山つつじを見に
          二本木峠へ 
 2000/5/14 曇り 

桐の花と藤の花が沢山咲いていてとても綺麗でした

  


二本木峠の山つつじ

打出登山口より入山
 バス停から約50m戻り案内図の後ろにWCあり
小さな丸木橋を渡り林道を横切り登りに入る

池袋駅(8:00発)―(東部東上線特急:1時間10分)―
小川町(9:50発白石車庫行きバス)―(バス:20分)―
打出下車; 登山口―(徒歩:35分)―七瀧祓戸大神―
(徒歩:40分)―二本木峠(山つつじが美しい)(徒歩:10分)―
愛宕山(654.8m)―(徒歩:20分)―皇鈴山(679m);昼食―
皇鈴山―登谷山(668m);登谷高原牧場―釜伏峠―釜山神社―釜伏山(582m)―鎖リ場― 日本水(名水百選)―風布(フップ)―日本の里





時間があったので小川駅の周辺を散策しました。
黄色い花が咲いているのを見つけました。家の人に
お尋ねしたら「モッコウバラ」と教えてくれました。
「モッコウバラ」にはトゲがありません。

 案内板の後ろにWCがあります
 バス停から約50mほどバックします
 679m

 静かで緑の木々が大変美しい所である。
 ここでお弁当にする。一杯のビールが
 大変美味しかった。
 のんびりと羊が草を食べている。
 この羊は毛糸とか洋服の材料を作るのに
 牧場で飼っているのだろうか?
 鎖リ場は鎖に掴まって登ったり降りたりしないと
 危険な場所である。
 でも美味しい水が待っていると思うと
 元気も出てこようというもの。
 鎖リ場を下って来ると美味しい水が待っている。
 名水百選に指定されている。
 日本水を今来た道とは反対側に下って来ると
 炭焼き小屋があり、すぐ傍には日本水の原水から
 引いてきた水が流れている。
 沢山の人々が車で来てポリタンクやペットボトルに
 水を汲んでいる。
 すみれ

 花の詳しい名前をあまり知りません。
 何方か知っていたら教えてください。
 日本水を頂いて風布に向かう途中天候が怪しく
 なり天気予報は雨は降らない)雷と稲光が始まり
 雨が降り始め、雨具を着ている途中から雹が

 もの凄い勢いで降ってきて、みるみるあたりが
 真っ白になり雨水が凄い勢いで流れ落ちてきた。
 あっという間の出来事でした。
車が反対側に
 停まっていたのでお願いして乗せてもらった。
 その車も雹の為にワイパーが動かず走れなかった。
 低山でも十分な装備が必要だと
改めて思い知らされた
 一日でした。
 車の方には本当に感謝しています。
 帰りの電車のダイヤが乱れて途中駅で
 撮った写真です。