大山で新年会(あさくさ会)見晴台 770m
2011年1月30日(日)晴れ
 

 昨日は景信山に行き今日は大山で新年会である。普段なかなか会えなっ方々との顔合わせです。
 私たちの歳になると体もあちこちに故障が出てきますので顔合わせというのは大事です。
 一人だけ都合のつかない方がいましたが、皆さん元気な姿を見せてくれました。
 Doi幹事さんが大山名物の豆腐料理を予約しておいてくれたので、始めて大山で頂くことができました。
 大山は何度も来ているのですが、いつも素通りするばかりでした。
 ヘルシーでなかなか美味しいコース料理でした。


  「交  通」     JR市川駅8:40発→お茶の水(乗換)9:02着 9:03発(中央特快)→新宿駅9:12着 9:21発(小田急線急行)→
                相模大野9:59 10:03発→伊勢原10:22着→バス→大山ケーブルバス停11:05

  「コース」     大山ケーブルバス停→大山寺11:49→阿夫利神社下社12:14(売店で昼食)下社12:44発→見晴台13:14→
                ケーブルカー14:00発→旅館あさだ14:16宴会 16:33発→伊勢原駅17:06着

  「Menber」 あさくさ会 メンバー14名
11:05 大山ケーブルバス停下車
11:22 みやげ物街へ
バスを下車して宴会を予約している旅館「あさだ」さんへ荷物を預かってもらうことにしました。
いつも素通りばかりでしたので立派なお店にびっくりしました。
予約している旅館あさだ
11:28 そばには冬桜が可憐な花を咲かせています
11:30 女坂に七不思議あり
11:31 橋を渡ります
  女坂を登るのですがなかなか手ごわい登山道です。
  階段石段の連続ですのでハーハーヒーヒー良いながら登ることになります。
  女坂に七不思議あり
  1.弘法の水:弘法大師が岩に杖を突いたらその後から清水が湧き出て、夏でもかれることなく
          いつでも水の量が変わらない。
  2.子育て地蔵:最初は普通のお地蔵様として安置されていたが、何時の頃からか顔が童に変わって
          いた。この地蔵に祈ると子供が丈夫にすくすくと育つといわれている
  3.爪切り地蔵:弘法大師様が道具を使わず一夜のうちに手の爪で彫刻されたと伝えられている。
          何事も一身に集中努力すれば実現できるとの教えである。
  4.逆さ菩提樹:上が太くて下が細く逆さに生えたように見えることからいう。現在は二代目。
  5.無明橋:話をしながら通ると橋から落ちたり、忘れ物や落し物をしたり悪いことがおきるという。
  6.潮音洞:洞に近づいて心を鎮め耳を澄ませると遠い潮騒が聞こえてくるという。
  7.眼形石:人の目の形をした石に手を触れてお祈りすると不思議に眼の病が治るといわれている。
  11:33 早速階段を登ります。11:38 登山道の両側にはミツマタの木が子供たちによって植えられています
11:39 橋を渡ります
すぐそばには子育て地蔵様が安置されています
11:39 子育て地蔵様のそばの石段を登ります
11:41 爪切り地蔵の横の石段を進む
11:46 大山寺への石段が続きます
11:49 私は裏に続く登山道を進みます
11:50 大山寺 歴史を感じさせる古いお寺です
11:53 無明橋を渡ります
11:55 つらい石段が次々現れて休み休み登らなければなりません
12:02 遅い私を気遣うUちゃんです。今日は元気だね
12:09 やっとの思い出石段を登ると分岐に出ました
12:11 もうすぐ阿夫利神社下社も近いようです
12:14 やっと下社の広場に到着しました
12:19 Matuさんが子供野球でお世話になっている店
12:42 山登りをしないグループも合流して昼食
12:43 昼食後希望者のみ見晴台へ行きます
12:44 見晴台へのハイキングコースへの入口

 先ず石段を下ります。
 温度が冷えているので寒いのでEnさんは
 行かないことにしました。
 あまりきついところはなかったと思って
 いたのですが、大山からの道と勘違い
 していて初めて通る道でした。

 12:53 二重滝が現れました。
 水はあまり多くはありません。
 雨乞いの滝とも言う。
 かつては修験者のみそぎ場だったようです
 上下2段に分かれて流れ落ちるので
 二重滝といわれる
12:54 登山道には木の柵がしてあり歩きやすい
13:02 狭いですが平らですので歩きやすい道
13:04 ずっとこんな登山道です
13:10 途中海の見える場所があります
13:12 登山道
13:16 見晴台からスカイツリーが良く見えます
見晴台では数組の人たちがいました。どこへ行ってもスカイツリーは良く見えます。
みんなで大山をバックに集合写真を撮ります。
すぐ今登ってきた道を引き返します。
予約時間を少し過ぎそうなので急ぎます。
12:11 もうすぐ阿夫利神社下社も近いようです
12:14 やっと下社の広場に到着しました
13:27 もと来た道を下ります
13:40 登山口に到着
13:56 ケーブルカーで下ります
14:54 旅館あさだに到着して宴会の始まりです
旅館「あさだ」に着き先ずは入浴です。汗はあまりかかなかったけれど
やはりさっぱりして気持ちが良いです。そのあと、宴会の始まりで先ず乾杯からです。
いつも会っている人は別ですが、久しぶりに会った方々には近況を話していただきました。
元気が何よりです。
胡麻豆腐・卯の花・豆腐の陶板焼き
季節の白和え・てんぷら
器もおしゃれです
空也蒸し
湯葉まき
がんもどき
季節のご飯(味噌汁・香の物・むかごご飯)
デザート
旅館「あさだ」で初めてお会いした方や、ほんとに久しぶりにお会いした方などで楽しい
一日を過ごしました。幹事さんはみんなのことを考えて場所探しなど大変だと思いますが
続けることができると良いと思います。
次回を楽しみに元気でお会いしたいと思います。

ホームへ   ハイキングのページへ