突然一日だけ休みが取れたので谷川岳へ行きましょうという事になった。
                    他のメンバーはそれぞれ予定があり参加できないと言うことで隊長と
                    二人で行く事になった。
                    今年の雪山は始めてのことである。
                    しばらく歩いてもいないので体力的に心配だ。
                    始発の電車に乗り阿佐ヶ谷駅で隊長と待ち合わせて土合まで行く。
                    谷川岳ロープウェイで天神平へ。天神平で登山計画書を投函して
                    登山開始である。
                    


「コース」

     土合→谷川岳ロープウェー→8:11天神平→熊穴沢避難小屋9:21→ザンゲ岩→谷川岳山頂11:37→トマノ耳12:07
     →谷川岳→熊穴沢避難小屋→天神平→谷川岳ロープウェー→土合→湯檜曽温泉

「Member」 ヤッホー登山隊のカネコ隊長・あざみ (2名)


            
谷川岳ロープウェー(8:11着)

駐車場に車を止めて
ロープウェーで10分ほどで
標高差600mを天神平へ到着する。
生憎谷川岳は雲に隠れて少し
見える状態である。
 比較的なだらかな天神尾根を
 熊穴沢の頭に向けて進みます。
 7月に来た時はヤグルマソウや
 ギンリョウソウがあったところだ。
 見渡す限り雪なので同じ場所とは
 思えない。

 熊穴沢避難小屋に到着(9:21)→
 ここで訓練の為にザイルと
 アイゼン装着

9:59 平標山1983.7mが
眩しく輝いている。
遠く浅間山の噴煙も見える。
風もなく最高の天気である。
11:33 谷川岳山頂直下。
    もうすぐ頂上だ。
    だが、歩いてないので足が重い。
    雪質もよく天気も良く暑い。
    肩の小屋を素通りして先に進む。     

11:37 谷川岳山頂。
    予定より30分遅れて到着。
    後から来た人に記念写真を
    お願いして撮っていただく
  11:48
   頂上で小休止してここまで
   来たのだからトマノ耳まで
   行く事にして谷川岳頂上を
   後にする。
   トマノ耳に向かう人は誰も
   いない。   
エビノシッポ
  トマノ耳に向かう途中で木に
  雪がついている形がとても
  美しい。谷川岳山頂までは
  見られなかった現象である。
  ここまで来たから見る事が出来て
  来て良かったと思う。   

                     トマノ耳山頂にて 12:07
                        誰も来ないので隊長と二人お互いに
                        記念写真を撮る事に。
                     トマノ耳山頂にて小休止を取り
                     来た道を引き返す。
                     360度展望が素晴らしい。
谷川岳

 トマノ耳から谷川岳そして一気に
 肩の小屋まで下山する。
 風が出てきて寒く
 なってきたので隊長が
 暖かいお汁を作って
 下さって飲む。
 体が温まったので下山開始。
 谷川岳が雲もなく綺麗に
 見えている。
                         素晴らしい天候に恵まれ雪の谷川岳に来ることが出来
                         大変嬉しい。体力的には足が重くてこれからの課題であるが、
                         又次の目標に向かって努力して行きたい。
                         連れて行った頂いた隊長に感謝!感謝である。

 

ホームへ   ハイキングのページへ