たかみずさんざん
  高 水 三 山 その2

岩茸石山、惣岳山  曇り 2003・6・28(日)


岩茸石山(793m)

高水山を下り始めるとギンリョウソウが姿を現しました。
滑りやすい坂を下り、小さな鞍部へおりゆるい尾根道を進みます。
岩の出た登り(これはとても短い)を行くと岩茸石山に到着です。
12:35
←岩茸石山山頂です。
後ろには棒ノ折山が見えています。

山頂風景です。→
若い人や中高年の人たち、
小学生もいて賑やかです。
ここで昼食にします。
今日は暑いのでおにぎりと
冷やっこです。

頂上からは棒ノ折山、川苔山、反対方向は大岳山と御岳山
日の出山などを望むことが出来ます。
       
     
棒ノ折山
川苔山
大岳山と御岳山
日の出山

                        1時間ほど頂上で昼食と休憩を取り次の惣岳山へと出発することにしました。
                        南の尾根を下ると巻き道とあい、緩やかな尾根を進行きます。
                        やがて二分する道に出るが、右の露岩のある登りを進みます。
                        ヘリの音がひっきりなしに遠くなったり近くなったりしています。
                        切り倒した材木を運んでいるようです。
                   
これから登る惣岳山(756m)

ヘリが飛んできてホバーリングを
始めると下にいる人がサッとヘリ
から出ている物に材木の綱を掛け
実にコントロールがよく見事です。
14:20 惣岳山(756m)
14:15 露岩を登るが短い

                             山頂には青渭神社があります。
                             この神社は延喜式内社として知られ、そのルーツは
                             古墳時代までさかのぼるといわれるほど歴史の古いものだそうです。
14:20 山頂に立つ青渭神社
惣岳山山頂(759m)
大きな杉に囲まれ展望は良くない 
14:35 真名井天神の水場
水は流れていませんでした。
最後の登り
                          尾根道を下って行くと鉄塔があり数人の人が休んでいます。
                          我々も一休みして喉を潤します。
チダケサシ
オカトラノオとモンシロチョウ
ガクウツギ

                          花の少ない時期ではありますが、アジサイ、ウツギ、クサノオウ、
                          オカトラノオ、チダケサシ、ギンリョウソウ、などありました。
                          御岳山に来たら玉川屋で蕎麦を食べるのも一興ということで私達も
                          寄って見ることにしました。
                 
15:40 玉川屋
珍しい髭のある達磨
お客様が沢山来て繁盛
するようにと願っての
達磨だそうです

                           蒸し暑い一日ではありましたが、700m級の三つの山を登ってきました。
                           秋には紅葉が綺麗だろうと思います。
                           機会があったらその頃行って見たいと思っています。


 

<ホームヘ>   <岩茸石山へ>   <ハイキングヘ>