あざみ手編み同好会
高 尾 山 標高599m
高尾山口〜6号路〜高尾山〜ケーブルカー〜高尾山口
2019年7月7(日)雨
 梅雨空が続いております。
 朝起きるとやはり雨が降っておりますので景信山の予定だったのですが、
 おそらくやってないだろうと思ってKataさんにメールで連絡を取ります。
 京王高尾山口に集合と返事がありました。
 そこで急遽、新宿乗り換えで京王線で行くことに変更しました。
 新宿で準特急高尾山口行に乗車することが出来ました。
 今、私は腰を痛めているので段差の小さな急登の無い山をとお願いしました。
 中腰の仕事が多いものですからどうしても腰に負担がかかってしまいます。
 昨年の秋から体調が良くありませんで山行も減っております。
 何処を歩くかも聞いておりませんが腰の悪い私のことを考えて6号路を行くようです。
   「交  通」  自宅7:30→バス7:39発→市川駅8:15発→お茶の水(乗換)8:36着8:43発(中央線快速高尾行)→
              新宿(準特急)→高尾山口駅9:43着

   「コース」  6号路〜稲荷山合流〜高尾山〜ケーブルカー〜高尾山口

   「Menber」 Kataさんと私の2人
10:01 ケーブルカー乗り場に到着です 今日は人が少ないです
10:06 登山道の脇にはアジサイが綺麗です
10:07 いつ見見守っているお地蔵さん 合掌
10:13 6号路の登山口
10:26 登山道
10:27 分岐 上は6号路・下はびわ滝への道 6号路へ進みます
今日は腰を痛めている私の為に出来るだけ緩やかな登山道を進みます。
水・木・金は16000歩〜18000歩あまり歩くようにしております。
もう少し何年も先まで山を歩いていられるようにと思って歩いております。
10:29 びわ滝ではこれから滝に打たれる
修業が行われるようです
10:51 登山道
10:54 登山道

11:00 粘板岩
11:00 硯岩
11:01 登山道 沢に沿って歩きます
11:07 ハナイカダ(花筏)雌雄異株なので、実を付けるのは雌株
11:08 登山道
11:09 大山橋を渡ります ここで喉を潤います
11:13 大山橋を出発します
11:14 登山道
11:18 登山道 根が出たり岩が出ていたりするところがあります
11:22 登山道
11:23 登山道
11:28 橋の下を流れる沢です 若者が橋の上で写真を撮っています
11:30 登山道
11:34 6号路は直進ですと書かれています
11:34 橋を渡り稲荷山コースと合流する地点に進みます
11:34 道標 通行注意!倒木有りとあります
11:34 登山道を進むと
11:35 お〜!なるほど 大きな倒木があります
でも足の置場を作ってありますので渡るのは楽ですよ 
11:36 登山道
11:38 稲荷山コースとの合流地点に到着です
11:40 稲荷山と6号路の合流地点を出発します
大学のワンゲル部の夏のボッカ訓練で大きな荷物を背負ってました
11:41 登山道 木道の上を歩きます
11:44 登山道  雨の為に道はぬかるんでいます
11:45 登山道
11:48 悪路がしばらく続きます
11:50 ハナイカダ この実が黒くなります
11:57 コース案内図
11:57 道標 高尾山頂・ビジターセンターへ向かいます
11:58 階段を登ります
11:59 長い階段が続きます
12:04 長い階段を終わりやっと高尾山へ到着しました
12:04 道標
12:04 高尾山頂 人は少ないです
12:07 高尾山頂 599m 皆さん写真を撮ってます
 屋根のある所でお昼にすることにしました。
 そこには大勢の若い人たちが写真を撮ったり食べたり賑やかです。
 先生と言われる人がいるので同級会か同窓会のようです。
12:32 ガクアジサイ
12:32 ガクアジサイが綺麗です
12:32 登山道 やまびこ茶屋の前を通過します
12:33 ホタルブクロ
12:35 道標
12:38 ガクアジサイ(額紫陽花)
12:49 階段を下ります
12:55 本堂 合掌
12:59 アジサイ
13:11 参道
13:17 ヤマユリ
13:22 ケーブルカー 今日はこれで下ります
13:53 京王高尾山口駅

今日は私の体調は大丈夫かと心配しながらの
高尾山登山でした。
ゆっくりゆっくり歩いたので何とか大丈夫でした。
こんなことでもないと高尾山は巻いていくことが
多いのです。
楽しみにしている花は少なかったですがのんびりと
歩けました。
こんな雨の日でも山を歩いている人もいます。


ホームへ   ハイキングのページへ