高 尾 山 

流水麺さん主催の親子登山に参加して 2003・6・14 曇り

                  ホームページを通じてお知り合いになった流水麺さん主催の親子登山に参加しました。
                  梅雨に入り雨という予想のもと、雨具などしっかり準備が出来る人という条件でした。
                  4歳から7歳の子供達7人とその子供達の親とサポート3人とカネコ隊長と流水麺さんでした。
                  雨になるかと思ったのですが、晴れ間ものぞく蒸し暑い一日でした。
                  高尾山口9:15集合。清滝駅のセッコク(もう枯れかかっていました)を見て登山開始です。


  高尾山口→琵琶滝コース→沢沿いに進む→高尾山頂上→リフトにて下山

  9:55
  琵琶滝を過ぎて登りにかかった所です。
  琵琶滝では、2人の人が滝に打たれて修行していました。
  お父さんやお母さんに手を引かれて元気に出発です。
  琵琶滝の手前では、桑の実が赤や紫に熟していました。
  キイチゴの実も黄色に色づいて綺麗でした。
  子供達は桑の実やキイチゴ(モミジイチゴとも言う)を
  親にとってもらい美味しいと言って食べていました。
  

ウリノキ(ウリノキ科)
   高さ3〜4mの落葉低木で
   野菜のウリの葉に似ている
   6個の花弁はクリンと反り
   返っていてとても可愛い

                           11:38
                              6号路のセッコクはまだ綺麗に残っていました。
                              セッコクを後にして沢沿いを進みます。
                              沢の水は少ないのですが、落ちないように
                              お父さん、お母さんに手を引かれて登ります。

11:45
   沢を登りきると木の階段が待っています。
   子供の足には階段の幅が広いので
   気をつけて歩きます。
   まもなく高尾山頂上です。
             12:10到着
                       早速「お疲れ様」と大人はビールで乾杯!!
                       思い思いにお弁当を頂きます。
                       雨が降らなかったのでベンチや広場にお弁当を
                       広げることが出来て本当に良かったです。
                       最後に記念撮影をして下山することにしました。
13:35
頂上から少し下った所にトイレがあります。
子供達は元気で何かを見つけるとすぐ
それを材料に遊びに転じます。
大事そうに何かを持って
歩いている子供がいます。
クワガタを
拾ったのだそうです。
13:54
薬王院に到着しました。
子供達もお線香を買ってもらってお参りしました。
境内に大きな杉の木があり誰もが見られるように
望遠鏡がおいてあったそうですが、今はもうありませんでした。

ユキノシタ
湿った岩上などに生える多年草、
人家にも よく植えられている
遠くから見ると白っぽく群生している
よく見ると5弁の美しい花である
イロハモミジの若い実(カエデ科)
   (別名)タカオカエデ
 

雨が少し降り出してきましたが、
たいしたこともないのでリフトで下りることにしました。
私は初めて乗りましたが、ずいぶん長い距離を乗ります。
モミジの頃は赤く染まって綺麗だろうと思います。

 
ヤマボウシ(ミズキ科)
落葉高木
花は中心に20〜30個集まった球形の
頭状花序で回りに4枚の大型の白い
総包片が付いています。
白い4枚は花ではなく総包片です。
  黄色いセッコク
  猿園の所のお店で売られていた
  セッコクです。珍しいのでちょっと
  失敬してパチリ

   タコ杉
     タコ杉に穴が開いているのを
     お母さんに抱っこして見せて
     もらう子供
  15:15
  リフトで清滝駅に到着しました。
  ここで遠くの方が1組帰りました。
  家の中から大きな木が出ている事で
  有名な高橋蕎麦店で反省会?です。

                     初めて親子登山に参加させて頂きました。
                     多感な大事な時期の子供達に接して、
                     決して弱音を吐かず最後まで歩くのには
                     感心しました。そして色々な事に興味を
                     示して遊ぶと言う事は大切なことだと思います。
                     又、このような機会がありましたら参加させて
                     いただきたいと思います。
                     予断ですが、家にたどり着いたら何故か12時でした。

 

トップへ   ハイキングのページへ