2・3号路〜高尾山〜底沢 727.1m
2011年7月3日(日)晴れ
 

 かどやグループの月1回の歩行は、暑いので高尾山にしましょうという事です。
 高尾駅でKiiちゃんに会い「ギンリョウソウ」を見るので3号路を行くというので同行する事
 にして、6号路の登山口を病院のところから登ることにしました。
 2号路、3号路と進むと「ギンリョウソウ」の小さいのがありました。今年初めて見ることが
 出来て良かったです。また、「ウメガサソウ」にも出会えました。そして「オオムラサキ」
 見られました。大平林道終点まで来て細い登山道を城山方面に進み、途中から道なき道
 進むことになり面白い歩行会になりました。


   「交  通」  JR市川駅7:17発→お茶の水(乗換)7:39着 7:41発(中央特快)→高尾駅8:35着→高尾山口
   「コース」   2・3号路→高尾山→もみじ台(昼食)大平林道→林道終点→底沢→相模湖
   「Menber」 Aidaさん・Koikeさん・Saitoさん・Hosonさん・Kiriyaさん・Joujiさんと私の7人
9:25 琵琶滝との合流地点
10:28 橋を渡ります
10:45 かしき谷園地
11:01 ギンリョウソウ
今日もとても暑いです。風があると少しは楽なのですが夏の低山は大変な暑さです。
それでもお目当ての「ギンリョウソウ」が見られたので良かったです。
ウメガサソウ

依然見た場所とは違うところにありました。
よく見ないと見逃してしまいます。
14:14 オオムラサキ
オオムラサキ
高尾山に着くと、毎年この木には「オオムラサキ」が来るという木があります。
さっそく近くに行ってみるといました。私のカメラではこれが限度ですが撮って
みました。そばには蜂や他の蝶もいました。
オオムラサキ>
もみじ台で昼食にします
高尾山は相変わらず大勢の人がいるので「もみじ台」まで下りそこのベンチで昼食にします。
今日は子供たちも多くて我々の近くでお昼でしたが、とても静かでした。
Aidaさんの持参のビールとおつまみとロング缶2本では足りなにので茶屋でもう2本買って
きました。これが昼食になりました。これから景信山に行きたいけど遅くなるという事で
城山に行くことにしました。
11:55 オカトラノオ 1週間違うと花も開きました
11:56 今年初めて見るセミの抜け殻
12:00 タカトウダイ
12:36 城山との分岐
13:11 大平林道終点 小仏城山・大垂水峠
13:18 小仏城山への登山道
2号路・3号路と長く歩きお疲れムード漂っているので城山へは登りたくないと言ってたけど
城山へ行くしかないので細い登山道へと歩を進めることにします。
星登山道を出たところは、依然親子山で通った大垂水峠からの分岐でした。
その分岐を1分ほど行くと左の方に道らしきものがあるので行ってみることにしました。
13:19 城山への登山道
13:20 杉林を進む
13:21 大垂水峠・城山との分岐
13:22 分岐
13:22 城山へ出発する
13:23 なんとなく道らしき道があるような?
城山へと出発したけれど1分ほど歩いた時、Aidaさんが左に道があるという事で
行ってみると踏み跡があるから大丈夫だと言う声が聞こえてきた。
それでは行ってみようとみんなで細い道らしき道に入っていくことに。
入口はよかったのだがそのうちに大変なことになってきました。
13:23 道らしき登山道へ
13:24 細い登山道
13:25 バランス感覚が必要になってきました
13:26 谷川へ傾斜になっているので滑り落ちないように
13:29 小さな沢を渡ります
13:31 山側の何かにつかまって
13:31 片足しか載せる事が出来ないほど細い登山道
13:33 怖いと思うから余計にバランスがとりづらい
13:35 登山道に「ウメガサソウ」が咲いています
13:39 何とか切り抜けられました
13:44 城山との合流地点が見えます
13:46 城山からの登山道に出ました
確かに細くて傾斜のついた登山道でしたが、一度怖いと思ったらどうしても
へっぴり腰になってしまってなかなか足が踏み出せません。
そんな中「ウメガサソウ」が登山道にありました。花を見る余裕などなかった
と言ってましたが何人の人が見られたのでしょうか?
いつも思うのですが山登りはスキーによく似ていると思います。
スキーは上手ではありませんが、子供と一緒によくいきましたがいつもへっぴり腰
でした。怖いからどうしてもへっぴり腰になってしまいます。今、靴の中心に重心を
おいてという事が良くわかります。
城山から下ってきた人たちがどこから来たのだろうと不思議そうな顔をして我々を
見て通り過ぎていきました。
13:50 ここからは歩きやすい道を弁天橋へ下ります
13:57 城山・弁天橋への道標
13:57 弁天橋への登山道
13:59 木段の登山道へ
14:07 小石を配置した登山道 はたして歩きやすいか?
14:12 小さな祠が現れました 左へ進みます
14:14 祠
14:22 竹が左手に現れました
14:26 登山口は民家があります
14:27 舗装道路に出ました
14:39 千吉良から来た道 見覚えあり 突き当りトイレ
14:44 左手に弁天橋が見えるはず 昔通った記憶あり
14:45 弁天橋 釣り船が浮かんでいます
14:53 橋を渡ります
14:53 橋から滝が見えます
14:54 てっちゃんの店 素通りします
14:54 クロアゲハ
14:56 弁天橋を渡ります
15:16 急坂を上ります
底沢に来るとこの坂が急坂なので
いやで仕方ありません。
弁天橋を渡り、今は茶屋は閉まって
いるベンチで休憩します。
市川から来たカップルも休憩して
てっちゃんの店のことを「あれ、店
なんですか?」と驚いていました。
私はいつも見て通るだけです。
あまり衛生的とは言えないので寄る
気にはなれません。
台風で小屋が流されて常連さんは
手伝いに行ったと話は聞きました。
その後今回初めて見ましたが、あまり
変わらないように思いました。
私の知り合いも数人行っています

ホームへ   ハイキングのページへ