1月の滝子山1620m
2009年1月24日(土)曇り  

 1月に滝子山に行くことは何度もあり今年も計画を立てて7人ほどの人数になったが
 仕事や体調不良で結局のところ4人に減ってしまった。
 先日の雨が山は雪だったのではないかと思い相当の雪の量ではないかと思って行ったが
 いつもより少ない雪の量でした。
 いつものように高尾駅で合流しようと早めに行ったのに電車のアナウンスが間違って
 いた為にYoさんと私は次の小渕沢行くに乗ることになってしまった。30分遅れで
 笹子駅で合流する。笹子駅では女性3人が先に出発したそうで今日は誰も登山客はいない。
 外の温度は3度で比較的暖かい。笹子駅でトイレを使っていてザックを持っていかれたと
 いうことである。最近では高尾でもあったらしいので気をつけなくてはならない。

「交  通」   市川駅5:16発→お茶の水5:38着5:45発(乗換)→高尾駅6:56着7:03発(7:26)→笹子駅7:56着(8:36)

「Menber」  Yoさん・Doさん・Eさんと私の4名
「コース」





8:36発

1


10










9:47着


1


10






10:56着
11:02発

34






11:36着

36







12:12着



26


西



12:38着


20






12:58着
13:59発


33






14:32着
14:41発

1


22分





16:03着


32






16:35着
8:36 笹子駅
いつもは笹子駅には8時前に着く
電車で来るのだが高尾駅で
反対側のホームとアナウンス
されたので待っていたら東京行
の電車が来た。やはりホームを
変えなくてはいけなかったのだ
2人が同じように聞いたので
アナウンスの仕方がおかしか
ったのだろう。
予定通り行った人には急ぎ
メールで知らせ、笹子駅で
待ってもらうことにする。  
8:53 国道を左折する
9:44 大鹿峠への分岐
トイレを済ませて笹子駅を出て国道20号線を大月方面へと進む。笹子橋を渡り吉久保入口バス停
を左折し、突き当たりT字路を右折する。稲村神社のかどを左折し、中央自動車道の陸橋を横切ると
まもなく桜公園に到着する。橋を渡り20分余り歩くと登山口だ。
道証地蔵の少し手前に大鹿峠へ登る道が左側にある。今日の気温は3度と暖かい。
道証(みちあかし)地蔵が立っている。滝子山へは右下のほうへ下っていく。
下って行くとすぐ橋が架かっているが、以前にはなかった手摺が取り付けられていた。  
9:47 道証地蔵の登山口を出発
9:48 手すりのついた木の橋
三丈の滝の所にかけられている橋は、以前は丸太を2本かけていたので怖がる人がいて
沢に下りて岩を渡る人がいたが、手すり付きの橋に掛け替えられている。
9:59 登山道
10:09 急坂
急坂を下ると滝が左側に
10:12 滝は暖かいので凍っていない
10:16 三条の滝手前で休憩
10:22 橋を渡る
10:22 三条の滝 10:29 滝を右手に見て登山道を進む
   どの滝を見ても温暖傾向にあるのかほんの僅かしか凍っていない。
   小雪がちらちらしたがすぐやんでしまった。変わり易い天気で薄く陽がさしたかと
   思うとまた曇ってしまう。
10:37 小さな沢を渡る
10:40 ほんの少し凍っている滝
10:40 石のゴロゴロした登山道
10:51 落ち葉の登山道
登山道はカチカチに凍っている所もあるので滑らないように気をつけて歩きたい。
谷側が凍っていることが多いので山側を歩くようにすると良いかと思う。
落ち葉の下も石があったり凍っていたりすることがある。
10:56 大鹿山・滝子山の分岐
11:17 ザレ場
分岐を過ぎるとザレ場が何カ所か出てくる。凍っていたりするので
注意して通るようにしたいものである。
11:18 ザレ場
11:21 滑滝を右手に見て進む
この辺りは滝が次から次へと続くのでとても気持ちの良い登山道である。
11:28 狭い登山道で滑らないように
11:29 曲がり沢峠への分岐(左・曲がり沢峠)
今まで一人も会わなかったがここで一人追い越して行った。
11:36 作業小屋
11:47 登山道
12:12 大谷ヶ丸分岐
12:33 大谷ヶ丸方面から来た分岐
12:38 鎮西ヶ池
12:52 山頂直下を行く
鎮西ヶ池まで来ればもうすぐ山頂だ。
大谷ヶ丸分岐辺りはいつも雪が多いのだが今年は地面が見えている。
振り返れば八ヶ岳が見えるのだが曇っているのであまりはっきり姿が
見えない。
12:57 山頂直下
13:00 滝子山 1620m
山頂直下は凍っている所はあるものの今年はアイゼンも必要なく
登ることが出来る。雪もほとんどない状態だ。
山頂には男性が一人いるだけで静かである。その方にお願いして
写真を撮って頂くことにする。その方はよく来られるようで今日は
地図にない尾根を登ってこられたということだ。次回はそのルートを
歩いてみよう。南嶺より楽な尾根の様である。
富士山は雲の中で見えないが三ツ峠は正面に見えている。
13:24 昼食
13:56 静かな滝子山山頂
出来るだけ風の当たらない場所を探して(いつも同じ場所になるのだが)
お昼御飯にする。Yoさんがガスを持ってきたのでラーメンを作ることにする。
二つを4人で分けて食べることにする。寒い時は温まる。おもちも入って
ボリューム満点。1時間ほど山頂で過ごし初狩に下山することにする。
先ほどの男性もどこに下りようかと思案していたが初狩に下山したようだ。
14:04 下山
14:11 ガスが出てきた
14:20 女坂・男坂分岐で女坂へ下山
14:32 檜平 女坂・男坂の合流地点
15:01 初狩駅への登山道
15:18 最後の水場で休憩
15:52 登山口
16:03 滝子山入口
17:47 高尾駅のそばにあるあさかわに到着
ママ・マスターのお嬢さん・マスター
明るいうちに初狩駅に着くことが出来ほっとする。今日は私は非常に疲れていて
歩くのが遅かった。そんなあなたを見るのは初めてと言われたほどだ。
この疲れを早くとってまた元気に山登りをしなければと思う。
初狩駅から「あさかわ」に電話を入れ席を確保する。この頃は混んでいて一人でも
入れないことがあるほど繁盛している。でもお店の人達がとてもよくして下さるので
途中下車してのぞいてみるのである。疲れてはいたけれど今日も良い山登りが出来た。

ホームへ   ハイキングのページへ