あざみ手編み同好会
ニリンソウ群生地へ
高尾南口〜初沢川のニリンソウ群生地〜草戸山〜榎窪山〜三沢峠
2021年3月14(日)晴れ
 3月14日に【ハナネコノメ】を見に行った時に【ニリンソウの群生地】へ連れて行って下さいと
 言う約束をしていました。
 それが4月4日に決まりましたが私が働いているマンションの方から山へ行行きましょうと言う誘いを
 受けましたが、日が重なってしまったので一緒にニリンソウの群生地へ行きましょうということに
 なりました。雨模様でしたが午前中は何とか持ちそうだという事で高尾駅南口10時集合になりました。
 今日のリーダーはYoshiokaさんです。
 ニリンソウの群生地はどんなところなのでしょうか?楽しみです。
   「交  通」  自宅7:30→バス7:39発→市川駅8:19発→お茶の水(乗換)8:43着8:44発(中央特快高尾行)→
              高尾駅9:37着

   「コース」  高尾南口〜初沢〜ニリンソウ群生地
   「Menber」 Kataさん・Moriokaさん・Yosiokaさん・Hujiiさん・Kanaちゃんと私の6人
10:07 高尾駅南口をガード下に沿って進み歩道に上がり進みます
10:07 民家にベニバナマンサクが咲いていました
10:08 枝垂れ桜
10:11 ハコベ
10:12 オオイヌノフグリ
10:16 何スミレなのでしょうか?
民家のある所を通るのですが土手に色々な花が咲いています
10:10 タチイヌノフグリ
10:12 ヒメオドリコソウ
10:20 イチリンソウ 遠くに咲いているのです
10:21 キュウリグサ?
10:23 八重桜が咲き始めました
10:23 八重桜 綺麗ですね
10:26 スミレ
10:27 こちらは薄い色の八重桜
10:27 ハナイカダとはいかないですが花びらが散って綺麗です
10:29 シロバナタンポポ 日本タンポポです
10:32 川に白い花が咲いています 
10:33 真っ白い芝桜が奇麗でした
10:33 花桃 真っ白い花桃もきれいです
10:34 ヤマブキ 今あちこちで綺麗に咲いています
10:37 花桃 1本の木に白と赤が一緒に咲くなんてどうなって
いるのでしょう 不思議ですねぇ
10:38 ツクシ 子供の頃採りに行って毎年食べていました
10:40 カキドオシ(垣通し)シソ科の多年草
10:43 スミレ スミレは色々 あるので何スミレかわかりません
10:44 ムラサキケマン(紫華鬘)ケシ科 (越年草) 有毒植物
10:45 黄梅 キク類モクセイ科ソケイ属( ジャスミン属)の
半つる性落葉低木
10:54 大きなお寺がありこの階段のそばにトイレがあります
KanaちゃんとKataさんが競争しました お疲れ様
11:02 ソメイヨシノ
高尾霊園
50年続く由緒正しい宗教宗派不問の大型霊園。
高尾山のふもとに位置し、自然豊かな環境です。
ペット墓地や食事処もあり、日曜、祝日には園内をバスが循環。
都心からのアクセスの良さもあり著名人も眠る霊園だそうです。
11:06 犬猫の眠る墓地
11:15 ミヤマキケマン(深山黄華鬘)ケシ科
11:16 ツルカノコソウ(蔓鹿の子草)スイカズラ科の多年草
11:21 ここから初沢川登山道 障害物を乗り越えて
11:22 登山道 昔は水が流れていたのでしょう
11:24 登山道
11:24 ヤマルリソウ(山瑠璃草)ムラサキ科の多年草
11:25 ユリワサビ(百合山葵)アブラナ科の多年草
11:26 登山道 障害物が沢山あります
11:28 ニリンソウ(二輪草)こんなに沢山花びらがあるのもあります
11:33 登山道 台風で折れたのでしょうか?
11:34 登山道 ニリンソウを踏まないように注意して歩きます
11:37 登山道 ニリンソウが群生しています
11:37 ネコノメソウ(猫の目草)ユキノシタ科の多年草
 ここはまさに群生地でずっとニリンソウが続いています。
 ミドリニリンソウがないかと探すのですがありません。
ニリンソウ
11:40 沼田場 イノシシやシカなどの動物が、体表に付いている
ダニなどの寄生虫や汚れを落とすために泥を浴びる場所
11:40 登山道 沢を渡らなければなりません
リーダーがストックを出してKanaちゃんを誘導します
登山道 滑るので気を付けて
ミミガタテンナンショウ(耳形天南星)サトイモ科の多年草
11:44 登山道
11:50 Kanaちゃん リーダーから何か説明を受けてますねぇ
11:51 登山道
11:53 マルバスミレ
11:54 ヤマエンゴサク(山延胡索)ケシ科の多年草
11:55 登山道
11:56 ヤマルリソウ ここには沢山大きな株があります
12:06 ここで昼食です
昼食
ホンビノス貝を焼いて食べます
昼食
ホンビノス貝が焼きあがりました
昼食
今新緑がとても美しいときです
全員で Kanaちゃんが秘密基地という事ですが又来られるかなぁ
ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)ケシ科の多年草
12:51 昼食を終えて秘密基地を脱出します
12:52 綺麗なタチツボスミレがありました
12:55 少しの間急登が続きます ここは知らない人は道迷いの
場所だそうです
12:57 コウヤボウキが綿毛になっています
12:59 登山道 急登が終わりほっと一息
13:01 フデリンドウ とても小さくて見落としそうです
13:02 チゴユリ(稚児百合)イヌサフラン科の多年草
13:03 山ツツジ 山にこの赤いのが映えます
13:08 登山道
13:09 オオカメノキだと思ったのですが違うのかな?
13:10 登山道 金網の向こうは北大の敷地です
13:14 登山道
 どの辺りだったのでしょうか?
 登山道が少しずれて二つに分かれている場所がありました。
 一人の人がそちらへ向かいました。
 するとKanaちゃんが大きな声で「どうしてそっちへ行くの。リーダーの
 後を歩かなければだめでしょ」と言いました。「申し訳ありません。
 以後気を付けます」という事でみんなで大笑いしました。
 確かに山はリーダーの後ろを歩くのがルールです。
13:15 登山道
13:16 ニガイチゴ この辺りはイチゴの花が沢山咲いています
13:17 登山道
13:20 道標 草戸峠・三沢峠方面に進みます
13:21 アリがたくさん集まっています 気持ち悪いです
13:22 靴の紐を直します
13:31 出発します
13:34 道標 梅ノ木平方面に進みます
13:36 登山道 アップダウンを繰り返します
13:38 道標 草戸峠 ここで小休憩します
草戸峠からの春山 春山は大好きです 風笑うと言うんだよとリーダー Kanaちゃんも春山の写真を撮りました
13:50 登山道 草戸峠を出発します
13:53 道標 草戸山に向かいます
13:54 登山道
13:59 赤蕨
14:03 山の神様にお参り
14:05 草戸山の展望台 松見平休憩所に到着です
展望台で Yoshioka氏撮影
14:06 草戸山の展望台のそばにある山桜が奇麗でした
14:08 道標 榎窪山・三沢峠方面に進みます
14:09 登山道
14:11 登山道 階段です
14:17 登山道
14:18 城山湖が見えています
14:19 道標
14:21 クロモジ(黒文字)クスノキ科の落葉低木
香りが良く和菓子の楊枝にも使われています
14:21 ウグイスカグラ(鶯神楽)スイカズラ科の落葉低木
14:22 ツクバネウツギ(衝羽根空木)スイカズラ科の落葉低木
14:26 登山道 長い階段が現れました
14:28 登山道
14:32 ふれあい休憩所 ここで一休み 雨がぽつりぽつり
14:35 クサイチゴ
14:46 道標 榎窪山・三沢峠へ進みます
14:46 傘や雨具を着て出発します
14:48 道標 榎窪山
14:48 榎窪山で小休憩
14:51 榎窪山を出発します
14:52 道標
14:52 道標 三沢峠
14:56 三沢峠を出発します
15:04 オタマジャクシの卵 気持ちが悪いです
15:08 真っ白いエイザンスミレ
15:10 タチツボスミレとマルバスミレ
15:14 あずまや
15:21 ウラシマソウ(浦島草)サトイモ科の多年草
日影に群生していたのですが今は無くなりましたので会えてよかったです
15:26 高尾グリーンセンター 
大人3300円子供2300円で宿泊可能です
15:28 登山道
15:31 トウゴクサバノオ(東国鯖の尾)キンポウゲ科の二年草
花が終わると緑色の細長い実が2つ対になってつくので鯖の尾の
ようだということと、関東地方に多いことから名が付けられた
15:32 ナガバノスミレサイシン
15:32 ヒカゲスミレ
15:35 カントウミヤマカタバミ(関東深山傍食)カタバミ科の多年草
16:26 遠くから白い花が見事なので何だろうと近づいてみると
16:26 リキュウバイ(利休梅)中国原産の落葉低木
清楚な雰囲気の花は、茶花としても愛されてきました
16:46 高尾山口 Kanaちゃんとはここでお別れです
ずいぶん歩かせてしまったので(24000歩ほど)疲れて足が痛いと
言ってました。早く帰りたいという事で高尾山口で帰りました。
ニリンソウの群落には本当に驚きでした。
ここは知ってる人でないと行かれないなぁと思いました。
素晴らしい所へ連れて行ってくださいました。
本当に良かったです。
ほかの花にもずいぶん沢山出会えました。


ホームへ   ハイキングのページへ