高柄山(たかつかやま)733.2m
2012年12月26日(水)晴れ

 先日【かどや山岳会】の人たちが【高柄山】に行って来て【もう二度と行きたくない】という事でした。
 また、他の人達も同じようなことを言っておりました。ゴルフ場が出来た為鶴島御前山界隈を中心に環境が
 変わったようです。ハイカーにとってこのゴルフ場は評判が悪いようです。
 そんなに行きたくないと言うのなら【是非行ってみよう、行かなければ話にならない】という事になりました。
 低山ですがアップダウンが沢山あって大変な山という事でした。
 北高尾山領に登ったことがあれば大丈夫ですと書いていたブログもありました。
 北高尾山領は確かにアップダウンがあり訓練の山と言われています。
 「日本の全部の山を登ったようだ」と一緒に登った人が言って疲労困憊していた事がありました。


 【 交 通 】 JR市川駅7:02発→お茶の水(乗換)7:27着 7:30発(中央快速)→高尾駅8:34着 8:46発→四方津9:07

 【 コース 】 四方津駅9:18発→川合峠9:40→御座敷の松11:09→大丸山10:45→千束峠12:17→高柄山12:35(昼食)13:09出発→矢の目13:49→
           新矢野根峠13:56→御前山分岐14:59→高柄山登山口15:41→上野原駅16:16→相模湖16:54
 【Member】 Aidaさんと私の2人
9:18 四方津駅 左に線路沿いに進みます
9:19 少し行くと道標があります
9:20 ガードをくぐります
9:24 民家の間を通って進みます
9:25 相模川(通称:桂川)にかかる橋を渡ります
9:30 民家の横を左の方へ進みます
四方津と言う町は道標がしっかり設置されておりハイカーにとってとても優しい街だと思いました。
山の中は道標はよくあるのですが、地図を見ても町の中がわかりにくいのです。
四方津は要所要所に必ず道標があって迷う事がありません。
9:31 左側に狐を祭った稲荷神社があります
9:31 分岐には必ず道標があります
9:34 分岐ですので道標に従って進みます
9:38 ここにもちゃんと道標があります
熊注意の道標も一緒にありました。
この辺りにも出没するようです。
9:39 まだ民家がありますが熊注意の看板があります
9:40 川合峠 
9:41 落ち葉の登山道です
9:42 大きい方は「聖徳太子」小さい方は「馬頭大王」のようです
9:45 登山道
9:46 登山道入り口 この付近にクマ出没 注意必要
 この辺りにもクマが出没しているのですね。
 ここで鈴をつけます。私もAidaさんと同じ鈴を購入したのですがとても良く響く鈴の音色です。
 一つで十分熊さんの方で感知してくれるだろうと思って、私の鈴はならないようにしてあります。
 よく高尾山辺りで鈴を鳴らして歩いている人がいますが、とても迷惑です。
 高尾山は人が多いので鈴は必要ないと思います。
 一人でさびしい登山道を歩くとか平日に人のいない山を歩くときは必要ですが、日曜日など大勢の
 人が歩いている時にはしまって頂きたいと思います。
9:47 溝のようになった登山道
10:03 陽の差す登山道に出ました
10:07 片側が切れ落ちた細い登山道です
10:11 細い登山道にホウノ木の落ち葉が沢山ありました
10:14 中央に長く伸びているのはエレベーターです
10:15 登山道
 下りの中央線に乗っていると長く伸びたエレベーターが右手に見えると思います。
 バブルの頃作ったようですが町がどのようになっているのかわかりませんでした。
 今日、やっと上から眺める事が出来ました。
 沢山の民家が立ち並びずいぶん大きな町が出来ています。
 こんなに大きな町とは想像もしていませんでした。
10:22 右側が切れ込んだ細い登山道
10:29 今度は左側が切れ込んだ細い登山道
 このように左側・右側に切れ込んだ登山道が随所にあります。
 滑って落ちないように注意が必要です。
10:33 登山道
10:35 お地蔵様 寛政六年とよめます 古いですね
10:37 登山道
10:43 落ち葉がビッシリの登山道
10:48 尾根の細い登山道に出ました
10:50 落ち葉に足をとられないように注意して歩きます
10:52 カーブしていて細い登山道です
10:52 ここで亡くなられた方がいるようです
 写真では良くわかりませんがカーブしていて危険な個所があります。
 平成六年の冬だったようですので滑って滑落したのかもしれません。
 細くて本当に注意して滑らないように歩きました。
10:54 林道の工事現場の所に出ました
10:56 登山道
 林道の手すりにはランプが取り付けられています。
 夜にこの道を通る人がいるのでしょうか?
 とても無駄な事をしているように思うのは私だけでしょうか?
11:00 富士山 くっきりと美しい富士山です
11:04 暖かいし風もないので富士山を見ながら小休止です
11:08 休憩を終えて出発します
11:09 御座敷の松
11:09 御座敷の松の言われ
11:09 椅子が作られていますがキノコも生えています
 林道の工事現場や休憩した場所・御座敷の松は見覚えがあります。
 登って来るときに民家の横を通るのですが、そのお宅にも見覚えがありました。
 どこかへ行った時に下った道で、民家にはカタクリの花が咲いていたのを覚えています。
 どこへ行った時かと考えたのですがわからず家に帰って調べてみました。
 2010年3月に矢平山へ行った時に通ったようです。
11:10 登山道
11:12 登山道
11:16 登山道
11:19 再び林道の工事現場に出ました
11:22 暗い植林の登山道です
11:26 ロープの張られた登山道です
11:28 上の方が明るくなってきました
11:29 林道に出ました 道標です 手前にテーブルと椅子があります
11:30 林道に出たら左に行きます
11:31 林道の右側に階段がありそこを登ります
11:31 階段を登ると柵があり登山道になっています
11:32 登山道わきに【シモバシラの氷華】がありました
11:33 シモバシラの氷華
13:33 シモバシラの氷華
 今の時期は花が何もないのでさびしい気がします。
 そんな時登山道わきに【シモバシラの氷華】があり嬉しくなりました。
 今日あたり陣馬山や景信山に行くときっと見られるだろうねと話しながら歩きました。
11:3 登山道
11:34 分岐 左に登れば大丸山、高柄山・右は大地峠
 この道標も憶えています。
 矢平山の時は大丸山は登らなかったのです。
11:35 大丸山に向けて出発します
11:36 大丸山(新大地峠)
11:36 大丸山から高柄山を見るとアップダウンがありそうです
11:37 大丸山を高柄山へ向けて出発します
11:39 ハイキング道と書かれています
11:40 金網の柵がしてあります
11:41 階段を下りると林道に出ます
11:42 道標
 何度も林道に出ますが、直進したいと思うのですがゴルフ場が出来たために登山道が寸断された為に
 ジグザグの道を下って林道に出ます。
 林道を作るときに登山道の事も考えて作ってほしいものです。
 ここで初めて登山者一人に出会いました。「高柄山ですか」と聞かれ「40分で行けますよ」と言われましたが
 道標には55分と書かれています。下って来たので早かったのでしょう。
 今日会った登山者はこの方一人だけでした。
11:42 道標の所を下ります
11:44 急降下の登山道です
11:45 登山道
11:48 松の多い登山道です
11:55 登ったと思えば下り下ったかと思えば登りの連続です
12:04 こんな石も出てきますが障害にはなりません
12:05 登りの登山道です
12:06 ロープが取り付けられています 急な下り坂です
12:09 ロープの張られた下り坂です
12:10 木の根っこが張り出している下り坂です
12:13 登山道 登ったと思ったら
12:16 またまた下り坂です
12:17 千束峠に到着です 展望はありません
12:19 急な上り坂です
12:21 急登が続きます
12:31 アップダウンの連続です
12:34 山頂直下の急登です
12:35 高柄山山頂に到着です 733m
12:36 高柄山山頂
12:36 高柄山山頂 交代で記念写真を撮ります
12:40 リンドウが咲いていました
12:37 相模湖から藤野方面
12:37 山脈
13:09 高柄山を出発します
 四方津駅から高柄山まで3時間17分で来ました。ゆっくり歩いてこのペースならまぁまぁかと思います。
 林道の登り口から高柄山まで53分でした。暖かく風もないので昼食にすることにしました。
 座るのに丸太の木がちょうど良く、置かれていますのでそれに腰を掛けて食事です。
 食事と言っても最近は簡単におにぎりと味噌汁です。
 大丸からここまでのアップダウンがありましたが、登ったと思ったら下るという繰り返しなので
 皆が言うほどきついとは感じませんでした。登りっぱなし、下りっぱなしと言うわけではありませんので。
13:13 落ち葉が深いので落ち葉ごと滑って行きそうです
13:18 急な下り坂なので滑らない様注意が必要です
13:32 登山道
13:36 右下に滑り落ちないようにしなければなりません
13:47 登山道 落ち葉で下に何があるかわからないので注意して
13:49 矢の目
13:49 新矢野根峠に向けて出発します
13:53 上り坂です


13:56 東屋があります。新矢野目峠です
コースガイドの立て看板が置かれています。
ゴルフ場が出来たおかげで以前の登山道が
通れなくなったようです。
13:58 新矢野根峠に立つ道標 上野原まで2時間
13:58 急な下り坂です
14:07 細い登山道
14:08 ロープが設置されています
14:15 ゴルフ場 オーとかアーとか言いながら
プレーしている声がしています
14:21 落ち葉の深い細い登山道 ホウノ木の落ち葉が多いです
14:26 登山道
14:31 登山道
14:42 登山道
14:56 アップダウンを繰り返しながら右下に落ちないように
15:08 登山道
15:15 登山道
15:35 ネットの張られた登山道
15:40 林道に出たようです
15:41 高柄山登山口
15:50 民家が見えてきました 霜がまだ真っ白です
15:56 鶴島のムクの木
15:56 説明がありました
16:07 桂川に架かる橋を渡ります 風が冷たいです
16:16 上野原駅に到着です
16:54 相模湖駅に着きました
16:54 かどや食堂
 新矢野根峠から上野原駅まで2時間18分でした。道標に書かれていたのは2時間ですので18分
 オーバーしました。  四方津駅から上野原駅まで約5時間の山歩きでした。
 高柄山山頂は風もなく暖かでしたが、途中の登山道では風が冷たく吹き付けてきました。
 先日登った高畑山、倉岳山ほどではありませんでしたが結構歩きごたえのある静かな山歩きでした。
 展望はありませんが途中富士山を見る事が出来ました。
 登山道の斜面をトラバースする細い登山道が多いので滑って谷に落ちないように注意が必要です。
 アップダウンの多い登山道ですが高柄山への登山道とゴルフ場を迂回して御前山直下の分岐に向かう登山道が
 急降下・急登がありました。
 相模湖の「かどや食堂」へ寄って報告しましたが、「皆さんが言うほどきつい山ではなかった」と報告したので
 「本当に行って来たのかな?」と言われました。

ホームへ   ハイキングのページへ