入笠山標高1,955 m
長野県の中西部にある赤石山脈(南アルプス)北端の山
2015年9月12(土)・13日(日)晴れ

 今日は先日歩いた後立山(唐松岳・五竜岳・鹿島槍ヶ岳・爺ヶ岳)の時に靴が合わなくて苦労したので
 新しく靴を購入し足慣らしの為に入笠山を歩いてみることにしました。
 新しく買った靴はアルパインクルーザー2500と言う靴です。
 岩場や鎖場、雪山へ行くことがあるのでアルパインにしました。
 新しいアルパインクルーザー3000が新発売なので安く買う事が出来ました。
 入笠山ははるか前にツアーで冬行ったのですがツアーだったので新宿からバスでした。
 今回は富士見駅からシャトルバスで富士見パノラマリゾートまで行きゴンドラで山頂駅まで行き
 そこから入笠湿原などを歩き入笠山へ登ろうと思っておりましたがKさんから富士見駅に迎えに
 来て下さると言う連絡があり大助かりです。


   「交  通」  自宅8:35→バス(8:53)→市川駅9:25発→お茶の水(乗換)9:36着9:38発(青梅線快速青梅行)→
               新宿9:47着10:09発(特急あずさ55号)→富士見駅12:19着
   「Menber」 単独 富士見駅からKさんと二人

12:24 富士見駅に到着しました
12:54 途中湿原に立ち寄りました 大勢の人達が歩いていました
12:58 八ヶ岳 八ヶ岳が見れるビューポイントがあると言うので連れて行って頂きました
13:04 マナスル山荘に到着しました
マナスル山荘
お花畑があると言うので荷物を置いて連れて行っていただくことにしました。
以前のツアーでは雪だったので白一面の銀世界でした。
13:08 お風呂
13:15 サラシナショウマ
13:15 イヌゴマ(犬胡麻)別名チョロギダマシ シソ科
13:15 花畑 夏にはどんな花が咲いていたのでしょうか?
13:16 ホソバトリカブト(細葉鳥兜)キンポウゲ科
13:18 こんな看板がありました 新しくできたようです
13:19 散策路 木道になっています
ゲンノショウコ(現の証拠) ここにはピンクが多かったです
13:20 ツリフネソウ(釣船草)ツリフネソウ科
キツリフネ(黄釣船)ツリフネソウ科の 一年草
13:22 サルオガセ(猿尾枷)
空気中の水蒸気を吸って単独で育ち、寄生植物ではない
車で登って来る途中にも沢山ありました
13:23 人工的に作られた滝
13:24 散策路
13:27 オカトラノオ(丘虎の尾)サクラソウ科の多年草
13:28 ミドリヒョウモンとあざみ
13:29 エゾリンドウ(蝦夷竜胆)・リンドウ科の多年草
北方に多いことで蝦夷と名付けられた
13:31 サワギキョウ(沢桔梗)キキョウ科 花期は8月から9月頃
濃紫色の深く5 裂した唇形の花を茎の上部に総状に咲かせる
13:32 ホソバトリカブト
13:33 花畑にはアキノキリンソウが沢山咲いています
13:33 ノコンギク(野紺菊)キク科シオン属
13:34 ヤナギラン 花が終わり綿毛になっていました
13:34 散策路 あたり一面紫のエゾリンドウで感激です
13:35 一面エゾリンドウの群生地です
こんなに群生したリンドウを見るのは初めてです
13:35 エゾリンドウ こんなに開いているのもありました 嬉しそう!!
13:36 花が終ったようですが何の花でしょうか?
13:38 アキノキリンソウ
13:39 ウメバチソウ(梅鉢草)ニシキギ科
和名の由来は、花の様子を家紋の「梅鉢」に見立てたもの
モンシロチョウ 夏を惜しむように沢山の蝶がいました
ゲンノショウコ 濃い色の花が咲いていました
13:58 シモツケソウ とても鮮やかな濃い色をしていました
ヤナギラン(柳蘭)アカバナ科の多年草
ヤナギラン 風に乗って飛んでいきます
14:00 モンキチョウ
14:01 何チョウ?
14:03 お花畑が広がっています
14:04 雲が美しいです やはり秋ですね
Kさんと別れて同室になった方と入笠山に登ることにしました。
この山荘に来たのも初めてで雪の無い入笠山に登るのも初めてのことです。
靴ならしにはちょうど良いかと思います。
ゆっくり登ることにしました。
                入笠山へ
14:22 入笠山の案内板
14:22 登山道入り口


14:28 登山道 上から親子連れの方が下って来ました
14:25 ハナイカリ(花錨)リンドウ科 沢山咲いていました
14:29 登山道 少し岩が出てきました
14:32 登山道
14:34 分岐 右は岩場コース・左は岩場迂回コース 右へ行きます
14:36 登山道
14:36 登山道
14:38 登山道 両側には熊笹が続いています
14:40 登山道
14:41 登山道
14:42 登山道 短いけど鎖が取り付けられています
14:43 登山道
14:45 ノコンギク
14:45 登山道
14:46 ツリガネニンジン(釣鐘人参)キキョウ科の多年草
14:46 ウメバチソウ 4姉妹でしょうか? 可愛いですね
14:47 階段が出てきました
14:48 エゾカワラナデシコ(蝦夷河原撫子)ナデシコ科の多年草
                入笠山へ到着しました 登山口からゆっくり歩いて28分でした
14:48 入笠山に到着しました
14:51 入笠山 1955m 後ろは八ヶ岳ですが雲の中です
14:52 ホウキダケ 地元の方がお勉強会の為に採ってきたようです
14:54 入笠山山頂 1955m
14:56 パノラマで撮ってみました
15:00 山頂から諏訪湖方面
15:03 入笠山山頂
                入笠山から下山します
15:07 入笠山を出発します 首切清水・大河原湿原方面へ下ります
15:07 入笠山直下
15:09 登山道
15:10 道標 マナスル山荘へ15分
15:10 登山道
15:10 道標 花畑・入笠湿原方面へ下ります
15:11 登山道
15:12 登山道
15:12 ハナイカリ こちらの登山道にも咲いていました
15:12 登山道
15:18 登山道
15:19 ヤマハハコ
15:19 登山道
15:24 登山道
15:34 登山口 途中キノコを見つけに登山道を離れて
探していたようなので時間がかかりました。
山頂から27分でした。
この後知ってる方々が続々とマナスル山荘に到着します。
顔見知りの方々なので「お久しぶりです」とご挨拶して
私もKさんに誘われて仲間に入れて頂きます。
もう何年もお会いしなかった方々ですが懐かしい思いです。
夕日を見に行こうと言う事でぞろぞろとサンダルをひっかけて
見に行きました。
17:32 夕日
15:33 夕暮れ
17:32 夕日
15:36 夕日を見に来た人々
                これから楽しい夕食です
18:04 台所
18:58 それぞれ席に着きます 私も仲間に入れて頂きます
18:59 夕食 皆さん談笑しています
18:59 談笑
19:38 歌の時間です 私も知ってる方です
山荘のお母さん 美空ひばりさんが好きでリクエスト
遠くから来られた方や山荘の山口さんも楽しそうでした
山荘のお父さん
美味しそうなお酒
22:49 部屋
                2日目の朝(9/15 日)入笠山に登ってきます
5:31 窓の外は綺麗な朝焼けです
6:03 登山口 同室の方と再び入笠山へ
6:04 登山道 お花畑のそばを通ります
6:09 登山道
6:10 登山道
6:14 分岐
6:17 登山道
6:20 登山道
6:22 紅葉 少し色づいていました
6:22 登山道
6:25 登山道の途中からの展望 八ヶ岳方面
6:26 ツリガネニンジン
6:28 入笠山山頂 登山口から20分でした
6:37 展望 鋸岳 甲斐駒ケ岳 鳳凰三山
富士山 鳳凰三山 
富士山
方位版
入笠山山頂 風が強いです
展望 雲がかかってきました
                下山します
6:38 入笠山山頂を出発します
6:40 登山道
6:40 キノコ おとぎ話に出てくるようなキノコです
6:41 トモエシオガマ(巴塩竃)ゴマノハグサ科
6:49 登山道
6:51 登山道
6:58 登山口 入笠山山頂から20分でした
7:02 朝食 美味しいパンとサラダ、コーヒーでした 御馳走様でした
8:03 出発の前にみんなで記念撮影
8:51 富士見駅までKさんに送って頂きました
新しい靴も大丈夫と言う事もわかったし、久しぶりに懐かしい人たちとも会う事が出来て
楽しい二日間でした。
Kさんにはすっかりお世話になり有難く思っております。
また、冬の季節に来ることが出来ればと思います。

ホームへ   ハイキングのページへ