愛宕山→鋸山(1109m)→大岳山(1266.5m)→御岳山(929m)
                      2005年10月2日(日)晴れ



 日帰り山歩きの会のメンバーで奥多摩の鋸山へ行く事になった。
 立川で8時に待ち合わせと言うことで新宿から「ホリデー快速おくたま1号」
 に乗っても良かったのだが、御茶ノ水から直接立川まで行く事にした。
 昨日まで涼しかったけれど今日は暑くなると言う予報である。
 紅葉までにはまだ間があるけれど、「おくたま1号」には登山客で一杯だ。
 立川からでは座る場所は全然ない状態だ。
 終点の奥多摩駅で下車し、トイレを済ませストレッチをしてさぁ、出発だ。


「コース」





9:14着
9:27発

11分





9:39着


17分





9:56着
10:03発

2


21分




1109m
12:24着
12:57発

1


24分




1266m
14:21着
14:40発


14分





14:54着
15:05発

1


20分





16:25着


24分




16:49着
15:10発


8分





17:17着

「交 通」 市川総武線6:45発→御茶ノ水(乗換)7:07着・7:09発JR中央線快速高尾行き→
          立川7:57着立川・おくたま1号8:11発→拝島→御嶽→奥多摩9:14着

「Member」  日帰り山の会メンバー・Uさん・Sさん・Aさん・Yさん夫婦・Oさん・Yさんと私の8名
  
9:14 奥多摩駅着

奥多摩駅ではたくさんのハイカーで賑わっている。
バスも次のバスを待たないと乗れない状態だ。
我々は歩きなので駅前の信号を渡り、左折し、
昭和橋を渡る。渡り終えると大きな案内板が
立っている。「愛宕山・鋸山」と標識に従って
行くと石段を登る。登山道に入り5分も進むと
分岐に出会う。ここで楽なコースを行くか
150段の石段を進むかに分かれる。
 
9:39 林道コースと
石段コースの分岐


左の木段を登ると、
180数段の石段があり
見上げると反り返る
ような感じさえする。
この石段を登るのは
3人だけで後の5人は
楽な林道コースへと
分かれる事になった。
遅れをとらないようにと
必死で登った。  
                  登りきると神社の裏の方に出たようである。五重塔が立ち
                  数人の人が休んでいたが、私達は石段を回り先に進む
                  鳥居が見えてきて「愛宕神社」と記されている。
        
9:56 林道コースとの
合流地点


石段コースとの合流地点に
なっている。
ここで少し待つ事になった。
林道コースは楽だったらしい。
標識に従って「鋸山」方面に
進むと又又石段が現われる。
この石段を登ると本格的な
登山道に入っていく。
10:27 杉林の中を鋸山へ
10:51 鉄ハシゴを上る   
                    鋸山へのコースは木段(土留め)がやたら多い。
                    杉の木の登山道を行くので展望は殆どない。
10:52 天狗の石造
 短い鉄のハシゴを登ると天狗を
 彫ったのだろう。2つ立っている。
 お酒が供えられている。
 口の悪い人が「Aさん、飲まないでよ」
 と釘をさしている。
 横目で見ながら通り過ぎる。
  
10:54 露岩現る

 この頃から鉄のハシゴと
 露岩の連続である。

10:56 鉄ハシゴ

 
11:48 岩場
名前のごとく登ったり下ったり
鋸のような山である。
岩あり、鉄ハシゴあり急登あり
低い山と簡単に侮れない山である。
12:15
 あと350m

木の根の張り
出した登山道を
アップダウンを
繰り返し鋸尾根
をすすむ。
あと350mで鋸山
に到着する。
この尾根はなか
なか大変な
尾根である。   
                             12:24 鋸山に到着 1109m
                      杉の木に囲まれた小さな尾根は展望は望めない。
                      ここで昼食にする。もう少し早く到着する予定だったが、
                      「鋸山というが如し」で少々遅くなったので昼食時間も
                      30分ほどと言う事になった。それでも殿方は日本酒を
                      美味しそうに飲んでいる。昼食後恒例の記念写真を撮り
                      下山する事になった。12:57出発 
         
13:06 大岳山への登山道
13:08 木の根の張り出した道
13:18 中岩山
13:51 大岳山への道
ヤセ尾根を通ったり比較的
緩やかなアップダウンの
登山道を大岳山へと急ぐ。
秋の日は短いのでリーダー
のUさんは「陽が暮れる」を
繰り返している。
  
←14:05 急登
 クサリ場 14:08→

 この辺りから急登
 クサリ場が出現する。    
    
14:11 岩場を進む
14:16 大きな岩
この辺りは大きな
岩場が横たわり
「ヨイショ」と
一声掛けて気合を
入れて足の短さを
カバーする。
14:21 大岳山山頂に到着 1266.5m
大岳山までは1時間40分の
予定が、比較的緩やかな
アップダウンだったので
20分短縮して到着する。

私が以前に来たときは
冬山体験と言うことで
雪の季節に登ったのだった。
山頂で休んでいると若者が
続々と登ってきて賑やかだ。
20分ほど休憩して下山する
事に。
                   山頂から望む山々ですが霞んでいるようです。
14:22 大岳山山頂風景

3人の子供を連れた家族が
楽しんでいました
こじんまりした山頂です。
 
14:41 山頂直下
露岩の急坂を下ります。
そこを過ぎると10分程で
小さな祠が見えてくる。
大岳山荘に到着する。
この広場には食事が出来
る様になっていて展望も
素晴らしい。殿方はさっ
そくビールを買い求めて
飲んでいる
15:05 大岳山荘を出発
する。下り始めて5分位
で階段と岩が現われる。
その後は岩石園
方面へと下山する。
 
16:25 御嶽神社

御嶽山の茶屋に16:18着
ここから下るのかと思ったら
御嶽神社へと進んでいる人が
いるので後を追う事に。
境内の一角に紅葉した
モミジが1本美しい姿で
立っている。
16:49 御嶽山駅

やっと駅に到着だ。
駅の周りでは「カンタン」
「ルルルル」と鳴いている。
レンゲショウマの頃には
「カンタンを聞く会」という
看板があちこちにたっていたが
まだ鳴いていなかった。
今年初めて聞くことが出来た。
                          御嶽山駅で滝本駅までケーブルで下りてきた。
                          今日は夏を思わせる暑さだったので顔といい
                          首・腕は汗をかいた塩でザラザラしている。
                          今日も本当に良く歩いたものである。
                          高い山でなくても結構きつい山が沢山ある。

 

ホームへ   ハイキングのページへ