
 道志山塊と言うそうで鳥ノ胸山は
 丹沢山塊に入るそうです。
12:35 高尾山と城山

 鳥ノ胸山は富士山と高尾山の
 直線状にある山でここから
 高尾山が見えるのだと説明して
 下さった。

 だから高尾山からも鳥ノ胸山が
 見えているのだということです。
 今度高尾山に行ったときは見て
 みたいものです。

                       
 12:52 急な下り
 30分ほど昼食時間をとり
 下山です。ここからはもう
 下りだけの登山道です。
 木段があったり滑りやすいので
 気をつけたいものです。
 この急な下りを過ぎると
 単調な下りが続きます。
 

 13:34 道案内図

 登山道入口に到着   
 
  13:50 道の駅どうし
 トイレ休憩と買い物をする。
 野菜が安く売っていますが、
 荷物になるのであきらめる
 事にしました。
15:08 道志の湯

 今日の温泉はいつもより
 20分位多く時間を取ってくれ
 たので比較的時間がゆっくり
 出来たような気がします。
 汗を流し、その後はいつもの様に
 先ず一杯と言う事になります。
15:36 道志の湯

 泉質はカルシウム・ナトリウム
 主成分 PH値8.7
 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩
 冷え性、痔病、動脈硬化、皮膚病
 などに効果があるようです。
 
                       今回は我々のメンバーは忘年会が会ったりして
                       4名しか参加できませんでしたが楽しい山でした。
                       昨年この鳥ノ胸山に来て途中で引き返したとき
                       ツアーの中の一人とお友達になり今も時々ツアーに
                       参加したり、景信山の餅つきに行ったりしています。
                       ツアーに参加してもその時は仲良く話をするけれど
                       それきりになり長続きはしないのが殆どです。
                       そういう機会を大切にして行きたいといつも思っております。
                       

 

ホームへ   ハイキングのページへ