鍋割山(1084m)・大岳山(1266.5m)
御嶽山〜鍋割山〜大岳山
2020年9月27日(日)小雨降ったりやんだりまた晴れ
 
 先日御嶽山へ行った時千本屋さんにストックを忘れて帰ったので取りに行き
 大岳山へ登ることにしました。
 取り合えず千本屋さんへ寄りストックを受け取り大岳山に向かいます。
 御嶽山から大岳山に登るのは初めてです。
 まずは鍋割山に登ります。

   「交  通」  自宅6:00→バス6:25発→市川駅7:02発→新宿(乗換)7:44発(ホリデー快速おくたま号)→御嶽9:02着
              御嶽9:12発(バス)

   「コース」  御嶽駅〜鍋割山〜大岳山〜御嶽駅
   「Menber」 Kataさんと私の二人
9:30 ケーブルカーが出発しました
9:32 すれ違い
9:37 滝本駅に到着しました
9:39 登山道でツリフネソウを見つけました
9:40 キバナアキギリ(黄花秋桐)シソ科の多年草
9:41 登山道 ハギの花はもう終わっていました
9:54 ゲンノショウコ(現の証拠)フウロソウ科の多年草
9:56 ミズヒキ 雨に濡れて光っていてきれいでした
9:56 ホトトギス
9:57 神代ケヤキ 急坂がとてもつらいです
9:59 シュウカイドウ(秋海棠)シュウカイドウ科の多年生草本球根植物
10:02 真っ白いレンゲショウマ あとでゆっくり見せていただきます
10:23 セキヤノアキチョウジ(関屋の秋丁字)シソ科の多年草
10:25 長尾平(基準標高708.3m)テーブルやベンチもあり、ランチ&休憩を
するのにぴったりの場所
10:29 道標
10:29 ロックガーデンへの登山道が奇麗になっています 上の道を行きます
10:30 道標 大岳山まで3.6kmとあります
10:31 道標 奥ノ院から鍋割山・大岳山へと進みます
10:32 登山道
10:36 登山道 木の根っこをまたいで進みます
 
10:43 登山道 気に根っこが張りだした登山道です
10:47 登山道
10:51 登山道 平らな登山道を進むその先は
10:56 登山道 根っこが張り出した登山道になります
10:57 蜘蛛の巣が雨に濡れて光っていて綺麗でした
10:59 登山道 木の根が張り出した登山道
    
11:02 鎖が現れました 鎖はあまり必要がないようです
11:03 鎖が終わった先の登山道
11:04 オクモミジハグマ(奥紅葉白熊)Vno多年草 花期は8〜10月
11:05 登山道
11:07 登山道
11:08 カエル 地面とよく似ているのですぐにはわかりませんでした
  
11:08 登山道 途中で登山者さんに奥ノ院はまだですか?と聞きました
11:10 コアジサイ 沢山あるので花の時期には良い香りがすることでしょう
11:17 奥ノ院 合掌 長尾平から奥ノ院まで52分でした
11:20 登山道
11:22 道標
11:22 登山道 広い場所に出ました
11:27 奇麗な青空になりました 霧雨だったり青空になったり目まぐるしい
天気です 男の子との親子 鍋割山まで行ってみるということです
11:33 登山道
11:37 登山道
11:38 道標
11:39 登山道
11:41 登山道
   
11:43 登山道
11:47 登山道
11:47 道標 大岳山の巻き道があるようですが巻かないで進みます
11:48 登山道
11:49 登山道
11:54 道標 鍋割山に到着しました 長尾平から1時間29分でした
11:54 鍋割山山頂 1084m 人がいないので交代で撮ります
11:55 鍋割山山頂
           大岳山へ
11:55 鍋割山を出発します
11:58 登山道
12:00 道標
12:00 登山道
12:06 登山道
12:11 登山道
12:13 登山道
12:14 道標
12:14 登山道
12:19 登山道 歩きやすい登山道です
12:20 防災看板 大岳山まで1.3km
12:22 道標
12:22 登山道
12:23 登山道 岩がごろごろとしています


12:23 小屋
12:24 道標 日本山岳耐久レース55km地点
でも今回は中止だそうです


12:24 登山道
12:26 登山道
12:26 鎖場です 鎖は使わなくても大丈夫です
12:29 登山道
12:30 登山道
12:31 鎖場 登山道が広いので鎖は使わなくても大丈夫です
12:32 登山道
12:38 またまた鎖が出てきました
12:42 登山道 この辺りは鎖場が続いております
12:43 登山道 階段を登ります

12:45 登山道
足場が悪いので慎重に歩を進めます
12:44 登山道


12:48 登山道 霧雨が降ったりやんだりするので前方は真っ白です

12:46 登山道 この辺りは鎖場が続いております
12:50 登山道
12:53 小屋が見えてきました 大岳山荘でしょうか 人の気配はありません
12:53 道標
12:55 大岳神社の鳥居をくぐります 合掌
12:57 不規則な石段を登ります
12:58 大岳神社です 合掌
12:59 大岳神社
12:59 
13:00 道標
13:00 大岳神社を出発します
13:01 登山道
13:03 登山道


13:05 登山道
13:07 登山道 ドロドロした石の多い登山道です


13:08 登山道 大きな岩を乗り越えていきます
13:10 登山道 木の根が張り出した登山道です
13:11 登山道
13:13 登山道
13:16 登山道
13:20 登山道
13:21 登山道
13:22 大岳山山頂に到着しました 長尾平から約3時間でした
13:23 大岳山山頂 登山者さんにお願いして撮って頂きました
13:23 大岳山山頂はこんな感じです 4〜5人ほど来てました
           大岳山を下山します
13:48 大岳山山頂を下山します
13:48 道標
13:53 登山道 途中まで登ってきた登山道を下ります
13:56 登山道
14:01 登山道
14:06 大岳山神社まで下ってきました
14:08 道標
14:13 階段を登ります
14:14 登山道 少しの間だけ鎖がついています
14:33 小屋の所を通過します
14:42 道標 ここからは御岳山・岩石園方面に進みます
14:43 登山道
14:47 道標 ロックガーデン。御岳山方面に進みます
14:48 登山道 ガスで前方が見えずらいです
14:50 栗がたくさん落ちていました 実は小さいです
14:55 登山道 明るくなってきましたので前を歩く人が良く見えます
15:00 奇麗になった橋を渡ります ご老人が休んでいました
15:00 道標
15:00 登山道
15:03 道標 御嶽神社・ケーブルカー方面へ下ります
15:03 登山道
15:05 湧水がありましたが飲めるのかは不明です
15:06 登山道 崩れていた所を補強した橋です
15:08 登山道 ロックガーデンから続く登山道です
15:13 トイレです 使用したことはまだありません
15:13 道標
15:18 奇麗になった橋です
15:22 マツカゼソウ(松風草)ミカン科の多年草


15:27 道標
15:27 天狗の腰掛 天狗さんはこの腰掛に座って旅人を
見守っていたのでしょう
15:29 登山道
15:32 長尾平 小屋には灯がともっています 大岳山町から1時間44分でした
15:37 登山道 左へ登れば御岳山 右に下ります
15:41 千本屋さんに着きました
16:17 真っ白いレンゲショウマ 
16:17 真っ白というのは珍しいです 花は9月頃から咲くそうです
以前来たときに白のレンゲショウマがあるということをママから聞いて見たいなと
言っていました。覚えていてくださったのでしょう。
いつ行くとも言ってなかったのですが自宅から持ってきて下さていたのでしょう。
白いレンゲショウマに出会えて本当に嬉しかったです。
16:17 真っ白いレンゲショウマ 蚊がとまってじっとして動きません
16:17 ケーブルカーを待つ人が続々と帰ってきます
千本屋さんを出る時雨が降ってきました。傘がないと歩けません。
ケーブルカーの待合室に戻ってくると雷が鳴りだしました。
ケーブルカーの運転は見合わせるというアナウンスがありました。
最終のケーブルカーは6時半ですが6時過ぎまで待ちました。
まずは試運転をしてから出発するということです。
18:02 試運転の結果大丈夫ということで運転再開です。

鍋割山から大岳山へ登ることが出来ました。
岩があり大変かなと思いましたがそんなに難しい岩登りではありませんでした。
天気もあまりいいとは言えませんでしたので展望はありませんでした。
以前大岳山に登ったことがありましたがコースも違っていたので初めての
山に登ったという感じです。

ホームへ   ハイキングのページへ