生藤山〜陣馬山〜明王峠〜相模湖 
                2006年5月4日 (木)晴れ

【交 通】 市川6:05発→御茶ノ水乗換(6:27着・6:34特快)→
                      高尾7:31着7:46発(河口湖行き)→上野原着8:07

【Menber】 Soさん・Uさん・Yoさんと私の4名

【 コース 】 約8時間

            連休の一日を「生籐山」に行く事になり上野原で待ち合わせる事になった。
            電車の中は登山客で一杯だ。高尾駅で河口湖行きに乗換て上野原で下車
            する時に偶然見たことのある人に会う。「お早うございます」どちらから
            ともなく声を掛け合う。ツアーで「鳥の胸山」に行った時に会った方だ
            と言うことはすぐにわかった。鳥の胸山には道が判らず行けなくて途中で
            お弁当を一緒に食べて写真を写したことがあった方でした。
            以前にも高尾駅で偶然お会いしたことがある。
            「どちらへ?」「坪山」と言う返事が帰って来た。先日ツアーで行った所だ。
            今、坪山は人気の山とあってバスは臨時便が出る勢いだ。
            我々が乗ったバスはガラガラの状態だ。
            ホームページを見て頂いてるようで「彼方此方行ってますね。」と言われ
            嬉しい気持ちになる。

8:46 石盾尾神社前で下車
 ここで下車したのは我々だけ。
 バス代は410円
8:56 生籐山登山口
 バスを下りて緩やか舗装道路を
 登ってくるとタクシーが後から
 追い越していった。
 「生籐山」と書かれた道標の所で
 タクシーの女性乗客と出会う。
 ここから登山道に入る。
 登山道に入ると左上の方に馬頭観音
 がある。ジグザグに登っていく。
 9:12 林道に出る
 少し休憩して上り始める。
 イカリソウ、スミレ、ヒトリシズカ
 が咲いている。
 登山道は黄色いヤマブキの花が
 あたり一面に咲いていて美しい。
 Yoさんが「ヒトリシズカ
 と言う名はいい名前で
 すね」と感心されていた
 白い花は清楚で凛として
 美しいといつも思う。

 マムシ草が芽を出した
 ばかりでした。
9:38 合流地点
 林道から25分登ってくると下岩御霊からと
 上岩バス停からとの合流する場所に着く。
 のんびりのぼってくるので25分ほどかかった
 がさっさと登ればもっと早く着くと思う。
 この辺りの新緑が美しい。
  
9:42 チゴユリ
 可愛いチゴユリが
 姿を現し始めた。
9:51
 桜がまだ残って
 いて地面には無数
 の花びらが落ちて
 いる。生籐山の
 桜道は有名だ
9:56 甘草水広場

 桜の花は散ってしまっているが
 富士山が姿をあらわしている。
 広場では数人の人たちが休憩
 している。下を見るとブルーの
 色をしたフデリンドウが一輪
 咲いていた。
  
10:23 三国山方面へ

  10分ほど休憩してYoさんが
  初めてなので巻かないで先へ
  進む事にする。
10:24 三頭山
10:25 三国山山頂 960m
 東京都・神奈川・山梨
 が接している所で
 ニホンザルが生息して
 いるそうですがまだ
 出会った事はありません。  

    
10:30 
 三国山を後にして
 まもなく岩の登山
 道となる。
 これを登れば
 生籐山
  
10:32 生籐山 990.3m 
 藤野町十五名山
 山頂は狭くベンチが
 数個ある。富士山
 見えず。少し休憩
 して先に進む。  
 
10:39 急坂
 生籐山山頂ではほんの数分
 いて下山する事にする。
 下山後にパソコンを少し
 勉強することが待ってい
 るのだ。
 生籐山から緩やかに下って
 来ていたのに急坂が待って
 いたのだ。「こんな所が
 あったかなぁ」なんて言い
 ながら注意して下る。
  
10:49 まき道
 醍醐丸まき道を進む。Uさんは
 「山に来てまき道を進むなんて
 ことはダメだ」ときつ〜いお言葉だ。
 私は初めての所は巻かないで進む事
 にしている。次回からはわかっていて
 巻くのだからそれはその人の自由だろ
 うと思う。まき道は細くてすれ違うこ
 とはとても困難だ。人が一人通れるだ
 けの巾しかない。
10:57 階段
醍醐丸・茅丸を巻いて
行くと階段が現われる。
醍醐丸・茅丸を巻いて
初めて生籐山に登るYoさん
にはお気の毒だなと思うが
再度挑戦して頂きたいと
思います。
11:02 連行山
 階段を登りきると
 連行山に到着する。
 2〜3人の人がベンチ
 で休んでいたが休まず
 通過する。
 
11:05 陣馬山
 陣馬山の山頂が見える。
 まだまだ遠いなぁと言う
 感じがする。
 シンボルの白い馬も
 見ることが出来る。
11:37 登山道
 連行山より
 下って新緑の
 細い登山道を
 進む。

11:46
 和田峠への
 まき道

 まき道を進むと
11:57 ヤブレガサ
 ヤブレガサとは
 ぴったりの名前
 だといつも思う。
 でも今の若い人
 達はこの傘を知
 っているだろうか?
12:28 和田峠
 出口が見えてくる。
 林道に出て少し
 進む。
 マムシ草・ヒトリ
 シズカの花が目に
 つくようになる。
     
                   駐車場が見え、和田峠に到着です。
                   Sさんはまき道を行こうと言い、Uさんは階段を
                   行こうと言い、さてどっちを行こうかということだ。
                   Uさんに押し切られた格好で階段を行く事となった。
                   実は私も階段は苦手だが、まぁ、仕方が無い、行くと
                   しますか。
     
                   4回階段をフーフー言いながら登ると陣馬山頂に着く。
                   こいのぼりが泳いでいる。あとで清水小屋のおばあちゃんが
                   男のお孫さんが産まれたのでと話してくださった。
                   久しぶりの陣馬山だ。ついつい景信山が多くなり陣馬山は
                   めったに行かない。清水小屋に着きさっそくビールを頂く。
                   久しぶりにお会いするMoさんご夫妻、犬のユキとHiさん、
                   Toさんなどと挨拶を交わす。
                   富士山は雲の中でした。沢山の人が草原に座りお弁当を食べています。
     
15:05 明王峠
14:30頃陣馬山を出発して明王峠へと向かいます。
 今日は明王峠の茶屋は営業しています。
 やはり茶屋が開いていると嬉しくなります。
 お孫さんや家族の方の姿が見える。
 外のベンチにおじちゃんが座っています。
 「おばちゃんは?」と聞くと来ていると言うので
 「おばちゃん」と店の奥に声を掛ける。お元気そうな
 お顔を見ることが出来て嬉しくなる。
     
                    久しぶりに明王峠のおじちゃん、おばちゃんと話をして
                    天ぷらを頂いて15:30頃出発し、15:49に大平小屋に到着。
                    貝沢コースへ下り、ジュウニヒトエの写真を撮り、イチリンソウ
                    の姿をカメラにおさめて16:39相模湖駅に到着しました。

ホームへ  ハイキングのページへ