高尾山口〜高尾山〜一丁平〜城山〜千木良
2015年4月7(火)雨

 今日はツアーに参加することにしました。
 1号路から入るようです。
 アスファルトの道なのであまり好きではないのでめったに歩くことがないのですが
 たまには良いのではないかと思ってのことです。
 でも小雨が降っていますが決行と言う連絡が入り行くことにしました。
 高尾山口に集合です。
 高尾山口に行くと工事中ですが駅がすっかり変化していてびっくりしました。
 トイレもきれいになってましたが便座は冷たかったのでちょっと残念でした。
 綺麗な桜が迎えてくれました。


   「交  通」  自宅6:35→バス→市川駅7:02発→お茶の水(乗換)7:26着 7:27発(中央快速)→高尾駅8:29着 8:34発(京王線)高尾山口8:37→
   「コース」  高尾山口1号路高尾山もみじ台小仏城山
               千木良相模湖

   「Menber」 

8:57 高尾山口駅の改札
8:57 高尾山口駅
8:58 美しい桜が出迎えてくれました
8:59 高尾山口駅
駅の所にある売店も今はありませんでした。
その売店で飲み物を購入しようと思っていたのですが買う事が出来なくて
ロープウェイ乗り場の自販機で買いました。
トイレもきれいになったと言うので行ってみることにしました。
9:02 綺麗になったトイレ
9:04 洗面所
女性トイレですがもう少し数が多いと嬉しいのですが無理な注文なんでしょうか?
便座が冷たかったのが少し残念な気がしました。
9:04 トイレ内部
9:15 大島桜 駅を出た所に咲いていました 品の良い桜です
ロープウェイ乗り場 桜が綺麗です
東海自然歩道案内図 大阪までつながっています
9:27 1号路をゆっくり歩きます
9:28 ナガバノスミレサイシン(長葉の菫細辛)
太平洋側に分布 します
9:30 ミミガタテンナンショウ(耳型天南星) ウツボ状の仏炎包に耳たぶの
ような張り出しがあるのでこのような名前が付く「天南星」とは
中国で 夜空に広がる星の意味をあらわし葉の広がる様子をたとえたもの
9:31 タカオスミレ(高尾菫)蕾を見つけました
高尾山で初めて見つけられたことから・葉の色は茶褐色
1号路には沢山のタカオスミレが見られますし、ほかにも色々な花が
多く見られます。今日は少し早かったのかもしれません。
9:42 ニリンソウ(二輪草 )キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草
9:47 ヨゴレネコノメソウ(汚れ猫の眼草)ユキノシタ科 ネコノメソウ属
和名の由来:葉の表面にある灰白色 の斑紋が汚れのように見えるので
10:01 シャガ(射干、著莪)アヤメ科アヤメ属の常緑多年草
10:02 タチツボスミレ
10:05 タツナミソウ(立浪草)シソ科タツナミソウ属
10:15 登山道
>10:19 モミジイチゴ(紅葉苺)

  バラ科 別名: キイチゴ(黄苺)
  葉の形がモミジに似ているというので
  オレンジ色の実がなり食べると美味しいです
9:47 ミヤマシキミ(深山樒) ミカン科の常緑低木
葉に毒を含み、草食動物 が食べない
ミヤマシキミ
10:39 ヤマザクラ
ヤマザクラ
桜の見分け方

ソメイヨシノ
  1.葉は花のあとに開く
  2.若枝・葉の下面・葉柄に毛が散生する

オオシマザクラ
  1若葉は緑色で,花と同時に開く
  2葉の下面は光沢があって無毛
  3塩漬けにした葉は桜餅を包む葉として用いられる

ヤマザクラ
  1.葉柄は赤く,上部に2個の腺体がある
  2.若葉は赤褐色で,花と同時に開く
10:46 天狗焼 いつもは食べないのですが初めて食べました
10:46 こんな説明書きがありました
11:42 洞窟に福徳弁財天をお祀りしています
11:56 沖縄の桜 寒緋桜
寒緋桜 釣り鐘状の花が特徴で花が下向きに咲く
 
12:17 二等三角点と説明するHashiyaさん
二等三角点
12:21 ヤマザクラ
13:06 ヤマザクラを見上げる人々
昼食は外で食べる予定でしたが、雨の為茶屋に入って食べることにしました。
私はうどんを頼みましたがぬるかったです。

ゆっくり時間をとってくださいました。
その後小仏城山に向かいます。
13:08 高尾山頂から下る階段です
13:10 クロモジ(黒文字)クスノキ科クロモジ属 (落葉 低木)
黒文字の名は若枝の表面にでる斑紋を文字に見立てたものといわれる
模様よりは香の方が印象に残る
現在でも和菓子など特に 選ばれたところではクロモジの楊枝が使われる
13:11 シュンラン(春蘭)(別名、じじばば)
13:18 登山道 もみじ台を通過します
13:18 登山道
13:27 ミツバツツジ
13:41 登山道
13:41 キブシ(木五倍子)キブシ科キブシ属に属する雌雄異 株の落葉低木
13:43 登山道
13:50 桜
13:52 コブシ(辛夷)モクレン科モクレン属の落葉広葉樹の高木
コブシの名は種子が生長して果実の表面が盛りあがり
人のこぶしのように見えるところからついた名とされる
13:54 コブシの花を愛でる
ハクモクレンの花びらは9枚なのに対し
コブシの花びらは6枚となっています
13:59 イカリソウ(錨草) メギ科の多年草
14:02 ヒトリシズカ(一人静)千両科 名前は、源義経が好んだ
 静御前が一人で舞っている姿に見立てたことから
14:11 分岐 左は城山・右は景信山への道
14:17 登山道 城山へ向かってます
14:20 城山に到着しました
14:20 城山
14:29 何の木なのかわかりませんが綺麗です
14:30 白い花とミツバツツジが綺麗でした
14:31 美しい花畑になっています
14:31 スイセンも色々植えてあり綺麗でした
14:38 美しい花にうっとり
 城山に来ることが少ないのでこんなに美しいとは知りませんでした。
 Hashiyaさんもこれには感激してました。
 いつまでもいつまでも眺めていたいと思う花々でした。
 これからは千木良に向かって下山します
14:44 登山道
14:48 登山道
14:51 登山道
14:53 登山道
15:05 登山道
15:28 登山道 もうすぐ登山口です
15:30 登山口に到着しました
15:30 立派なソメイヨシノが出迎えてくれました
 ソメイヨシノは保存樹木になっていて樹齢百余年・高さ二十五メートル・幹回り三メートル二十
 とありました。
 バス停へ行く途中タクシーを呼ぼうと手配してましたが、台数が少なく手配できなかったようです。
 バスで相模湖駅に向かいます。
 相模湖駅で下車してかどやが定休日なのでそばのレストランでしばらくお話をして解散となりました。

ホームへ   ハイキングのページへ