おむすび山から高川山975.7m
2010年5月22日(土)晴れ  

 おむすび山という面白い名前の山は行ったことがないので楽しみにしていく。
 高尾駅で待ち合わせ。高尾駅に着くと時間がないので隣のホームに停車中の電車に飛び乗ります。
 席を取っておいてくれたので大月駅まで座っていけました。
 今日もまた、ザックを背負った人たちがそれぞれの駅で下車していきます。


「交  通」   市川駅7:02発→お茶の水7:24着7:25発(乗換)→高尾駅8:18着・高尾駅発8:20発→大月駅8:57着

「Menber」  Wtaさんと私の2名
「コース」   大月駅9:06→登山口9:27→おむすび山9:37→天神峠11:07→田野倉・禾生駅分岐13:10→高川山13:21
          高川山14:16→男坂14:35→男坂・女坂合流地点14:51→登山口15:08→初狩駅15:34
 
9:06 大月駅を出発
9:06 立て替えられて綺麗になった駅前を行く
大月駅の改札を出て駅を背にして右に進行方向へ進むと国道20号線に合流する。
道路に「距離表」と書かれた丸いプレートが埋め込まれて94k600と刻まれている。
日本橋からの距離なのだろうか?。
車道を横切り橋を渡り進むと石垣の所に「おむすび山展望台登山口」(旧陸軍防空監視所跡)
と書かれた道標があるので道標にしたがって右折して進む。  
9:10 20号線と合流する
9:16 車道を横切る
9:17 橋を渡る
9:26 民家の前を左折して通らせていただく
石垣の所の道標に従って右折して坂を上っていくと突き当たりに民家がある。
ちょうどおじさんがいたので「通らせて下さい」とお断りして左折する。 もちろん「高川山」という道標が立っている。
9:27 登山道に入る
9:34 カタクリの群生地という道標あり
9:37 おむすび山 富士山が望める
9:39 聴音壕の跡 旧陸軍防空監視所跡
ここがおむすび山ということはずっと先になって知ることになる。
道標もないのであとでWataさんに「どこにおむすび山があったの?」
と聞いておむすび山を知ったのでした。
カタクリの群生地と書かれているので春に又来てみたいと思う。それに
イカリソウの葉が沢山見られたのできっと沢山の花を咲かせてくれることでしょう。
9:37 大月防空監視哨跡
9:45 登山道
9:46 ウツギ
9:52 富士山
9:53 ツクバネウツギ
10:05 クレマチス(興ざめがします 園芸種でしょ)
10:06 ハンショウヅル
二人とも花が大好きなので花を探しながらゆっくり歩きます。
そんな時、園芸種であるクレマチスがあると興ざめですね。
誰かが植えたのでしょうか?
10:09 登山道
  笹がはびこってしまった登山道
  色鮮やかなブルーの花がリンドウカナト思って
  近寄ってみるとホタルカズラでした。
  乾いた山地に生える多年草。和名は花をほたるの
  光にたとえたもの。
10:15 ホタルカズラ
10:18 ギンラン
ギンランが登山道脇に点々と咲いています。
今年はキンランは高尾で見ましたが、ギン
ランはまだ見ていなかったので嬉しいです。
ひとつ見つかるとここにもあそこにもと
目に付きます。
この時期にたくさんの花に出会えて二人とも
嬉しさ一杯です。
イカリソウ
チドリノキ
アップダウンを繰り返しながら気持ちの良い緑の中を進みます。
ウツギがあったりチドリノキがあったりコゴメウツギやヤマツツジが
あり花が絶えることのない登山道です。
時折明るい尾根に出ると町が見えて素晴らしい眺めです。
10:38 ヤマボウシ
10:42 登山道
10:51 急登
11:06 祠
11:07 天神峠
11:07 馬頭観音
昔の人たちが通った道なのでしょうね。馬に揺られて上り下りをしたのでしょう。
昔の街道を通るとき、わらじを履いて歩いたことを思うと頭が下がります。
11:09 おてんじんさん
11:46 田野倉駅・おむすび山分岐
12:32 休憩して昼食
アップダウンを繰り返しながら
緑の中を進んでくる。
高川山の登山道に入ると人と
会うようになったけれどそれまで
私達だけの登山道と言う感じで
殆ど人と会うことはなかった。
到着したのが12時前なのでここで
昼食にすることにする。
黒っぽい蝶々が戯れている。
時々登山者が行きかうが静かだ。
ただ蟻が沢山いるのには困ったものだ。
12:35 イカリソウ(標高が上がったので残っている)
12:42 岩が出始める
12:46 岩の登山道だが困難ではない
12:50 岩の登山道を過ぎると緩やかな登山道
12:58 再び大きな岩の登山道
13:05 大きな岩を乗り越えて
13:10 高川山・中谷入(田野倉駅)古宿(禾生駅)
松葉入(田野倉駅)むすび山(大月駅)分岐
13:12 まだチゴユリが残っていました
13:14 山頂が近づくに連れヤマツツジの色が鮮やか
13:14 美しいヤマツツジに誘われて足も止ります
13:20 高川山直下
13:21 高川山山頂
ゆっくり花を探しながら歩き、写真を撮りながらなので結構時間がかかりました。
でも日も伸びたことだし急ぐたびでもないので山頂でゆっくりします。
山頂は人も少なく静かです。数人がいるだけです。
この高川山は蝶々が沢山飛んでいます。来るたびに蝶々の多い山だと思います。
でも羽がぼろぼろになっています。人間に止ってじっとしていたりします。
3頭ほどの蝶が戯れていますが羽の音のこすれる音が聞こえてきました。
あいにく富士山はガスってよく見えません。
      高川山山頂にて
13:40 この蝶の羽もボロボロでした
ヤマツツジとアゲハチョウ
13:49 羽は綺麗でした
13:21 私の肩に何度も遊びに来ました
でも羽はぼろぼろで何だか可愛そう
高川山山頂にて
この日の山頂はとても静かで数人しか
いませんでした。若い方が多かったかな。
まだ山を始めて数回しか登っていないと
言う人もいました。記念に写真を撮って
あげたので撮って頂いたり。
柳沢峠ってどこですか?と聞かれました。
初心者にはお勧めでとても良い所です。
あいにく富士山はガスってはっきりとは
見えませんでした。
13:51 山頂に立つ道標
14:14 高川山より
14:16 下山開始
14:19 ハナイカダがありました
14:24 羽根子山40分-大岩山120分初狩駅210分・女坂.男坂80分
14:26 カントウマムシグサ 仏炎包が緑色
14:28 ヤマツツジの美しさに引かれ思わず足も止ります
14:33 男坂・女坂の分岐 男坂へ進む
14:34 登山道
14:46 登山道
14:51 男坂・女坂の合流地点
14:55 コアジサイが蕾を持ってます
15:06 ジュウニヒトエ
15:08 登山口
男坂は滑りやすいところもありますが緑に囲まれた下山道です。
花は余りありませんでしたが、私がいつも気になっているスミレの
葉が残っていたり、ギンランが咲いていたりします。
登山口近くなるとジュウニヒトエがまだ咲いていたり、スミレも咲いています。
ホウチャクソウも沢山ありました。
3頭ほどの蝶登山口に着いて先へ進むと滝子山が良く見えています。
15:24 オドリコソウの群生
15:24 オドリコソウ
15:30 自徳寺霊園300m・高川山の道標
15:34 初狩駅に到着
「そろそろオドリコソウがあっても良いのにね」と話しながら駅に向かっていると
オドリコソウの群生しているところがありました。
二人はうれしくなって夢中で写真を撮ります(私だけですが)。
ヒメオドリコソウはあちこちに沢山見かけますが、オドリコソウはなかなか見られません。
駅に着くと数分後に高尾行きの電車があってそれに乗れました。
高尾駅で下車し二人で「あさかわ」に寄ります。武蔵野山荘の方たちと一緒に楽しい一時を
すごしました。

ホームへ   ハイキングのページへ