大多摩ウォーキングトレイル
忘年山行 渓谷美を楽しむ旅
古里駅〜双竜の滝〜鳩ノ巣渓谷〜白丸ダム〜数馬峡〜奥多摩駅
2015年11月14・15日(土・日)雨

 一日目は雨に降られて雨具を付けて歩くと言う事になりました。
 渓谷美を楽しむことが出来ましたが晴れていればもっと美しい紅葉が楽しめたと少々残念です。
 帽子を持って行かなかったので風邪気味の上に頭は雨に当たり風がひどくなってしまいました。
 昨日急にお昼は【まゝごと屋】さんで食事をしたらどうかとMaさんの提案で昨日のうちに予約の
 電話を入れて席があり決定しました。
 私は初めて行く所なので楽しみです。


   「コース」 二日目 11月15日(日)晴れ:玉翠荘〜澤乃井〜まゝごと屋〜奥多摩駅
7:44 窓から川の向こうを見ると鳥がいました 何の鳥でしょう?
8:02 朝食
8:30 朝食
8:42 朝食
8:42 窓からの展望をパノラマで撮ってみました
8:42 赤い橋が綺麗で雨上がりの雲が素敵でした
10:03 お世話になった玉翠荘を出発するにあたり記念撮影 総勢12名
10:08 奥多摩駅
10:13 奥多摩駅のホームから 青空が見えてきました

今日の最初の予定は小澤酒造株式会社の澤乃井酒蔵見学です。
利き酒もあると言うので楽しみです。
奥多摩駅から電車で沢井駅まで行きます。


10:50 沢井駅
10:56 澤ノ井庭園 落ち着いた素敵な庭です 
10:58 綺麗に葺かれた屋根 小沢社長の自宅だそうです
10:58 人数制限があります 係りの方の説明があり蔵に入ります
10:59 蔵の中へ入ります
10:59 蔵の中へ 写真は撮ってはいけないのかと思って1枚も撮ってません
次回があれば撮りましょう
11:13 杉玉 1年に1回作られるそうです
11:46 蔵の裏にも「岩清水」が渾々と湧き出で、仕込み水として
使われています
杉の葉の玉は“酒林”といい、造り酒屋の意味をします。
古くから酒蔵でその年の新酒のできたことを愛飲家に知らせるため、軒先に吊されたものです。
澤乃井の創業は、1702年(元禄15年)赤穂浪士が討ち入りを果たした年です


11:46 蔵を見学して美しい庭園へと下って行きます
11:48 橋の上から渓谷美
11:49 紅葉が美しいです
11:50 鐘つき堂 外人さんに金の付き方を教えてあげたそうです
11:50 黄葉
11:52 川ではカヌーをやっている人がいます ズーミングします
11:53 川ではシラサギがのんびりと遊んでいます
11:54 まゝごと屋さんに到着しました
11:55 入り口付近にはこんな記念碑が立っています
11:55 部屋には先客が3組ほどいらっしゃいました
11:57 お庭
11:57 お手元やお品書き
11:59 お品書き
12:01 お食事が運ばれてくるのを待っています
12:04 紙掻敷 素敵な掻敷だったので撮ってみました
翁鳥 ひたきはわれに 似たるかも あめつちのもと つねにぬかづく
12:23 うの花煎り
12:29 湯葉温麺
12:34 雪花菜しゅうまい
12:34 食事中
12:34 食事
12:34 食事
12:43 ままごと盛 白和え・ぎせい豆腐・畑のお肉・秋刀魚柚庵・旬菜豆腐
揚大豆、揚湯葉・南京茶巾絞り
13:09 巻き湯葉含め煮
13:11 蔵守 大吟醸 利き酒
13:27 きびおこわ・味噌汁椀・香の物
13:42 豆乳キャラメルプリン
次々と出てくるお料理にお腹いっぱいになり美味しくいただいてまゝごと屋さんを後にします。
思いがけず初めてまゝごと屋さんへ連れてきていただいて良かったと思います。
いもうとやさんと言うのもあるようです。


14:04 外に出ると消防自動車・救急車・パトカーが出て
川に落ちた人がいると言う事でした
14:07 冬桜でしょうか?
14:08 沢井駅に向かいます
14:10 沢井駅ホーム
今年の忘年山行もMi幹事さんのお陰で奥多摩の渓谷美を楽しむことが出来ました。
雨で残念と言う事もありましたが雨でないと見られない墨絵のような世界も見られますので
たいした雨でなければ楽しい物です。
Mi幹事さんいろいろありがとうございました。
百名山を目指してもう少しで達成と言う事ですが楽しいお話を聞かせて頂けたらと思います。

一日目へ

ホームへ   ハイキングのページへ