*大垂水〜城山〜高尾山*入門コース
2009年5月17日(日)曇り

 今回も3班に分かれてそれぞれコースを違えて登ることとなり、A班はスマイルさんを
 リーダーとし稲荷山コース、B班はsioさんをリーダーとし大垂水から城山経由高尾山、
 C班は流水麺さんがリーダーで小仏から城山経由高尾山に登り山頂で合流することになった。
 私はB班の一番最後である。相模湖駅8時32分発、八王子行きのバスで大垂水で下車。
 今回はビギナー組とアドバンス組の混合で班分けがされているので小さい子供達はお兄さん
 お姉さんがいるので楽しいようだ。


「交  通」JR市川駅7:02→お茶の水(乗換)7:24着 7:25発(特快)→高尾駅8:18着
                高尾8:20発(甲府行き)→相模湖駅8:28着

「Menber」親子山入門コース 約80名 B班・大人11名・子供13名
8:58 太垂水で下車し出発する 9:07 大垂水峠の道沿いを進む
バスを大垂水で下車しsioさんの説明を受け、簡単な自己紹介をする。
天気予報は良くなかったけれど何とか雨は大丈夫そうだ。
多垂水峠の車道の脇を通りちょっとわかりにくい所を左に入ると道標がある。
梅の木平・城山と書かれた道標である。
9:08 登山口
9:09 道票
9:25 ハンショウズル(半鐘蔓)
キンポウゲ科センニンソウ属  つる性低木
本州〜九州の山地に生える。葉は3出複葉で
対生する。小葉は卵形〜楕円形で長さ4〜9cm
あらい鋸歯。両面に短毛が生える。
花柄は6〜12cmあり、先端に紅紫色の鐘形の
花を1個つける。花は完全に開かず垂れ下がる。
そう果は狭卵形で、羽毛状の花柱が尾状につく
花期は5〜6月
9:30 登山道
9:36 休憩
9:49 イカリソウ
10:00 休憩
9:36 休憩
10:11 ジュウニヒトエ
10:12 休憩を終え出発
10:16 後続を待つ
10:17 急な上り坂
休憩を終え登り始めたら急な上り坂になり、その前から少し機嫌の
良くない子がいて一番最後は遅れ気味。そこで少し待ってもらう。

     10:21 抱っこ
急な坂で抱っこは大変と思ったが
少しだけと言うことでほっとする。
お母さんは大変だと感心する。
この登山道にはキンラン→
が沢山咲いている。
10:40 この階段を登りきると城山だ
10:44 C班と合流
10:46 静かな城山 天気が良くないから?
10:47 先に着いていたC班が出発
10:57 B班も出発
11:47 一丁平へ向かう登山道
11:15 アヤメ咲く登山道
11:16 一丁平の展望台には綺麗なテラスがお目見え
11:29 兵隊さん?現る
11:30 コスプレ?ちょっと異様な雰囲気
いつも富士山を眺める所には立派な見晴らし台が出来ていてびっくり。
吾妻屋では先に到着していたC班が昼食をとっている。
B班もここで昼食にすることにする。風が出てきて少し寒さを感じる
ようになってきたので1枚上着を着る。その時下の方から7〜8人位の
兵隊さんの恰好をした人たちが登って来た。以前に2人位はん見ることは
あったがこれだけの人数が登ってこられるとちょっと異様な雰囲気である。
ゲートルを巻きカーキ色の洋服に望遠鏡を持ちまさに兵隊さんである。
若い人も交じっているので「コスプレ」ではないのと言う人もいる。
「ゲートル」なんて今の若い人たちは知らないだろうな。
11:56 B班 記念写真
C班が出発してB班も食事も
終わり記念写真を撮って出発
することにする。兵隊さん?
達も城山方面へと向かった
ようである。
12:00 見晴らし台を出発する
12:03 一丁平のトイレの所にも吾妻屋が増えた
12:05 わらが敷いてあったのを体に巻いて遊ぶ
12:17 仲よく登山道を下る
12:19 登山道にはコゴメウツギノ花
12:32 もみじ台への階段を登る
12:40 フタリシズカ
12:53 マルバウツギ
A班は稲荷山コースを登ってもうとっくに高尾山に着いているらしい。
B班があまりに遅いのでメールと電話が来て「どうしたのか」と心配
しているらしい。どうしたわけかHa君が動かなくなってしまった。
よほど何か気に障ることでもあったのか、理由を聞いても何も言ってくれないし
動こうとしなくなってしまった。しばらく時間をかけてお父さんが話をしてみるので
先で待つことにする。歩く力は持っているので何か理由があるはずだ。
しばらくするとお父さんが先に一人で登ってくる。結局わからずじまいであったが
何とか山頂には着いた。子供の気持ちはデリケートなのだ。
12:46 もうすぐもみじ台だから頑張ってね
12:53 よく頑張ったね! もうすぐ山頂だよ
13:04 全員で記念写真
A・B・C班が合流して
記念写真を撮って出発
することにする。
13:05 全員で記念写真
全員で記念撮影を終り
出発しようと思って
いたら「撮って撮って」
と言う声が聞こえる。
子供達が写真を撮って
ほしいらしい。
13:22 高尾山山頂を出発する
13:29 階段を下る
13:37 山頂直下でギンリョウソウ
13:43 沢を下る
13:47 6号路の段差のある所は手助けを
14:13 6号路のハナイカダ
14:28 休憩のときの沢遊び
14:53 シャガの咲く登山道を行く
15:00 ガクアジサイ
15:25 高尾山口ケーブルカー広場で遊ぶ子供達
15:29 ケーブルカー乗り場に咲くセッコク
15:43 栄茶屋
15;48 乾杯!!お疲れ様でした
18:24 栄茶屋店内で
18:26 栄茶屋マスター
18:42 電車内で
6号路を下るとシャガの花が美しい登山道を飾っている。
A班のGeちゃんとお父さんが一番最後を歩いて行く。今日はGeちゃんはご機嫌
斜めで「足が痛い」と泣きながらもちゃんと歩いている。
ケーブルカー乗り場に到着して解散。高尾山から下るとき「今日はケーブルカーには
乗らないで歩いて下りるよ」と言ったら泣き出す男の子もいた。
解散後数組の家族が「栄茶屋」に行くことになったが、私は初めてである。
以前行っていた蕎麦屋さんで「たけよし」が店を閉めてしまいマスターが「栄茶屋」に
移動したので行ってみることにしたのである。店は空いていて奥のテーブル席に案内
された。テーブルは4人がけなので付けさせてほしいとお願いしたら料理を出しにくいと
断られてしまった。これ以上奥はないのだから別にそんなに出しにくくはないはずだと
思ったが【ちょっと違う】なという感じ。マスターに会いたくて呼んで頂き久しぶりに
お目にかかることが出来た。そのあとはマスターがお料理は見つくろって出して下さった
ので気持が良かった。乗った電車はガラガラで子供達は元気に遊んでいる。

ホームへ   ハイキングのページへ