飯能駅〜能仁寺〜天覧山(てんらんざん)(195m)〜多峯主山(とおのすやま)(271m)〜飯能駅
2015年1月24(土)晴れ

 今日は奥武蔵の山を歩くと言うので参加させていただきました。
 初めて歩く山なので低山ですが楽しみです。
 集合時間が飯能駅10時30分とゆっくりなので10時10分に着くように出かけます。
 池袋について駅員さんに「飯能駅に行きたいのですが」と聞くと間もなく急行が出ますと言う事で
 特急のレッドアロー号ではなく急行に乗車することにしました。
 時間は特急と急行とではそれほど変わらないのです。
 飯能駅では久しぶりにお会いする方々がいらっしゃいました。
 餅つきでお会いした方もいらっしゃいます。

 自宅から2つ先のバス停まで歩くつもりだったのですがもたもたしていたら時間が無くなり
 又、8時台は最寄りのバス停はバスがないのでタクシーを呼ぶことになってしまいました。



   「交  通」  自宅8:10(タクシー)→JR市川駅8:40発→秋葉原(乗換)8:59着 9:02発(山手線)→池袋9:22着 9:30発→飯能駅10:10
   「コース」  飯能駅10:41発→飯能河原10:58発→郷土館11:07 11:23発→能仁寺11:27着 11:44発→登山口11:46
               天覧山12:00着(昼食)12:26発多峯主山13:02着 13:12発登山口13:31高麗駅13:50→古民家14:19着14:30発→高麗駅15:02
   「Menber」 全員で10名

10:41 飯能駅を出発します
10:42 飯能駅を出発して落ち着いた民家の間を歩きます
飯能河原方面に向かいます のんびりとあちこち寄り道しながら歩きます
10:58
10:58 河原に出ました 正面にかかる赤い橋が美しいです
10:59 親子が楽しそうに遊んでいます 暖かいのでのんびりできます
11:00 飯能河原のマップがありました
11:03 飯能河原を出発します
11:04 天覧山・郷土館と書かれた方向に進みます
11:05 信号を渡ると白い建物が見えています
11:07 広い場所に着きました
11:07 郷土館に入ります 入館料は無料です
11:09 先ず目につくのが筏師の模型です
筏についての説明がありました
11:16 館内
11:25 道標
11:25 これから能仁寺に向かいます
11:26 お寺が見えてきました
11:27 山門が見えてきました
埼玉県飯能市飯能にある曹洞宗の寺院で山号は武陽山 本尊は毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ)
文亀元年(1501年)、武蔵国高麗郡加治(現在の飯能)の豪族中山家勝が、諸国を巡歴していた名僧曹洞宗通幻派の
斧屋文達を招聘して創建。小庵であったが、家勝の没後、天正元年(1573年)、子の 中山家範が父の菩提を弔うため
本格的な寺とし、中山家勝、家範、照守および、その後の中山家・黒田家の菩提寺となる
能仁寺について
11:29 山門 両側には仁王様がにらみを利かせています
11:29 左の仁王像
11:29 右の仁王像
11:30 参道を入ると古さを感じさせる参道です
11:31 境内へと進みます
11:32 いい言葉が書かれてるよと言うのです なるほどと思います
本気 本気ですれば大抵のことが出来る 本気ですれば何でもおもしろい 本気でしていると誰かが助けてくれる 
たった一言が人の心を傷つける たった一言が人の心を暖める
強い心がなければ生きていくのがむずかしい しかし 暖かい心がないと幸せにはなれない
11:36 境内
11:36 こんなのがありました
お庭が素晴らしいと言う事ですが登山靴を脱がなければならないので残念ですが
見ないで先に進むことにしました
11:44 能仁寺を出ると天覧山の案内板 ここから出発します
11:46 天覧山のぼり口
11:46 天覧山の由来 明治天皇が登られて【ああ良い景色】と仰せられた
11:40 登山道 我々は左の舗装道路ではなく右の登山道を登ります
11:49 登山道 山道らしくなってきました
11:53 登山道
11:54 登山道 かなり急な上り坂です
11:55 道標 天覧山山頂へ進みます
11:55 左は能仁寺・右の天覧山山頂を目指します
11:55 登山道 階段を登ります
11:57 あずまやがありますが通過します
11:58 登山道 再び階段を登ります
12:00 天覧山山頂に到着しました
12:00 天覧山の勝(県指定名勝)
         登山口から天覧山山頂まで14分でした
展望
展望
展望
大山1252m 塔ノ岳1491m 丹沢山1567m
蛭ヶ岳1673m 桧洞丸1600m
大室山1588m 加入道山1418m 陣馬山857m
富士山3776m 高明山790m 馬頭刈山884m 
麻生山794m 白岩山643m ツヅラ岩山969m
日ノ出山902m 大岳山1267m 奥ノ院1097m 御岳929m
奥ノ院1097m 御岳929m 御前山1405m 長尾丸山958m
高水三山 惣岳山756m 高水山759m 岩茸石山793m
六ッ石山1479m 赤グナ山923m 本仁田山923m 鷹巣山1737m 
川苔山1364m 棒ノ嶺969m
天気が良ければ上のような山々が眺められるようですが今日は富士山も見えませんでした。
天気が曇って来ましたが山頂でシートを敷いてお昼にしました。
今その間にも小さな子供連れの人や色々な人たちが登って来ていました。
低山ですが展望が良く散歩コースとしては登山口から14〜5分の所ですので
ちょうどいいのでしょうね。
12:25 下山前にみんなで記念撮影 
12:26 下山開始 多峯主山に向かいます
12:26 登山道
12:31 登山道
12:34 登山道
12:34 道標
12:34 マムシに注意と書かれたところを通過します
12:37 分岐 右に行くと駒峠のようですが直進します
12:37 道標
12:37 登山道
12:38 道標
12:38 登山道
12:39 登山道 登山道の両側には飯能笹と思われる笹があります
12:39 案内板 源義経の母常盤御前が風景の良さに
振り返り振り返り登ったとされるようです
12:39 登山道
12:41 登山道
12:44 道標
12:44 登山道
12:53 登山道 
12:53 道標 雨乞池があるようです
12:55 登山道 
12:59 登山道 右側に鎖が現れました
13:01 登山道 
13:02 多峯主山に到着しました 271m
13:02 多峯主山山頂 271m
13:03 三角点
13:02 多峯主山経塚
13:04 武甲山
13:08 多峯主山山頂
13:13 下山開始
13:13 登山道 多峯主山山頂直下 岩が出ている注意が必要な登山道です
13:15 登山道 注意しながら下って来ます
13:15 登山道 危険なところは直下の1か所だけでした
13:17 登山道
13:19 登山道
13:24 登山道
13:28 登山道
13:31 登山口に到着しました
13:31 登山口に立つ道標
13:32 立派な民家が両側に立つ道路をのんびり進みます
13:50 高麗駅 将軍標
将軍標 魔除け・災害防除・家内安全を祈願して再建したそうです
高麗駅でトイレタイムを設けました。
この駅から何度か日ノ出山に登りました。又、巾着田へも行きました。
これから古民家へ向かいます。
山や巾着田へは足を向けますが古民家は初めて行くところです。
14:02 高麗駅を出て線路の向こう側へ歩きます
14:05 蝋梅 立派な蝋梅が甘い香りを漂わせています
14:05 蝋梅
14:09 水天の碑 以前来たことがあります
14:14 カメラマン
14:19 古民家案内板
川を渡るのですが鳥を撮るカメラマンが立派なカメラを構えています。
何の取りを狙っているのでしょうか?
カメラマンが狙っている方向から鳥が反対の方向へ飛んでいきました。
カメラマンは一斉にカメラを反対方向へ向けました。
何の取りだったのかわかりませんでした。
14:19 古民家へ入ります
14:20 古民家 大きなお屋敷です
14:21 古民家の内部です
14:22 井戸 今はここの水は飲めないようです
14:26 古民家の内部です
14:30 蔵
14:51 帰りに案内板がありました 先ほどの古民家のことです
14:44 セキレイ 先ほどカメラマンのいた川ですせいぜい私に撮れるのは
このくらいでしょうか?
ゆっくりした時間もないし立派な望遠カメラのありません
15:02 高麗駅 巾着田に行く予定でしたが足が少々具合悪く
なった人がいたので中止して飯能駅に向かいます
15:31 この電車で飯能駅に向かいます 飯能駅で下車して毎年
行ってる店で新年会を行います
今日はTake幹事さんのお陰でなかなか行かれない所を見ることが出来ました。
皆さんとは餅つきでお会いすることはあるのですがたびたびと言う事はありませんので
楽しい時間を持つことが出来ました。
又色々な所へ行きたいと思っております。
マラソンをやられる方が多いので皆さん剣客な方ばかりです。
昼食の時間も色々頂きありがとうございました。
これからも宜しくお願い致します。

ホームへ   ハイキングのページへ