軍畑駅〜榎峠〜雷電山(494m)〜辛垣(からかい)〜(457m)辛垣城址
三方山(454m)〜宮ノ平駅
2015年3月22(日)晴れ

 先週は風邪をひいて土曜日の午後から日・月曜日に床に就いていたので山には行かれませんでした。
 一週間ぶりに何とか歩けそうなのでお誘いいただいていたので行くことにしました。
 大分前に日にちだけ決まっていたのですが行く場所は決まっていませんでした。
 以前は良く一緒に歩いていたのですが、しばらくぶりに一緒に歩くことになりました。
 いつも珍しい所を案内してくれていました。
 青梅丘陵ハイキングと言う事です。
 まだ歩いた事がないので楽しみです。
 【軍畑駅】で集合との事です。大分前に軍畑駅から出発したことがありました。
 思い出せませんでしたが帰って調べたら高水三山へ行ったことがあったのでした。
 2008年10月に高水三山へ浅草会のメンバーと行くので軍畑から出発したのでした。
  立川から予定の時間より早く青梅駅に着きましたが、青梅からは大分待って予定の時間でした。
 軍畑で集合しましたが、Hashiさんは初めて会う方でした。



   「交  通」  自宅6:25(バス)→JR市川駅7:17発→お茶の水(乗換)7:38着 7:41発(中央特快)→立川8:03発→青梅8:35着 8:57発→軍畑9:12着
   「コース」  軍畑駅9:26発→登山口9:56→雷電山10:33→辛垣山→9:26〜辛垣城跡11:09→ノスザワ峠11]53→
               三方山12:05着 12:31発宮ノ平駅13:49梅の湯115:56発高尾駅17:00

   「Menber」 Hagiさん・Enさん・Hashiさん・Doiさんと私の5名

9:15 青梅丘陵ハイキングコース


軍畑駅の所にあるハイキングマップです。
9:15 軍畑駅
9:26 軍畑駅を出発します 右側には店があります
9:27 踏切を渡ります
9:30 車道に出ます
 軍畑駅に集合し、トイレを済ませて出発準備完了
 駅の前にはお店が一軒あるので何かと便利です
 坂を下って行くと道標があり車道へと出ます
9:32 石に高水山と刻まれています 石を右に見て通過します
9:40 美術館とありますが変わった芸術作品がつるされていました
9:41 右手に不動明王様でしょうか?合掌
9:42 分岐 榎峠と書かれた右方向へ進みます 高水山は左です
9:42 道標 左は高水山・岩茸石山 右の榎峠へ進みます
9:51 車道歩き 外車が多く通ります
                  先ずは雷電山へ
9:55 登山口に到着しました
9:56 道標 青梅丘陵ハイキングコース 
4月5日トレイルランがあるお知らせです
9:57 熊が辛垣城跡あたりで目撃されているそうです
9:59 登山道
10:00 登山道
10:02 登山道
いきなりの急な登りで階段状になった登山道を進みます。
低い山ですが侮れない山のようです。
10:04 登山道 急な階段を登ります
10:06 やっとなだらかな登山道になりました
10:08 今度は小さな岩の登山道です
10:10 登山道 
10:10 あちこちに立っています
10:11 道標 
10:12 登山道 登りが続きます
10:16 登山道 階段になった登りが続きます
10:18 ミヤマシキミ(深山樒)ミカン科の常緑低木
10:19 木の根が張り出した登山道
10:19 のどを潤します
11:20 現在位置を示すものです 雷電山はもうすぐのようです
10:21 登山道 下りになります
10:25 下ったと思ったらマタマタ階段の登りですた
10:27 トレラン達が駆けていきます トレイルランが近いのです
10:27 登山道 階段が多いです
10:29 登山道 階段が続きます
10:321 登山道 歩きやすい登山道です
10:31 登山道 一番後ろは膝を痛めているHagiさんです
10:32 登山道 木の根の張り出した登山道を登ります
登りきると雷電山です
10:34 雷電山に到着しました 山頂はこんな感じです
10:35 雷電山 494m 低いですがアップダウンの急な上り下りでした
10:36 雷電山山頂
10:36 Hagiさんは膝を痛めているので下で待っています
10:38 雷電山の登り口にありました
10:39 雷電山を後にします
                  辛垣城跡へ
10:40 赤いミヤマシキミです まだ蕾でした
10:40 道標 辛垣城跡まで1.0kmです
10:42 登山道
11:45 道標 辛垣城跡まであと0.8kmです
10:47 登山道
10:48 小さなケルンがこの辺りには沢山ありました
10:50 道標
10:51 暖かい日を浴びて緩やかな登山道を進みます
10:54 登山道 こんな登山道なら嬉しいですね
10:55 道標 分岐になっていて500m先で合流するようです
10:55 辛垣城跡付近の案内図
10:56 登山道 急坂と書かれていた方へ進みます
10:58 登山道
10:59 登山道
10:59 登山道
11:01 大きな岩の横を通過しますす
11:03 登山道 急な上り坂です
11:05 登山道
11:06 辛垣山 457m 何もない所なので先へ進みます
11:08 登山道
11:09 辛垣城跡の説明板
11:11 大きな岩が残っています 思った程の急登はありませんでした
11:11 左右に岩が残っています
11:11 登山道 この辺りにはシャガが植えられています
11:12 岩が残る登山道
11:14 登山道 両側にはシャガがあるので咲くころは綺麗でしょう
11:21 合流地点 500m先で合流とあった場所でしょう
11:22 登山道 平たんな歩きやすい登山道です 長くは続きません
                  名郷峠・ノスザワ峠・三方山へ
11:24 小さな祠がありました 合掌
11:25 道標
11:25 道標 名郷峠
11:27 登山道
11:31 道標 
11:31 展望は開けて明るい場所です
11:32 展望
11:32 展望
11:34 キブシ(木五倍子)キブシ科キブシ属
11:35 登山道
11:35 登山道 右の方向に登山道らしき道があり
Hashiさんは駆け登って行きました
11:36 登山道 私たちは楽な平坦な登山道を歩きます
11:38 アセビ(馬酔木) ツツジ科アセビ属の常緑低木、
馬が葉を食べれば毒に当たり酔うが如くにふらつくようになる木
11:42 登山道
11:43 携帯が通じる区域のようです
11:44 ちょっと平らな所でベンチがあります 名前はありません
11:45 蝶 アカタテハかと思ったのですが違うようにも思います?
11:46 登山道
11:48 ミヤマシキミ
11:48 登山道
11:49 道標
11:50 登山道 Hashiさんは別の登山道へと駆けていきました
11:51 登山道
11:53 トレイルランのコースを示す案内板
11:53 道標 ノスザワ峠
11:53 道標 ノスゾウ峠とも言うようです
11:54 登山道
11:56 道標 
11:57 登山道 Hashiさんは左上の登山道を走ってます
12:02 登山道 
12:03 登山道 
12:05 三方山 454m
12:06 三方山山頂 454m
12:05 三方山 454m 三角点があります
お昼も過ぎたのでどこか良い場所があればお弁当にしようと言う事で
三方山の山頂を少し下ってみます。
少し開けた切り株がちょうど座るのに良い所があったのでそれぞれ切り株に座って
昼食にします。
山の上でお弁当を食べるのは久しぶりです。
切り株に座り下を通るトレランを見ながら、又どこの山かよくわからないけれど
見ながらお弁当を食べました。
12:08 下の登山道をトレランの人達が走り抜けていきます
12:16 切り株に座りお弁当を頂きます 先の方にベンチらしいのが見えます
12:31 お弁当を食べ終わり出発します
12:32 カンスゲ(寒菅)冬でも枯れない常緑の多年草で葉は硬くて丈夫
なので古い時代から菅笠(すげがさ)や蓑などに利用されたようです
12:33 現在地は三方山と日向和田の中間くらいのようです
12:34 登山道
12:34 コウヤボウキの綿毛が綺麗だったので撮ってみました
12:35 トレランの人達が駆け抜けていきました 今日はとても多いです
12:36 登山道
12:38 お弁当を食べていた場所から見えていたベンチの所です
ランナー同士が食べ物を交換したり話したりしていました
12:39 ベンチの所を出発します
12:40 道標 鉄道公園まではまだ5.3kmあります
12:41 Hashiさんは例によって左上の山道を我々は楽な下の道を歩きます
12:42 登山道 Hashiさんと合流して一緒に歩きます
12:42 登山道 右上に大勢の人がいます 宴会でもしていたのでしょうか?
12:44 道標
12:48 登山道 ここで青梅鉄道公園は時間的に無理なので
石神駅方面に向かいます
12:49 登山道
12:52 道標
12:53 登山道
12:54 シュンラン(春蘭)ラン科 シュンラン属
 花の少ない時期なので出会うと嬉しいですね
12:59 登山道
13:04 木の根の張り出した登山道
13:09 青梅丘陵ハイキングコースの現在地を示す案内板
13:15 Hashiさんはもちろん上を駆け抜けて我々は下の道を歩きます
13:19 分岐に出ました ここで地図を出して最終チェックをします
13:20 道標
13:20 現在地を示す案内板
ここで入浴の時間、高尾までの時間、【あさかわ】で打ち上げの時間などを考えて
どこへ下山するのか最終チェックをします。
Hashiさんは上に続く道があるので駆け登りたかったようですが、河辺駅の【梅の湯】で
合流と言う事にして一度登りかけたのですが道が良く分からないと言う事で戻ってきました。
ここから【宮ノ平駅】へ下ることに決定して駅へ向かいます。
13:23 Hashiさんは一度上の道を駆け上がって行きました
13:26 登山道
13:29 道標 ここで宮ノ平駅へ右に向かいます
13:29 登山道
13:33 登山道 広い林道歩きです 親子連れが歩いています
13:40 セントウソウ(仙洞草)セリ科セントウソウ属 多年草
高さは10〜25cmの小型で繊細。葉は1〜3回3出羽状複葉
13:42 オオイヌノフグリ 群生していて綺麗でした
13:40 登山口に出たようです
13:46 こんなものがありましたので何か遊ぶことが出来るのでしょう
13:46 道標 駅に向かいます
13:49 宮ノ平駅に着きました 無人駅でスイカをタッチして入ります
13:52 駅の前には梅が満開を迎えていました 駅まで香ってきます
15:56 河辺駅の梅の湯 入浴後出てきたところです
18:51 高尾駅前のあさかわ 春の香りのフキノトウの天ぷら
高尾駅前のあさかわは混むので途中から電話を入れます。
電車はポイント故障とか人身事故の影響であちこちの駅で待たされましたが八王子行の電車に乗り
わざわざ反対方向の高尾駅に向かい【あさかわ】へ
低山ではありましたがアップダウンの変化のある山歩きが出来ました。
このような山は誘っていただかないと自分一人ではなかなか来れない山なので良かったです。
誘っていただきありがとうございました。
Hashiさんは初めてご一緒しましたがこのような低山を歩くのは物足りなくて汗をかきかき
上へ上へと駆け登って行きました。又ご一緒できると嬉しいです。

ホームへ   ハイキングのページへ