高尾山(599m)景信山 (727m)

6号路〜高尾山〜小仏峠〜景信山〜ヤゴ沢コース
2018年8月11日(土)晴・雨
 今日はKataさんが休みで高尾山に行きましょうと言う事で高尾山口駅で待ち合わせです。
 体育の日と言う事で混雑しているだろうと思っていたのですが大したことはありませんでした。
 皆さん。夏休みに入っているのでアルプス・高山に行っているのでしょうか?
   「交  通」  自宅6:20→バス6:45発→市川駅7:17発→お茶の水(乗換)7:38着7:41発発(中央線特快高尾行)→
              高尾駅8:34着8:43発→高尾山口8:46着

   「コース」  6号路コース〜高尾山〜小仏峠〜景信山〜ヤゴ沢コース
   「Menber」 Katさんと私の2人
8:46 高尾山口駅
8:48 高尾山口駅を出発します
10:38 清滝駅乗り場
10:41 サギソウ(鷺草)ラン科の湿地性の多年草
和名の由来:唇弁の開いた様子がシラサギが翼を広げた様に似ている
9:00 ミズタマソウ(水玉草)アカバナ科ミズタマソウ属の多年草
9:00 ミズタマソウ(水玉草)拡大してみました
登山口に向かう途中でカメラで何かを撮っている男性がいらっしゃいます。
カメラの先の方を見ても何があるのかわかりませんので「何がありますか?」と
聞いてみました。親切に「ミズタマソウです」と教えて下さいました。
あんまり小さいので良く分からないので「どれですか?」と聞くと白い小さな花が
咲いていました。これではあまりにも小さいので見過ごしてしまいます。
もう一つ教えて頂いたのは【コバノカモメズル】があると言うので少し戻って
「これですよ。綺麗でしょう。山に行かなければないけど珍しくここにあるので
写真を撮りにきたのですよ」と帰って行かれました。
親切に教えて頂いて新しい花を見られて得した気分で嬉しかったです。
ヤブミョウガ(薮茗荷)ツユクサ科に分類される多年生草本
9:03 コバノカモメズル(小葉の鴎蔓)ガガイモ科のつる性の多年草
茎に向かい合ってつく2枚の葉がカモメの翼のように見えるので
花期は7月〜9月頃
9:06 ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い)タデ科の1年草
9:08 お地蔵様 感謝と無事を祈って 合掌
9:12 6号路登山口
9:16 ハエドクソウ(蠅毒草)ハエドクソウ科の多年草 有毒植物
根の搾汁に紙を浸してハエ取紙としたのでこの名がある
9:17 登山道
9:22 ハグロソウ(葉黒草)キツネノマゴ科の多年草
葉が黒ずんだ緑色をしているのが名前の由来
9:29 分岐 左上は6号路 右下はびわ滝
いつもはびわ滝に行きますがたまには6号路へ
9:31 登山道
9:34 登山道
9:37 タマアジサイ(玉紫陽花)アジサイ科の落葉低木
つぼみが球形であることから名付けられた
9:56 登山ルート
9:56 硯岩
10:03 登山道
10:06 大山橋
10:09 大山橋を出発します
10:13 登山道


10:13 登山道
10:24 登山ルート
10:28 6号路
10:28 道標
いつもは稲荷山コースと合流するのですがあまりにも人が多いので6号路へ行くことにします。
この6号路は大分昔に親子山で歩いたのですが忘れてしまいました。
沢を石伝いに進むのですが子供たちには人気です。
10:28 登山道
10:29 登山道
10:32 道標 高尾山頂へ進みます
10:33 沢を抜けた後の登山道
10:35 階段を登ります
10:38 階段が続きます うんざりです
10:39 やっと階段を抜けました
10:43 またまた階段です
10:52 広い所に出ました 沢山の人が休んでいます
10:52 案内板
10:53 登山道
10:53 道標
10:55 登山道
10:57 登山道 トイレの所に出ました
10:58 キンミズヒキ(金水引)バラ科の多年草
11:00 道標
11:03 高尾山山頂 標高599m 人は少なかったです
11:09 ハギ
雲が多くて富士山は見えませんでした 天気が良ければこんなに多くの山を見られます
11:10 富士山が見えないので下ります
11:13 高尾山頂から石段を下るとここに下ります
11:15 登山道
11:16 マツカゼソウ(松風草)ミカン科の多年草
11:16 登山道
11:17 ガンクビソウ(雁首草)キク科
下向きにつく頭花がキセルの雁首に似ている
11:27 道標
11:27 登山道
11:31 ヘクソカズラ(屁糞葛)アカネ科の蔓(つる)性多年草
11:31 ヤマノイモ雄花 ヤマノイモ科のつる性多年草
11:40 登山道
11:45 登山道
11:47 一丁平に到着しました ここで小休憩
11:57 10分程休憩して出発します
11:59 コブシの実(辛夷)モクレン科
12:01 ヤマボウシの実 これから赤くなります 食べられます
12:03 ホウノキの実(朴の木)実は袋果の集まった集合果で
袋果は赤く熟す
12:09 登山道 右の登山道に入ります
12:11 登山道
12:15 伐採されてその辺りは木は何もありません
12:16 登山道
12:21 道標
12:22 登山道
12:22 山芋の花 今の時期あちこち沢山咲いています
以前御嶽山へ行った時地面から出ているように咲いているので今頃フタリシズカが
咲くわけないし不思議に思い帰ってから調べたことがありました。
帰って調べると山芋の花とわかりました。
12:23 登山道
12:27 登山道 左上の登山道は小仏城山へ行けます
12:29 登山道
12:31 先ほど行った高尾山が見えています 手前は一丁平
12:32 ガ
12:34 登山道
12:38 分岐 階段を上ると小仏城山
12:41 登山道
12:44 正面には相模湖・天気が良いと富士山が見える場所です
12:45 相模湖 今日は富士山は姿がありません
12:49 高速道の上下線は混んでいてあまり動いていないようです
12:55 小仏峠の地図売り場はお休みです
12:57 小仏峠のタヌキ
12:57 お地蔵様 感謝と無事を祈って 合掌
12:58 小保音家登山口を出発します
12:59 登山道
13:02 登山道
13:04 登山道
13:13 登山道
13:22 登山道
13:23 登山道
13:37 景信山に到着しました
湿気が多くて暑くてくたくたです。
「ロープ出して」なんていいながら登るけどなかなか進みません。
景信山直下はKataさんが後ろから押してくれました。
景信山には登山客は誰もいなくてHiroちゃんはお客さんがいなくなったので草刈りをやっていました。
茶屋に着くとカキ・ナッツ・ココが一斉に吠え始めました。
餌をくれるのをわかっているので凄いことになりました。
高尾山と言う事だったけどもし景信山に行けば犬がいるだろうと思い持ってきて良かったです。
ビールを1本の見終わった頃雷はなって雨が降ってきました。
ザーとすごい降り方でしばらく待つことになりました。
14:01 今日の景信山の温度です
14:04 ザーザー降りですが雨が撮影できません
14:37 雨がほぼ上がったので雨具を付けて下山します
14:37 景信山直下の登山道
14:39 雲が下から上がってきます
14:41 登山道 滑らないように注意して下ります
14:42 分岐 ヤゴ沢へ下ります
14:42 登山道
14:49 登山道
15:13 タマアジサイ
途中で犬のマロンとNaruちゃんが下って来ました。
そしてナナがHiroちゃんの奥さんとマロンの飼い主が下って来ました。
若い時は早く下って来たこともありましたが最近はゆっくりゆっくり歩くようにしています。
14:49 登山道 水の流れが多いです
15:13 登山道
15:19 登山道
15:21 登山口に到着しました
15:38 キツネノカミソリ(狐の剃刀)ヒガンバナ科の多年草
2〜3株ほど残っていました
15:42 小仏バス停 バスは出たばかりでした。
今日は湿気の多い日でしたので凄い汗で搾れるほどでした。
女性がいなかったのでトイレで着替えることにしました。


ホームへ   ハイキングのページへ