笹子雁ヶ腹摺山(1357.7m)晴
笹子駅〜笹子雁ヶ腹摺山〜笹子駅
2019年7月9日(日)晴

 山梨県大月市と甲州市の境にある山で標高は1357.7m。山梨百名山の一つです。
 渡り鳥であるガンが、その腹をするようにして尾根を飛んでいくことからその名がついたと言われています。
 大月市には笹子雁ヶ腹摺山、雁ヶ腹摺山、牛奥ノ雁ヶ腹摺山という山もあります。
 雁ヶ腹摺山(500円札の富士山の写真)は2005年5月に行ったことがありました。
 今回は笹子雁ヶ腹摺山へ行くことになりました。
 日曜日の朝6時台のバスがないので二つ先のバス停まで歩きますが、時間に余裕があったにもかかわらず
 家を出るのが遅くなり予定のバスに乗り遅れてタクシーが来ないかと後ろを振り向きながら歩き仕方なく
 4つ先のバス停まで歩く事になり汗だくです。
 すぐバスが来て乗ったけれど今度は電車に間に合うか内心イライラしてました。
 バスは市川駅に着いて電車にぎりぎりで間に合ってホット一安心です。
 Kataさんとは高尾で待ち合わせていたので、高尾で降りて駅の売店でおにぎりを買って乗車しました。


   「交  通」  自宅6:35→バス6:49発→市川駅7:17発→お茶の水(乗換)7:38着7:41発(中央快速高尾行)→
               高尾乗換8:34着8:44発→笹子9:40着

   「コース」  笹子駅(9:40)〜登山口(10:33)〜雁ヶ腹摺山(12:56)〜笹子駅(15:57)

   「Menber」 Kataさんと私の2名

9:40 笹子駅着 トイレ等を済ませ準備をして出発します
9:51 笹子駅を出発します
9:52 横断歩道を渡り駐在所の所を滝子山と反対方向へ進みます
9:55 国道20号線を暑い中延々と歩きます
国道を歩いていると左側に【笹子鉱泉】と言う看板がありましたが10年ほど前に
やめたそうです。うどん・そばと看板もありましたがやってなさそうでした。
帰りに地元の方に聞いたらやめてしまって大月にも日帰り温泉はないと言う事でした。
10:03 笹子川・黒野田橋の看板 大きく右のカーブした所にあります
10:04 笹子川にかかる黒野田橋を渡ります
10:05 普明禅院というお寺さんを右に見て進みます
10:13 甲州街道という看板が左の方にあります
10:21 登山道
10:23 左側に矢立の杉の看板があります
10:24 登山道脇に咲いています
10:25 ビロードモウズイカ(ビロード毛蕋花)ゴマノハグサ科
10:26 コンビニがあったようですが今は営業しておりません
10:27 この先400m笹子トンネル
10:27 登山道 新中橋を渡ります 字が薄くなって読めませんでした
10:29 道標
10:31 笹子峠の看板
10:31 笹子雁ヶ腹摺山登山口
10:32 道標により坂を上ります
10:33 登山口 国道歩きが42分でした
10:33 登山道 檜の御樹林帯を進む
10:37 セミの抜け殻 登山道
10:38 登山道 最初から急登です
10:42 登山道
10:38 登山道 まだ体が山歩きに慣れてないので暑くて汗が流れます
10:55 登山道
10:58 鉄塔が出てきました ここまで急登25分でした
10:59 登山道
最初から急登が続いております。
まだ体が山歩きに慣れていないので暑さも手伝って汗が流れます。
鉄塔に着くころにはおしっこをしたようにズボンがびっしょりで冷たくなっています。
ここからまたまた急登が続きます。
11:12 道標と登山道
11:15 登山道
11:34 登山道 この辺り風がそよそよ吹いているので助かります
11:35 道標
11:35 登山道
11:38 登山道
11:40 登山道
11:47 登山道
11:50 登山道 この辺り少し緩やかな登山道です
11:56 登山道 急登が続きますが風が涼しくて気持ちが良いです
12:01 登山道
12:05 登山道
12:07 登山道 木が根っこから倒れています 木は虫に食われています
12:07 登山道 急登が続きます
12:10 登山道 比較的緩やかな登山道です
12:12 道標
12:16 登山道
12:19 登山道
12:20 登山道
12:23 登山道
12:28 登山者さん 山頂へ行って下山してきた方 初めて会った方です
12:31 登山道
ここはマイナーな山なのでしょうか?
登る方、下山する方は今まで一人も会いませんでした。
ここで下山してきた方に初めて会いました。
体が山登りに慣れてきたので最初の時のような汗はかかなくなりました。
12:37 登山道
12:42 登山道
12:44 登山道 夏ゼミの声がうるさいくらいです
12:45 シモツケソウ(下野草)バラ科シモツケソウ属の多年草
何か花があれば安らぎもあるのですが何もありません。
山頂近くになってシモツケソウがありました。
12:47 マイクロウェーブ反射板 展望はありません
12:52 登山道
12:53 マイクロウェーブ反射板から少し上に行くと三つ峠が望めます
12:56 笹子雁ヶ腹摺山に到着しました 
笹子駅を出発してから山頂まで3時間05分でした
富士山が見えるようになると笹子雁ヶ腹摺山が近いと本にはありましたが
富士山は見えませんでした。
山頂も気が生い茂り展望はありませんし山頂は狭いです。 登山口から笹子ヶが腹摺山まで2時間23分でした
山頂に着くも間もなく一人の男性が笹子峠から登ってきました。
会った登山者さんは二人だけでした。車で来たと言う事で登ってきた道を下るそうです。
山頂のベンチで昼食することにしました。笹子峠から登って来た方も昼食しました。
登る人も少ないだろうから三脚を持ってきました。
やはり誰もいないので三脚にカメラをセットしてセルフタイマーで記念撮影をしました。
13:00 笹子雁ヶ腹摺山山頂 1357.7m セルフで撮りました
13:18 道標 左は笹子峠・右はお坊山への登山道です
13:18 こちらは笹が峠への登山道
13:18 こちらはお坊山・大鹿峠への登山道
13:19 シモツケソウ
13:20 カメムシ?
13:25 笹子雁ヶ腹摺山を後にします
13:25 山頂を下山します 登ってきた登山道を下ります
13:26 登山道
13:30 登山道
登って来た急登を下るかと思うとうんざりします。
上りより下りは滑らないように注意が必要です。
13:37 登山道
13:44 登山道
13:46 登山道 ここは上り坂です
13:47 登山道
13:52 登山道
13:59 登山道
14:04 登山道 急坂を下るとモモにビンビン来ます
14:10 登山道
14:15 登山道
14:26 鉄塔のある所へ到着しました
14:33 鉄塔を出発します
14:37 祠 合掌 登りは気が付かなかったのですが小さな祠がありました
14:37 登山道
14:42 登山道 何処で間違えたのか登り口と違うところに出ました
14:43 お墓の横に出ました 登る時は違う道でしたが間違ってはいません
14:45 何の花だか可愛い花が咲いていました
14:45 お墓の前を通らせてもらいます
14:45 お墓を通過して進みます
14:47 登山道
14:47 登る時に見た笹子峠の標識です
14:49 登山道
14:58 道標 本社ヶ丸・清八山への登山道の様です
14:58 登山道
15:57 笹子駅に到着しました
笹子駅に着く前に駅を通過して笹一酒造へ行ってみることにしました。
生ビールがなかったので缶ビールでお疲れ様。渇いたのどには美味しかったです。
日帰り温泉がなかったので笹一酒造のトイレをお借りして着替えをしました。
念のため着替え一式を持ってきていたので良かったです。
最初から最後まで急登の連続でした。下りでモモが痛くなりました。

ホームへ   ハイキングのページへ  メール