釈迦ケ岳 1641m
                2007年3月18日(日)晴れ

クラブツーリズムバスツアーにて(23名)


      山梨100名山の一つである釈迦ケ岳は甲府盆地の南縁、御坂山塊の北側に位置し、
      富士山、南アルプス、八ヶ岳の山々が眺められ絶景のパノラマが広がっています。
      今日は素晴らしい山々を眺めることが出来ました。

「コース」
      新宿発7:30→中央道→釈迦ケ岳入口9:39→釈迦が岳登山口10:10→尾根10:42→
      釈迦ケ岳(1641m)11:20昼食12:00発→府駒山(1562.4m)12:40→日向坂峠分岐13:04→
      日向坂峠13:12→上九の湯(入浴)14:22着・15:30発→新宿

「Member」 ツアー23名・(我がメンバーは3名 Mさん.Iさんと私)
          講師 清水先生・添乗員は蓬田さん・ドライバーは綿貫さん
 
9:39 釈迦ケ岳入口
新宿を7:30に出発
中央道を順調に走り
バスは駐車場に到着
しました。釈迦ケ岳
入口に到着し、いつ
もの様に4班に分か
れて登ります。
2005年9月に来た
時の事を思い出し
ます。写真も同じ
場所を撮っている
9:50→舗装された
林道を登ります。
10:06 釈迦ヶ岳

林道から釈迦ヶ岳
が少し見えて来ま
した。

10:10 
登山口に到着

ここから本格的な
登りになります。
10:10 釈迦ヶ岳

登山口から前方に
岩の山 釈迦ケ岳
が見えます。
岩とロープがある
ので気をつけて
登るようにと注意
があります。
     
10:25 登山道
落葉樹の中をジグ
ザグに登って行き
ますが急登です。
歩きなれた人が多
いのでしょう。遅
れる人もなく順調
に歩があってます
10:42 尾根
尾根道に出ます。
ここから木々の間
から金峰山や八ヶ
岳が見えます。
団体さんが釈迦ヶ
岳から下りて来ま
した
11:06
岩場・ロープ

尾根を出発すると
今迄とガラリと登
山道の様子が違い
岩場が出てくる。
綱があるが、使う
必要はない様です
山頂まで岩場が続
きます。天気が良
いので展望が素晴
らしい。金峰山・
八ヶ岳・南アルプ
スが眺められて足
を止めて見てしま
います。
11:20 釈迦ヶ岳

山頂に到着すると
岩の山で美しい
富士山が正面に
見えます。夫婦
地蔵が有名です
秋には洋服を着
ていらっしゃら
なかった
   
 11:35 富士山

清水先生もこれだけくっきり
見える富士山は珍しいと言
われたが美しい富士山です。
風もなく富士山を眺めなが
らお昼のお弁当を頂き何と
贅沢な事でしょう。  
11:43 釈迦ケ岳山頂 1641m

清水先生・添乗員の
蓬田さんにも入って
頂いて記念撮影です。
  
三ツ峠
黒岳
    
八ヶ岳
金峰山
甲斐駒岳 鳳凰三山  
北岳 間ノ岳  
南アルプスをバックに

あまりの美しさに
私も南アルプスを
バックに記念写真を
撮って頂きました。
12:08 下山道

12時に山頂を
出発してロープ
があり少し間隔
をおいて下ります。
12:31 釈迦ヶ岳

アップダウンを
繰り返しながら
下ってくると後
には今登った
三角の釈迦ヶ岳
が見えます。
12:45 府駒山
温度計は8℃です
展望は落葉樹に
囲まれていて
ありません。
13:04 登山道

府駒山からは
落葉樹林の間を
歩くのでのんび
りです。
13:13→
日向坂峠分岐
(どんべい峠)

登山口です。
ここから舗装
道路を歩いて
駐車場まで行
きます。
13:13
 黒岳登山口
日向坂峠分岐か
ら黒岳に登ること
もできます。
清水先生が釈迦ヶ
岳に登って黒岳に
登るのも良いかも
しれないと言われ
ましたので次回は
中級登山のコース
が加えられるかも
知れません。舗装
道路から南アル
プスと釈迦ヶ岳
が見られます。
14:22 
上九の湯

駐車場からバス
で下り温泉に入
り疲れを取りま
す。生ビールは
ありませんが缶
ビールはありま
す。
15:30 温泉
出発して新宿に
向かいます

                最高の天気にも恵まれて富士山.金峰山.八ヶ岳.南アルプスなど
                堪能することが出来た素晴らしい一日でした。
                今回は2005年9月の時より時間も早くどんべい峠まで下山できて
                黒岳に登ることも可能な時間でしたので又、そのような企画が
                出来れば来て見たいと思います。

ホームへ   ハイキングのページへ