2007年4月22日 (日)晴れ
             私が入っているカンガルーというグループで春と忘年山行で
             餅つきをしている。今年も餅つきがやってきた。
             約束はしてないけれど高尾駅北口に10時前に行くとグループの
             人たちが続々と集まってきた。10時まで待ってバスで行く人
             タクシーで登山口まで行く人、それぞれだ。
             登山口から3つのコースのうちの林道コースを行く事にする。
ナガバノスミレサイシン


花は終わり葉のみになって
いる物が多い中一輪咲いていた。
葉の形が他のスミレより長い。
エイザンスミレ
葉の形がギザギザしているので
よくわかる。スミレの女王様と
されている。
  
いつもの事ながら景信山につくと
早速宴会が始まる。汗をかいた
体には先ずビールが美味しい。
茶屋の青木さんがそろそろ
初めてはと声がかかり
餅つきが始まる。
姉さん頭をして気合の入った
Maさんと名コンビのAさん
今年の変わったことは途中で
若い方と一緒になり餅つきが
出来たことでした。
                        桜の花の下でHaさんの歌声が響きます。
                        ギターを背負ってきていつも歌声を聞かせてくれます。               
                    お馴染みの黄な粉・あんこ・茶屋秘伝のタレ、柚子葱この他に
                    大根おろしのからみ餅ナットウ餅などがあり2臼ついたら
                    食べ切れなくてお土産になりました。
景信山から城山を眺める
    春の山

まだ桜の花が残り
萌黄始める頃
とても春らしい山に
なります。もうすぐ
新緑の色も濃い緑に
変わっていくことでしょう。
今だけの風景です。
     イチリンソウ      ニリンソウの群生

ホームへ  ハイキングのページへ