あるっきんぐ くらぶ総会に参加して
2015年4月5(日)曇り

 奥多摩・むかし道を歩くと言う事で、歩いた事がないので参加させて頂く事にしました。
 まだ会員ではないのでむかし道を歩いたら帰るつもりだったのですが、総会にも参加
 すればよいと言う事で最後までご一緒することになりました。
 あるっきんぐ くらぶの方々とは景信山やその他を何度か歩いた事があります。
 フレンドリーと言う立場で会報を毎月送って下さっているのです。
 奥多摩まで遠いのでなかなか行く機会がありません。
 奥多摩駅から西東京の鴨沢西行のバスに乗車して桃ヶ沢と言うところで下車して
 むかし道を歩くようです。何しろ初めて歩くので楽しみでもあります。
 総会は奥多摩 旅館「三河屋」さんと言う事です。


   「交  通」  自宅6:25→バス→市川駅7:07発→お茶の水(乗換)7:29着 7:31発(中央快速)→新宿7:41着
               新宿7:44(ホリデー快速おくたま3号)→奥多摩9:16着 9:30発バス→桃ヶ沢下車
   「コース」  奥多摩駅(鴨沢西行バス)→桃ヶ沢バス停→中山橋→馬の水のみ場→縁結びの地蔵尊→惣岳の不動尊→耳神様
               弁慶の腕抜き岩→羽黒坂→旅館 三河屋


   「Menber」 あるっきんぐ くらぶメンバー9名

9:44 桃ヶ沢バス停で下車
9:44 鴨沢西行の西東京バス ガラガラに空いてました
9:44 準備をして出発します
9:47 中山橋を渡り先に見えるトンネルをくぐります
9:50 前方に見える山ですが新緑や紅葉が美しい所だそうです
9:51 キブシ木五倍子)キブシ科キブシ属 ( 落葉低木)
和名は、果実を染料の原料である五倍子(ふし)の代用として使ったので
9:53 登山道 舗装道路が続きますが自動車には殆ど合わないそうです
9:54 むかしみちの案内板
9:56 登山道
9:59 ミツバツツジが美しく咲いています
10:00 登山道
10:05 ウツギ(空木)アジサイ科ウツギ属の落葉低木
別名ウノハナ( 卯の花)名前の由来:枝の芯が空洞なので
「空ろな木=空木」又は旧暦の4月(卯月)頃に花を咲かせるので
10:05 ジュウニヒトエ(十二単)シソ科
和名:花が重なって咲く様子を古代の 女官の装束に見立てた
10:06 アブラチャン(油瀝青)クスノキ科クロモジ属の落葉低木
10:07 ミヤマキケマン(深山黄華鬘)ケシ科キケマン属の越年草
10:11 ボケ 色鮮やかな赤色をしています
10:12 民家の間を通過します
10:14 登山道 山吹が咲いて私達の目を楽しませてくれます
10:16 馬の水飲み場
10:16 馬の水飲み場の説明板
10:19 道端に鯉の水槽がありました
10:22 登山道
10:24 縁結びの地蔵尊
10:24 説明文がすぐ隣にあります
10:25 登山道
10:25 しだくら橋
10:25 しだくら橋 3人以上で渡らないようにと書いてあります
10:27 惣岳渓谷について
10:29 エイザンスミレ(叡山菫) 和名の由来は、比叡山で発見されたから
10:30 エイザンスミレ 葉は3つに深く裂け、その裂片がさらに細かく裂ける
10:31 タチツボスミレ
10:31 ウツギ
10:32ヤマブキ この登山道には沢山咲いています
10:33 さくら これから咲く枝垂桜です
 
10:34 惣岳の不動尊
10:34 説明文
10:41 登山道
10:43 セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)キンポウゲ科
セリのような葉、ツバメが飛んでるような形の花から ついた名
10:43 クサノオウ[瘡の王/草の黄/草の王]ケシ科
茎を切ると黄色い乳液が出る
10:45 渓谷美
10:46 登山道 右下に下るようです
10:10:47 道標
10:47 登山道
10:48 登山道
10:50 耳神様
10:51 耳神様
10:51 弁慶の腕抜き岩
10:51 弁慶の腕抜き岩の説明
>
10:54 ヒトリシズカ
10:56 登山道
10:56 農家の人が物を運ぶのに利用している長〜い線路
ずっと上の方まで続いています
11:00 ミツバツツジと雪柳
11:01 枝垂桜
11:03 ミツバツツジの山にするのでしょうか?
11:042 遠くに青い橋があり少し前にバスが通ったそうです
11:04 登山道
11:07 小中沢公衆トイレ この登山道には所々にトイレが
あるので心配ありません
11:07 橋の所に滝のように水が流れ落ちていました
11:09 小中沢橋を渡ります
11:17 ダンコウバイ(檀香梅)クスノキ科クロモジ属の 落葉小木
11:18 登山道
11:19 石段 ここから胸突き八丁が待ってるよとの事です
11:20 登山道 1回目の階段を登りきると再び階段です
11:20 登山道 今度はコンクリの上り坂です フーフー
11:22 登山道 民家が見えてきました
11:22 花桃 綺麗ですね
11:25 登山道 民家が大きく見える様になりました
11:26 桜並木 都内は散ってしまった桜ですが今が満開でした
11:27 登山道
11:37 登山道 再び民家から離れて山道へ
11:38 こんなのがありました
11:42 トイレ
11:50 登山道 再び山の中へ
11:50 登山道
11:52 ホタルが見られるようです
11:52 登山道
11:52 キブシ
11:53 登山道
11:55 エイザンスミレ ピンクの綺麗なエイザンです
11:57 登山道
11:59 羽黒坂を下ります
12:00 羽黒坂の説明
12:01 むかし道案内図
12:02 三河屋さん 本日総会が行われる場所です 
バスから見えた所でした
 むかし道を歩いてきましたが車がほとんど通らない道でした。
 民家のある場所に出たと思ったら再び山の中へ入ると言う面白い道です。
 私が少し残念に思ったのは登山道がアスファルトですなく自然道ならもっと良かったと思いました。
 宿について先ずお風呂に入って汗を流します。
 お風呂の外には桜が咲いていい雰囲気でした。
 湯気で曇ってうまく撮れませんでした。
12:35 お風呂
12:52 お料理


13:17 奥多摩 美味しい飲みやすいお酒でした
13:28 澤乃井 五段仕込
 このあるっきんぐ くらぶの方々は酒豪揃いでびっくりします。
 ビールよりも日本酒にめがないのです。
 あまり飲めない私ですがついつい日本酒を口にするようになります。
 長い間培ってきたグループですので面白い話が沢山あるようです。
 ここで私もあるっきんぐ くらぶに入会することになりました。
 毎月会報を送って頂いていたので申し訳ないなと思ってました。
中央がトップのMizuさんです
メンバーの方々
メンバーの方々です
メンバーの方々
三河屋さんを出て別の店へ 地元の方のようです
メンバーの方々
16:39 奥多摩駅
16:55 電車の人
16:55 電車の人
16:56 電車の人
 このあるっきんぐ くらぶの方々は酒豪揃いで健脚ではたしてついていけるか心配です。
 このグループも若い方が少ないので人数も減っているようです。
 単独では若い方も歩いているのですがグループに入るのは苦手なのでしょうか?
 これからは色々な山に参加して楽しく山歩きが出来ると嬉しいです。

ホームへ   ハイキングのページへ