利尻・礼文フラワーウォッチング
2013年6月13日(木)〜6/17(月)4泊5日の旅
4日目 6/16(日)利尻山登山(1719m)→旅館田中家(宿泊)


 今日は第4日目で利尻山登山です。
 3時起床。4時出発です。朝とお昼のお弁当を作ってあります。
 おにぎり1個くらいしか食べられませんでしたので持って行く事にしました。
 着替えとかは宿において行くので雨具と行動食とお弁当を持って行きます。
 今日も雨は降っていないので登山には有難いです。
 下りは登った道を戻ってきます。
 全員携帯トイレを宿で購入して持って行きます。
 携帯トイレは何でもよいと言う物ではなく山によって規格があるようです



         長官山まで (1218m) 3時間54分でした
4:05 野営場管理棟 宿の車で送っていただきました 各自準備運動
4:05 登山案内図
4:13 靴の底を洗う場所です
4:24 甘露泉 湧水が出ているので帰りに汲んで帰ります
4:26 3合目 270m
4:26 ツバメオモト(燕万年青)ユリ科 ツバメオモト属の多年草
4:27 ポン山との分岐
4:28 登山道
「写真撮る人は後ろへ行ってください。裂を乱すから」という事で私はいつも歩いている
ように最後尾を歩きます。個人的に山へ行っても最後尾で花を撮ったり登山道を撮ったりしながら
登ります。ただ最後尾だと花の名前をOkamotoさんが言ってもなかなか聞こえなかったりする
でイヤホンを使う事もあります。
4:29 クルマバツクバネソウ (車葉衝羽根草) ゆり科
4:33 登山道
4:36 登山道
4:37 ツバメオモト 群生している場所もあるので感激です
4:42 登山道
4:45 登山道
4:45 小さな沢のような所を進みます
4:46 ミヤマスミレ (深山菫)
4:49 登山道
4:52 登山道
4:59 4合目 390m
5:00 4合目で5分ほど休憩します 
5:04 4合目を出発します
5:12 ウコンウツギ(鬱金空木)スイカズラ科の落葉低木
私は初めて見ました
5:13 ツタシキミ(蔓樒)ミカン科 ミヤマシキミ属の常緑低木 有毒植物
5:14 登山道 順番が変わりました
5:25 登山道 頭上の方では台風のように風がうなっています
5:32 マイズルソウが群生しています
5:38 登山道 小石がごろごろしています
5:44 5合目 610m
5:45 五合目で休憩します 軽くバナナでも食べます
5:50 5合目を出発します
朝早かったので休憩のたびに何かを口にした方がよさそうです。
私もバナナを頂きました。
5:51 オオタチツボスミレ 距が白いです
5:55 登山道
6:01 石がごろごろしているので気を付けて
6:08 登山道 ダケカンバが強風の為なのか曲がっています
6:10 雪渓が見えてきました
6:13 クロツリバナ(黒吊花)(別名:ムラサキツリバナ)
【クロツリバナ】は小さな花が高尾方面で見るツリバナの形に似ているなと思って帰って調べて
見ました。沢山木があって茶色っぽい物がぶら下がっていました。よく見ると花は可愛い形をして
いました。
6:14 登山道
6:16 6合目 760m
6:16 6合目より礼文岳方面を望む 礼文岳は見えません
6:16 6合目を出発します
6:21 登山道
6:23 トイレブースです
6:24 ミヤマオグルマ (深山小車)キク科 コウリンカ属
6:32 登山道
6:33 登山道
6:36 登山道
6:41 登山道
6:45 ザゼンソウ 登山道の方を向いて待っていてくれました
6:47 登山道 頭上では相変わらず風が吹き荒れています
6:51 7合目 895m 胸突き八丁
6:56 5分ほど休憩して出発します
6:58 オオバノエンレイソウの群生
6:59 オオバノエンレイソウ まっ白で大きくて美しいです
7:01 登山道 道はえぐられて滑りやすくなっています
7:06 登山道 ダケカンバは曲がりくねり登山道にはみ
出しているのでよけなければなりません
7:15 登山道
7:20 登山道
7:24 キバナノコマノツメ(黄花の駒の爪)スミレ科の多年生植物
7:27 登山道
7:35 第二見晴台 1120m
7:36 第二見晴台で休憩します
7:41 登山道
7:49 コケモモ
7:50 ゴゼンタチバナ 若いのでグリーンをしています
7:55 コミヤマカタバミ
7:59 8合目 1218m 長官山 管理棟を出発して3時間54分でした
8:07 長官山にて 利尻山を望む
8:07 長官山にて 利尻山を望む
8:07 長官山を出発します
8:16 利尻山を前に見て進みます
8:21 避難小屋が見えてきました
8:21 利尻岳山小屋 この裏にトイレブースがあります
小屋の後ろにトイレブースがありますので利用することにしました。
私は初めての経験です。携帯トイレは2〜3回くらいは使用できるようです。
下山してから捨てる場所がありますので安心です。
8:37 小屋を出発します
8:38 登山道
8:38 雪渓を渡ります アイゼン持参と言われていたけど不必要です
8:40 雪渓
8:40 雪渓
8:41 雪渓の後の登山道
8:45 エゾエンゴサク(蝦夷延胡索)ケマンソウ科キケマン属の多年草
8:45 登山道
     【エゾエンゴサク】とても綺麗なブルーをしています。
     今回3度目と言うOohaさんはこの【エゾエンゴサク】に魅せられて参加されたそうです。
8:47
8:47 登山道
8:49 登山道
8:51 コミヤマタカバミ 綺麗なピンク色をしています
8:53 変化のある登山道になってきました
8:55 登山道 山頂はガスで全く見えなくなりました
8:58 ウコンウツギの蕾が沢山あります
8:58 登山道 強風が吹いています
9:01 エゾノハクサンイチゲが群生しています
9:01 エゾノハクサンイチゲ
9:03 登山道 
9:06 登山道 荒れています
9:10 登山道 相変わらず強い風が吹いています
9:11 9合目 1410m
9:21 大きな岩を超えて進みます
9:28 登山道 強風が吹いています
強風と霧がすごいので雨具の上だけをつけます。
時々突風が吹いて飛ばされそうになるのでしばしば立ち止まって突風の過ぎるのを
待つようになりました。霧とゴミが目に入りメガネが曇ってどうしようもありません。
9:32 大きな岩の登山道
9:38 登山道 ガスが濃くなってきました
9:44 登山道 エゾエンゴサくが登山道わきに咲いています
9:50 下りは滑りやすいと思われる登山道です
9:52 登山道 相変わらず強い風が吹いています
9:58 登山道
10:03 赤土で荒れた登山道で滑りやすいです
10:04 登山道 下りは大変です
10:07 登山道
10:08 登山道 崩れた登山道の修繕が大変でしょう
10:11 登山道
10:15 キバナシャクナゲ(黄花石楠花)ツツジ科ツツジ属の常緑小低木
10:19 登山道
10:23 登山道 ツクモグサがあるよと言う声が聞こえます
10:23 道標
10:26 利尻山山頂に着きました 1721m
長官山から利尻山まで2時間18分でした。下の登山口から利尻山山頂まで6時間13分でした。
【ツクモグサ】は八ヶ岳にあるのですがまだ見たことがありません。
ここで見られるなら最高と思ったのですが、遠くの方でガスで曇って風に激しく揺れています。
写真を撮るにも撮れませんので諦めました。
無事利尻山に到着しました。全員で記念撮影です。生憎ガスでどこも見れません。
         下山
10:26 利尻山山頂
10:48 下山開始です
10:48 下山します
10:49 登山道
11:51 登山道
11:52 エゾハクサンイチゲ
11:52 エゾノタカネヤナギ ・ヤナギ科
11:52 登山道
11:53 登山道
11:54 イワベンケイ
10:59 ハクサンチドリ
11:01 登山道 私はガスでメガネが曇るのでとって下山します
11:12 登山道 滑りやすいので注意が必要です
11:17 登山道
11:27 登山道 何かにつかまって下ります
11:30 葉に縁取りのある花ですがわかりません
11:34 登山道
11:37 登山道
11:38 登山道 滑りやすく私も滑って岩にお尻をぶつけてしまいました
11:40 登山道 岩の多い所です
11:50 9合目です
11:53 登山道
11:57 キバナノコマノツメ(黄花の駒の爪)スミレ科の多年生植物
11:58 登山道
12:03 登山道
12:08 エゾエンゴサク(蝦夷延胡索)ケマンソウ科の多年草
12:09 岩のごろごろした登山道
12:13 雪渓
12:13 雪渓
12:14 トイレブースまで下ってきました
12:33 トイレブースの所を出発します
12:41 長官山への下山登山道です
12:45 長官山より利尻山 ガスで見えなくなったり現れたりしています
12:46 長官山 ザックを置いて三角点を見に行きます
12:49 長官山にある一等三角点
13:05 長官山を出発します
13:09 登山道
13:15 登山道 滑りやすいので何かにつかまって
13:17 ウコンウツギ 白くなってしまいましたが黄色です
13:21 登山道
13:22 登山道
13:29 登山道 気が登山道に出ているので注意して下ります
13:34 登山道
13:40 登山道 石がごろごろしているので滑らないように
14:11 登山道
14:17 ザゼンソウ この辺だったよねと探しながら下りました
14:32 6合目 休憩を取ります 雨具をとります
14:47 6合目を出発します
14:56 登山道
15:01 登山道
15:11 登山道
15:16 登山道
15:36 登山道
15:38 ツバメオモト
15:42 4合目 長めの休憩をとります
15:53 4合目を出発します
16:04 ツバメオモト 群生しています 素晴らしいです
16:13 登山道
16:16 ポン山・姫沼への分岐
16:19 甘露泉に到着です
16:19 甘露水を汲んで帰ります

下山は利尻山山頂から登山口まで5時間20分あまりでした。
登り6時間13分でしたので11時間30分あまり歩きました。
登山口までは宿の車が来てくれていました。
この登山口で携帯トイレは捨てる事が出来ます。
結構長い登山でしたが、ゆっくり歩いて下さったので
楽でした。
9合目あたりからは霧と強風で大変でした。
山頂には数名いらっしゃいました。
高校生が賑やかに登ってきました。
登山道ではツバメオモトの群生やオオバナノエンレイソウの
群生、ウコンウツギ、美しい色のエゾエンゴサク、などなど
素晴らしい花に巡り会う事が出来ました。
18:30 夕食
19:25 夕食 山の歌など歌います
無事に皆怪我もなく下山できましたので楽しい夕食になりました。
一人でも怪我をしたりすると楽しい宴会にはなりません。
山の歌を歌ったりして楽しいひと時を過ごしました。
ここで一人一人自己紹介をしました。
遠くは鹿児島や新潟から参加されていました。

礼文島の第1日目へ  礼文島の第2日目へ  礼文島の第3日目へ  礼文島の第5日目へ  ホームへ   ハイキングのページへ